ホーム > メールマガジン > アグリ・インフォ九州第171号


ここから本文です。

アグリ・インフォ九州第171号

アグリ・インフォ九州第171号(2015年7月8日発行:九州農政局)

今月の話題 

☆コラム・こらむ☆

 

「ふるさと九州」

       九州農政局 八代地域センター長 安久 和宏(やすひさ かずひろ)

 

 1, とぴっくす

■九州

【1】平成26年度「九州食料・農業・農村情勢報告」を取りまとめました。

【2】夏休み特別イベント「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」

【3】九州農政局所管農業農村整備事業等優良工事等の受注者等の表彰のうち地域貢献活動に係る応募について

【4】平成26年度経営所得安定対策等の支払実績について

 

 ■全国 

【1】平成27年度輸出戦略実行委員会「地方ブロック意見交換会」の開催及び一般傍聴について

【2】平成26年度 環境保全型農業直接支払交付金の実施状況について

【3】平成26年度 多面的機能支払交付金及び中山間地域等直接支払交付金の実施状況について

【4】農の雇用事業の募集を開始します(平成27年11月研修開始分)。

 

2,情報定期便 

【1】数字でみる農林水産業

【2】食育イベント情報(平成27年7月以降)

【3】九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ! 

 

3、関係機関の情報

■ 内閣府 内閣官房からのお知らせ

■ 国土交通省 気象庁からのお知らせ

 

☆コラム・こらむ☆

「ふるさと九州」 

        九州農政局 八代地域センター長 安久 和宏(やすひさ かずひろ)

 

 12年ぶりに九州に戻ってきました。今までの赴任地であった東京、京都とは違い、八代は広々とした平野がつづき、ゆったりとした生活リズムが息づいています。

 近畿農政局に課長として赴任していた時のことですが、部下に九州に赴任してみないかと問うたところ、部下いわく、九州は遠くて文化も違い、馴染みもないので結構ですとのことでした。

 しかし、一回でも九州に赴任経験のある職員は、九州は良いところで楽しかったという好意的な意見が多かったという印象をもっています。

 九州は、多様な農産物の生産や6次産業化も盛んで、農政には各県関心も高く協力的で、仕事をする上で環境が良い土地柄だと感じています。

 また、食も多様で色んな食材や食品が出回り、道の駅や直売所では、地元の食材を使った食品も多数販売され、その地域の暮らしもみえるような気がします。

 そういった「ふるさと九州」の良いところを再度かみしめながら、九州の農業振興に寄与していきたいと思っているこの頃です。

 

 1,トピックス  

九州

【1】平成26年度「九州食料・農業・農村情勢報告」を取りまとめました。

 九州農政局では、九州地域の食料、農業及び農村の動きについて、毎年度「九州食料・農業・農村情勢報告」として取りまとめています。

 この報告のなかで、毎年度特定のテーマを選定し、「特集編」として記述しています。

 今回の特集編のテーマは「九州の多様な農業の展開と担い手」です。

※詳しくはこちらをご覧ください。

 


【2】夏休み特別イベント「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」 

 

 九州農政局では、8月5日(水曜日)~6日(木曜日)の2日間、熊本地方合同庁舎に入居する官署並びに関係機関と連携して「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」を開催します。

 このイベントでは、夏休み期間中に子供たちを中心とした消費者の方々に国の行政機関の仕事について知っていただき、熊本地方合同庁舎に親しみを持っていただきたいと考えています。

 夏休みに合わせて、自由研究に最適な科学実験や料理体験、田んぼの生きものの観察、職場の見学会、パネル展示等を行います。

 また、8月5日(水曜日)13時00分から、“くまモン”がやってきて、ご来場の皆様を楽しませてくれます。

 楽しく学べる夏休み特別イベントとなっていますので、皆様のご来場をお待ちしています。

 テーマ:「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」

1.日  時

◯平成27年8月5日(水曜日)~8月6日(木曜日)
   ※両日とも10時00分~16時00分

2.場  所

◯熊本地方合同庁舎A棟1階 共用会議室

3.主な内容

 (1)応募型体験メニュー ※事前申し込みが必要です。

ア.米粉を使った親子料理体験
  ◯8月5日(水曜日)13時00分~16時00分
   (定員:小学4年生以上と保護者8組 ※材料費500円必要です)

イ.合同庁舎を見学しよう  
  ◯8月5日(水曜日)、6日(木曜日)10時30分~11時30分
   ◆気象台・通信局の見学 ~合同庁舎A棟12階から春日地区を眺めてみよう~
   (定員:小学4年生以上と保護者10組×2日間)

 (2)自由研究メニュー ※入場自由、参加無料

◆身近な「水」の水質を調べてみよう!簡易キットによる水質検査
◆野菜、果物の糖度を測ってみよう!糖度計による測定
◆食と農のゲームコーナー(お魚釣りゲーム・パソコンクイズ・紙トンボ)
◆木工教室(小枝のストラップ作り)
◆1億円(レプリカ)を持ってみよう!
◆牛、ツシマヤマネコペーパークラフト作り
◆どんな生きものがいるかな?「田んぼの大水族館」
◆迷彩くまモン缶バッジ作り(13時00分~14時00分)
◆怪しい狐を見つけよう!(電波の発射源を探そう) など

◯申込みは、申込書に必要項目を書いて平成27年7月24日(金曜日)までに郵便もしくは、FAXでお申し込みください。 

☆申込先:〒860-8527 熊本市西区春日2丁目10番1号
         九州農政局 消費・安全部 消費生活課あて

☆FAX番号 :096-211-9700

◯問い合わせ先

☆九州農政局 消費・安全部 消費生活課(担当 大石、野元)

☆電話番号:096-211-9105

 ※参加申込等、詳しくはこちらをご覧ください。(九州農政局ホームページ)

 (担当)消費・安全部 消費生活課

 


【3】九州農政局所管農業農村整備事業等優良工事等の受注者等の表彰のうち地域貢献活動に係る応募について 

 

 九州農政局では、受注者の設計・施工技術のレベルアップ、地域貢献活動への積極的な取組み等について、受注者の意欲の高揚を図り、事業の円滑な施行に資することを目的に、工事・業務等の成果が優秀なもの及び受益地域内で優れた地域貢献活動を展開したもので他の模範となる企業(受注者)を表彰しています。

 このうち、地域貢献活動に係る表彰に関し、農地・農業用水等の保全管理の適正化、地域の安全・安心の確保、地域の環境保全に寄与すること等を目的に、農業農村整備事業の工事等を実施した受益地域内で優れた地域貢献活動を展開した企業(受注者)を公募します。 

※詳しくはこちらをご覧ください。

 (担当)整備部 設計課

 


【4】平成26年度経営所得安定対策等の支払実績について

 

  平成26年度の経営所得安定対策等の支払実績が、公表されましたのでお知らせいたします。

※詳しくはこちらをご覧ください。

 (担当)経営・事業支援部 担い手育成課

 

 全国

【1】平成27年度輸出戦略実行委員会「地方ブロック意見交換会」の開催及び一般傍聴について 

 農林水産省は、農林水産物・食品の輸出促進の司令塔として設置された輸出戦略実行委員会における今後の議論に活かすため、現場の意見をお伺いする、平成27年度輸出戦略実行委員会「地方ブロック意見交換会」を平成27年7月13日(月曜日)から、全国9ブロックで順次開催いたします。

 九州ブロックの開催は、以下のとおりとなっています。 

◯日  時:平成27年7月16日(木曜日)14時00分~17時00分

◯場  所:熊本県熊本市西区春日2-10-1 熊本地方合同庁舎B棟2階 大会議室

〇申込締切:平成27年7月13日(17時00分)

※詳しくはこちらをご覧ください。(農林水産省ホームページ)

 


【2】平成26年度 環境保全型農業直接支払交付金の実施状況について 

 

 農林水産省は、平成26年度における環境保全型農業直接支払交付金の全国の実施状況(平成27年3月31日時点)について取りまとめました。

 環境保全型農業直接支払交付金は、化学肥料及び化学合成農薬を原則5割以上低減する取組とセットで、地球温暖化防止や生物多様性の保全に効果の高い営農活動に取り組む農業者等に対して支援しています。

 ※詳しくはこちらをご覧ください。(農林水産省ホームページ)

 


【3】平成26年度 多面的機能支払交付金及び中山間地域等直接支払交付金の実施状況について

 

 農林水産省は、平成26年度多面的機能支払交付金及び中山間地域等直接支払交付金の実施状況を取りまとめました。

 多面的機能支払交付金は、農業・農村が有する多面的機能が適切に維持・発揮されるよう、地域の共同活動を支援するものであり、平成26年度に創設しました。

※詳しくはこちらをご覧ください。(農林水産省ホームページ)

 


【4】農の雇用事業の募集を開始します(平成27年11月研修開始分)。

 

 農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。 

 全国農業会議所において、平成27年11月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始します。

※詳しくはこちらをご覧ください。(農林水産省ホームページ)

 

 2,情報定期便 

【1】数字でみる農林水産業 

◆野菜の入荷量と価格の見通し(平成27年7月)  福岡市中央卸売市場

 7月の主要野菜(15品目)は、九州産のほか北海道、青森、群馬、長野産の入荷となる。今後の天候に左右されるところが大きいが、概ね順調な入荷が見込まれ、総じて前年並みと見込まれる。

 主要野菜の価格は、総じて前月をやや下回り、平年並みと見込まれる。

※詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/engei/150630_1.html

 (担当)生産部 園芸特産課 


統計新着情報ご案内(全国・主産県)

〔6月 2日〕6次産業化総合調査(平成25年度)(全国)

●平成25年度の全国の農業生産関連事業による年間総販売金額は1兆8,253億円で、前年度に比べ4.6%増加しました。
   また、総従事者数は46万8,200人で、前年度に比べ3.8%増加しました。

●平成25年度の全国の漁業生産関連事業による年間総販売金額は2,032億円で、前年度に比べ9.6%増加しました。
   また、総従事者数は2万3,000人で、前年度に比べ9.0%増加しました。

〔6月23日〕集落営農活動実態調査(平成27年3月1日現在)(全国)

●集落営農の総収入の状況をみると、総収入が3,000万円以上ある組織の割合は25.4%となっています。
  これを組織形態別にみると、法人では34.9%、任意組織では20.7%となっています。   

〔6月23日〕農業経営統計調査 平成26年産麦類生産費(全国)

●平成26年産小麦の10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」という。)は6万2,437円で、前年産に比べ3.5%増加し、60kg当たり全算入生産費は8,447円で、前年産に比べ0.7%減少しました。

〔6月23日〕農業経営統計調査 平成26年産なたね生産費(全国)

〔6月23日〕食品流通段階別価格形成調査・青果物経費調査(平成25年度)(全国)

〔6月23日〕食品流通段階別価格形成調査・水産物経費調査(平成25年度)(全国)

〔6月30日〕平成26年産さとうきびの収穫面積及び収穫量(主産県)

〔6月30日〕畜産統計(平成27年2月1日現在)(全国)

〔6月30日〕平成26年農業物価指数(平成22年基準)(全国)

※詳しくは、こちらをご覧下さい。

 【全国】   http://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html

 【九州】   http://www.maff.go.jp/kyusyu/toukei/index.html

 (担当)統計部 統計企画課 


【2】食育イベント情報(平成27年6月以降)   

 九州地域においては、多様な関係者により、食の安全や食育に関して様々な活動が行われています。

 これらのうち、九州農政局が把握しているイベント等について、「食育イベント情報」として取りまとめましたのでお知らせします。

 現地で取材をされる場合は、事前に「問い合わせ先」へご確認頂きますようお願いいたします。 

(7月以降の主な取組)

  • 福岡市で、「旬の野菜を通して夏バテ予防」を開催(7月14日)
  • 佐賀市で、「キッズ イン ザ キッチン」を開催(7月29日)
  • 長崎県佐世保市で、「第1回菌ちゃん野菜作り体験教室」を開催(7月~1月、毎月1回、第3土曜日開催、1月のみ2回開催)
  • 熊本市で、「小泉武夫氏講演会~発酵食品魔法の力~」を開催(7月25日)
  • 大分県杵築市山香町大分農業文化公園で、「夏休みこどもパーク」を開催(7月18日~8月31日)
  • 宮崎県東臼杵郡諸塚村で、エコツアー「諸塚でやま学校しよう!」を開催(7月11日~12日)
  • 鹿児島県霧島市で、関美恵子先生による「ブルーベリージャム・ブルーベリー酢の調理実習会」(32回調理実習会)を開催(7月25日)

 ※詳しくは、こちらをご覧ください。

http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/seikatsu/150626.html

(担当)消費・安全部 消費生活課 


【3】九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ! 

 九州農政局「消費者の部屋」では、食料・農業・農村に関する各種施策の情報提供や普及啓発を行っています。

 7月6日(月曜日)から9月4日(金曜日)の夏休み期間は、(1)夏休み親子「消費者の部屋」をテーマに特別展示を実施します。

 また、期間中、7月21日(火曜日)から31日(金曜日)は、(2)「STOP!!口蹄疫&鳥インフルエンザ」をテーマに動物検疫所門司支所の特別展示を行います。

◎テーマ(1):夏休み親子「消費者の部屋」

◆期  間

平成27年7月6日(月曜日)~9月4日(金曜日)

展示時間は8時30分~17時15分(土日、祭日を除く。)
ただし展示初日は13時00分から、最終日は12時00分まで

◆展示場所

熊本地方合同庁舎A棟1階 消費者の部屋

◆内  容

   夏休み期間中に子供達を中心とした一般消費者に対し、食料・農業・農村や食育についての情報提供を行います。

   今回は特に、九州農政局の仕事について理解を深めていただけるように、分かりやすく子供向けのパネル等を使ってご紹介します。

 

◎テーマ(2):「STOP!!口蹄疫&鳥インフルエンザ」

◆期  間

平成27年7月21日(火曜日)~7月31日(金曜日)

展示時間は8時30分~17時15分(土日、祭日を除く。)
ただし展示初日は11時00分から、最終日は10時00分まで

◆展示場所

熊本地方合同庁舎A棟1階 消費者の部屋

◆内  容

   夏休みの海外旅行などが多くなる時期に合わせて、海外から動物の病気が日本に入ってこないために、全国の空港や港で働く家畜防疫官の仕事の様子を通じて、動物検疫について理解を深めていただけるよう、パネル等を使ってご紹介します。

 また、子供向けのクラフトやぬりえもご用意しています。7月21日(火)13時00分から検疫探知犬キャラクター「クンくん」も来庁します。

 

また、フードパル熊本においても庁外での特別展示を行いますので、是非ご来場下さい。

◆期  間

平成27年7月7日(火曜日)~9月6日(日曜日)

◆展示場所

フードパル熊本「熊本市食品交流会館」 熊本市北区貢町581-2

【休館日…第1、第3月曜日(当日が祝日の場合は翌日)】

※なお、テーマ(2)の展示は熊本地方合同庁舎のみとなりますので、あらかじめご了承下さい。

※詳しくは、こちらをご覧下さい。

◇九州農政局消費者の部屋
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/syokunoanzenansin/syouhisya/syouhisya.html

◇動物検疫所
 ⇒ http://www.maff.go.jp/aqs/index.html

(担当)消費・安全部 消費生活課 

 

3,関係機関の情報

 

■ 内閣府 内閣官房からのお知らせ

◎ マイナンバー(社会保障・税番号)制度が始まります。

 今年10月以降、住民票を有する皆様一人一人に、市町村からマイナンバー(12桁)が書かれた「通知カード」が送付され、来年1月以降、順次、社会保障、税、災害対策の行政手続でマイナンバーを利用していただくことになります。

 また、農業者を含む事業者の皆様は、社会保険の手続きや源泉徴収票の作成などにおいて、従業員などからマイナンバーの提出を受け、書類などに記載することになります。

 最新情報は、内閣官房のマイナンバー(社会保障・税番号)制度のホームページに掲載しています。また、中小事業者向けの入門編の資料もございます。

※詳しくは、こちらをご覧下さい。(内閣官房ホームページ)

◇マイナンバー(社会保障・税番号)制度
  ⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

◇中小事業者向けの入門編の資料はこちらです。
  ⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/download/kojinjigyou.pdf

◇その他、ご自由にダウンロードしてお使いいただける資料はこちらです。
  ⇒ http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/kouhousiryoshu.html

なお、マイナンバーのお問い合わせはこちらまでお願い致します。

☆マイナンバーコールセンター:電話番号 0570-20-0178
                   (土日祝日・年末年始を除く9時30分~17時30分)


  ■ 国土交通省 気象庁からのお知らせ

◎気象庁と農林水産省が共同で作成した、農業生産活動に役立つ気象情報等を集めたポータルサイトが気象庁ホームページに開設されました。

※詳しくは、こちらをご覧下さい。

◇農業気象ポータルサイト(気象庁HP)
   ⇒ http://www.jma.go.jp/jma/kishou/nougyou/nougyou.html

◇九州農政局HP 気象・災害関連情報からも入れるようにリンクを設定しています。
   ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/seiryuu/nosan/saigai/saigai.html#kisyou

 

◇◇ 編 集 後 記 ◇◇

 7月は「文月(ふみづき)」です。平成27年も折り返し地点です。
 文月というのは、7月7日の七夕の日に、詩歌を献ずることからこのように呼ばれているようです。

 7月ということで、そろそろ梅雨明けを期待したいところですが、今年の梅雨前線は九州南部に停滞し、なかなか北上してくれないようで、鹿児島では記録的な大雨となっている地域もあるようです。

 これから先、梅雨前線の北上に伴い、鹿児島以外の地域でも大雨に対する警戒を怠ってはならないようです。

 何はともあれ、大きな災害にならないよう祈りを込めて、短冊に願いをかけることにしましょう。

インフォメーション

パブリックコメント

    農林水産省では、農林水産業に関わる規制の設定・改廃に係る御意見や情報、農林水産政策に係る御意見や情報の募集を受付けています。


行政サービス相談窓口

    九州農政局では、農林水産行政に関する多種多様なご相談をホームページで受け付けております。


メールマガジン登録・変更・解除

    九州農政局メールマガジン<アグリ・インフォ九州>は、国民の皆様に、農林水産省及び九州農政局が進める農林水産行政に関する情報や農林水産業に関する統計・情報を、分かりやすくタイムリーにお届けするものです。

    メールマガジンの「登録」、「登録の解除」、「登録情報の変更」、「パスワードの再発行」については、こちらからどうぞ。

 

お問い合わせ先

企画調整室
担当者:日隠、甲斐
代表:096-211-9111(内線4117)
ダイヤルイン:096-211-8556
FAX:096-211-8707

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

九州農政局案内

リンク集