このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

農山漁村活性化事例集(H30)

   農林水産省は、内閣官房とともに「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国への発信を通じて他地域への横展開を図る「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」を実施しました。
   第5回目となる平成30年度については、平成30年10月17日に32団体(九州から4団体)が「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として選定されました。
   また、九州農政局管内には数多くの優良な地区があることから、九州から応募のあった団体の中から、平成30年11月22日に九州農政局「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」として、17団体を選定しました。
   これらを含め管内の応募団体においては、農山漁村の美しい景観や伝統文化、農林水産物、ジビエなどの地域資源を生かし、農泊・インバウンド・教育旅行等の受入れ、6次産業化、食の提供、地産地消など多様な取組が、女性、高齢者などの活躍や幅広い分野との連携により展開されており、農山漁村の活性化に向け、他の地域の取組の参考となるものです。
 
   このため、九州から応募のあった170団体の取組について、このほど「農山漁村活性化事例集(H30)」としてとりまとめ、公表することとしました。九州の各地域において、この事例集も参考にして頂き、地域活性化、所得向上への取組が広まり、加速化していくことを期待します。

表紙

 
「農山漁村活性化事例集(H30)」

  

 
 (参考)




 

 


    ディスカバー農山漁村の宝に関する詳細な情報はこちらから(農林水産省へリンク)

お問合せ先

九州農政局農村振興部

担当者:農村計画推進
代表:096-211-9111(内線4613・4623)
ダイヤルイン:096-300-6419
FAX番号:096-211-9812