ホーム > 農村振興 > 豊かなむらづくり


ここから本文です。

更新日:2016年3月29日

担当:農村計画課

豊かなむらづくり

豊かなむらづくり全国表彰事業

この事業は、むらづくりの全国的な展開を助長し、もって地域ぐるみの連帯感の醸成及びコミュニティ機能の強化を図り、 農林漁業及び農山漁村の健全な発展に資することを目的としており、農林水産祭の表彰行事の一部門(むらづくり部門)として優良事例の表彰を行っています。平成27年度の九州ブロック表彰団体は下記のとおりです。

なお、九州農政局は活発にむらづくり活動を行う団体の情報を受付けています。

27年度 農林水産大臣賞受賞団体

H27五位軒集落

五位軒集落(PDF:101KB)

 (福岡県みやま市)

H27天明環境保全隊

天明環境保全隊(PDF:111KB)

(熊本県熊本市南区)

H27内成の棚田

内成の棚田とむらづくりを考える会(PDF:97KB)

 (大分県別府市) 

「ミカンの価格低迷、後継者不足の中、2集落が連携し、園地整備や高品質化・ブランド化に取り組み、ミカンの里を発展」

「混住化や農業者の高齢化により、水路等地域資源の保全が困難となる中、旧町単位の広域協働組織を立ち上げ、非農家も含めた地域住民の保全活動を広域的に展開」

「棚田を守るために、大学等と連携し、棚田オーナー制度等を導入。地域住民の共同管理により美しい棚田を保全」

 

27年度 九州農政局長賞受賞団体

 

 

前年度までの受賞団体

 

農林水産祭(むらづくり部門)

農林水産祭は、農林水産省と公益財団法人日本農林漁業振興会が、国民の農林水産業と食に対する認識を深めるとともに、農林水産業の技術改善及び経営発展の意欲の高揚を図るため、国民的な祭典として毎年11月23日の勤労感謝の日を中心に開催しています。

農林水産祭では、農林水産祭参加行事として開催される農産物の品評会・コンクール等において農林水産大臣賞を受賞した全国各地の農林水産関係団体等の中から、農産、園芸、むらづくりなどの部門ごとに天皇杯、内閣総理大臣賞、日本農林漁業振興会会長賞が選定されます。

むらづくり部門は、農山漁村における集落、校区、市町村等を活動範囲とする団体の農林水産業を核とした地域づくり活動を対象としています。

 

 

151123

農林水産祭式典(明治神宮会館)

 

天皇杯

天皇杯

平成27年度(第54回)農林水産祭天皇杯等の選賞について (農林水産省へリンク)

農林水産祭(むらづくり部門) (農林水産省へリンク)

 三賞受賞団体位置図(九州) 

豊かなむらづくり九州ネットワーク  

九州農政局では、「豊かなむらづくり全国表彰事業」における受賞団体ならびにむらづくり活動の推進強化を目指している団体を対象として、団体相互間の情報交換、交流促進等を図ることを目的に、「豊かなむらづくり九州ネットワーク」を設置しており、毎年1回、参加団体のむらづくり活動等を紹介する機関誌「むらネット九州」の発行等を行っています。

参加団体の概要を紹介していますので、ぜひご覧ください。

むらネット九州会員

福岡県

佐賀県

長崎県

熊本県

大分県

宮崎県

鹿児島県

 

 

機関誌「むらネット九州」(PDF:6,678KB)  

27_hyoushi

 

お問い合わせ先

農村振興部農村計画課
担当者:企画官
代表:096-211-9111(内線4611)
FAX:096-211-9812

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

九州農政局案内

リンク集