このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

アグリ・インフォ九州第183号

アグリ・インフォ九州第183号(2016年7月8日発行:九州農政局)

今月の話題 

☆コラム・こらむ☆ 

 『青春の1ページ 訪れたかった長崎、そして離島』 

               九州農政局地方参事官(長崎県担当) 山本真也 (やまもとしんや)

☆1☆ とぴっくす

 ■ 九州

【1】「一億総活躍・地方創生 全国大会in九州」~震災を克えて~ が開催されます

【2】「農林水産業の輸出力強化戦略」県別説明会の開催及び参加者を募集しています

【3】「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)に係る優良事例を募集しています

【4】夏休み特別イベント「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」を開催します

【5】平成28年度国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)の受験者を対象とした業務説明会を開催します

【6】6月・7月は米トレーサビリティ制度の監視強化月間です 

 ■ 全国

【1】「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報

【2】TPPに関してよくある疑問にお答えするリーフレットを作成しました

【3】「農の雇用事業」の募集を開始しました(平成28年10月研修開始分)

【4】「農業女子プロジェクト」について

【5】「地域の農業を見て・知って・活かすDB~農林業センサスを中心とした総合データベース~」を公開しました

☆2☆  農政フラッシュ 

【1】鹿児島純心女子大学に「移動消費者の部屋」を開設しました(6月6日~10日)鹿児島

【2】農業分野におけるICTの取り組みに関する研修会を開催しました(6月30日)福岡

【3】6次産業化ネットワーク交流会を開催しました(6月29日)大分

【4】六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式を開催しました(6月27日)佐賀

【5】宗像市有害鳥獣駆除部会及び岡垣町有害鳥獣駆除隊と意見交換会を開催しました(6月15日)福岡

【6】「父の日に牛乳(ちち)を贈ろうキャンペーン」のため来庁されました(6月13日)熊本

【7】「農林水産業の輸出力強化戦略」九州ブロック説明会を開催しました(6月10日)福岡 

☆3☆  情報定期便

【1】数字でみる農林水産業

【2】食育イベント情報(7月以降)について

【3】九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ!

【4】農林水産省広報誌「aff(あふ)6月号」情報

【5】農林水産省広報誌「aff(あふ)7月号」情報

☆コラム・こらむ☆

『青春の1ページ 訪れたかった長崎、そして離島』

 九州農政局地方参事官(長崎県担当) 山本 真也(やまもと しんや) 

 

    5月2日に熊本の九州農政局本局にて辞令交付を受けた後、長崎に着任しました。長崎は、中学の修学旅行以来です。着任してから1か月余りの間に、「現場と農政を結ぶ」最初の手がかりとして、離島の自治体を始め全ての市町及び多くの関係団体等を訪問させていただきました。

    みなさん、ご多忙にもかかわらず、農地や人、鳥獣害、磯焼けなど農林水産業に関わる様々な問題、その解決に向けた取組などのたいへん示唆に富むお話を伺いました。地域で頑張っておられる農家さんのお名前をたくさん挙げてお話ししてくださったり、地元の小学生が「将来は親を継いで農業をする。」との言葉がどれほど嬉しかったかと語ってくださったりもしました。また、熊本地震の被災地への支援に駆け付けられた状況も多くの方からお聞きしました。

    長崎県の総人口は1960年の176万人をピークに2010年には143万人に減少し、全国(ピークは2007年)よりも約50年早く人口減少が始まっています。こうした人口減少の先行きを思うと、地域の荒廃は避け難くも思えましたが、各地を訪問するなかで、農地が原野や森林に返るのを食い止めたいとの思いを強くした次第です。

    地域の宝や資源を活用してブランド価値を高めようとの種々の取組も印象に残っています。私の前職が知的財産課ですとお伝えすると最初は?なのですが、その後、地理的表示や品種のお話をすると多くの方が関心を持っていただいて、ありがたいと感じました。

    最後に、ご挨拶させていただいた方の中には、お父様が農林水産省のOBと同級生だと懐かしそうにお話しくださった方が意外に多くいらっしゃったことに、大いに励まされました。

 1,トピックス  

九州

【1】「一億総活躍・地方創生 全国大会in九州」~震災を克えて~ が開催されます

    東日本大震災復興も半ばの折、熊本・大分を度重なる地震が襲いました。その復旧復興に心を砕き、地域活力創出のため立ち上がる時であるとして、標記の大会が開催されます。

    大会では、安倍総理大臣や高市総務大臣、加藤一億総活躍担当大臣等をお迎えし、政府の重要施策である「一億総活躍」「国土強靭化」及び「地方創生」をテーマとして議論いたします。

    たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

(日程)7月27日(水)~28日(木)

(会場)ホテルニューオオタニ博多

(参加費)5,000円

(事務局)地域企業連合会 九州連携機構

 詳しくはこちらをご覧ください。
 ⇒ http://www.kyu-ef.com/30th/chiho_kyushu/index.html 

【2】「農林水産業の輸出力強化戦略」県別説明会の開催及び参加者を募集しています

    「農林水産業の輸出力強化戦略」の県別説明会を下記の5会場で開催します。

    (対象者)農林漁業者、食品事業者、物流・商社等輸出関連企業、都道府県、市町村、農林水産業・食品事業者団体、輸出関係団体等

    (定員)各会場100名程度

    (申込方法)インターネット又はFAX

長崎県説明会

    (日時)平成28年7月19日 14時00分~16時00分

    (会場)セントヒル長崎(長崎市筑後町4-10)

    (申込締切)平成28年7月15日

宮崎県説明会

    (日時)平成28年7月25日 14時00分~16時30分

    (会場)宮崎県土地改良会館(宮崎市柳丸町388-14)

    (申込締切)平成28年7月22日

鹿児島県説明会

    (日時)平成28年7月26日 14時00分~16時00分

    (会場)鹿児島県市町村自治会館(鹿児島市鴨池新町7-4)

    (申込締切)平成28年7月22日

佐賀県説明会

    (日時)平成28年7月28日 14時00分~16時00分

    (会場)グランデはがくれ(佐賀市天神2丁目1番36号)

    (申込締切)平成28年7月27日

熊本県説明会

    (日時)平成28年7月29日 14時00分~16時00分

    (会場)くまもと森都心プラザ(熊本市西区春日1丁目14番1号)

    (申込締切)平成28年7月27日 17時必着

 詳しくはこちらをご覧ください。
 ※九州農政局ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/keiei/zigyo/160706.html

 (担当)経営・事業支援部 地域連携課

【3】「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」(第3回選定)に係る優良事例を募集しています

    「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化や所得向上に取り組んでいる優良な事例を選定し、全国へ発信するものです。

    このため、他の地域の参考となるような優れた地域活性化の取組を募集しています。

(応募期間)

    (自薦)平成28年6月14日から平成28年8月15日まで

    (他薦)平成28年6月14日から平成28年8月1日まで

 詳しくはこちらをご覧ください。
 ※九州農政局ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/shinko/160614.html

 (担当)農村振興部 農村計画課

【4】夏休み特別イベント「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」を開催します

    8月3日~4日の2日間、熊本地方合同庁舎に入居する官署並びに農林水産省関係機関と連携して「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」を開催します。

    また、夏休みに合わせて、自由研究に最適な科学実験や料理体験、水路の生きもの観察、職場の見学会、パネル展示等を行います。

    8月3日(水曜日)は 13時30分から14時の間、くまモンがやってきます。
 
    (日時)平成28年8月3日~8月4日 10時~16時

    (場所)熊本地方合同庁舎(熊本市西区春日2丁目10番1号)

(主な内容)

    (1)体験コーナー ※事前申し込みが必要です

        ・米粉を使った親子料理体験(※材料費500円が必要です)

         8月3日 13時10分~16時00分
        (定員)小学4年生以上と保護者8組

        ・味覚検査をやってみよう!“これって、なんの味?”

         8月4日 13時30分~15時
        (定員)小学4年生以上と保護者15組

        ・気象台と通信局を見学しよう

         8月3日、4日 10時30分~11時30分
        (定員)小学4年生以上と保護者10組×2日間

        ・たてものたんけんたい(合同庁舎探検)

         8月3日、4日 14時30分~15時30分
        (定員)小学4年生以上と保護者10組×2日間

    (2)自由研究コーナー ※入場自由、参加無料

        ・身近な「水」を調べてみよう!簡易キットによる水質検査

        ・野菜、果物の糖度を測ってみよう!糖度計による測定

        ・食と農のゲームコーナー(お魚つりゲーム・PCクイズ・貝殻工作)

        ・桜の小枝ストラップ(もっくん)づくり

        ・1億円(レプリカ)を持ってみよう!

        ・牛、ツシマヤマネコなどのペーパークラフトづくり

        ・どんな生きものがいるかな?「水路の生きもの展示館」

        ・怪しいキツネを見つけよう!(電波の発射源を探そう)

        ・顕微鏡で観察してみよう!

        ・自衛隊の偵察用バイク、ジープ展示

    (申込方法)郵便又はFAX

    (申込締切)平成28年7月22日

    (申込先)〒860-8527 熊本市西区春日2丁目10番1号

        九州農政局 消費・安全部 消費生活課あて

        FAX番号 096-211-9700 (担当:比志島、野元)
           
 詳しくはこちらをご覧下さい。
 ※九州農政局ホームページ)
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/seikatsu/160630.html

 (担当)消費・安全部 消費生活課

【5】平成28年度国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)の受験者を対象とした業務説明会を開催します

    農林水産省の業務説明と若手職員との座談会の二部構成で、どんな仕事をしているのか? どんな職員が働いているのか? という疑問にお答えします。また、職場の空気を感じることができる貴重な機会です。興味のある方はぜひご参加ください。

    (申込期間)平成28年6月13日から平成28年7月27日まで

    (開催日)平成28年7月15日・7月22日・7月29日

    (午前の部)10時00分~11時50分

    (午後の部)14時00分~15時50分

    (定員)午前・午後共に30名(予約制)

    (会場)熊本地方合同庁舎A棟 10F 第7会議室 (熊本市西区春日2-10-1)
  
 詳しくは、こちらをご覧ください。
 ※九州農政局ホームページ 
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/soumu/jinji/28saiyou_setsumeikai.html

 (担当)総務部 総務課

【6】6月・7月は米トレーサビリティ制度の監視強化月間です

    お米や米加工品は、米トレーサビリティ法により、業者間の取引等の記録の作成・保存、一般消費者までの産地情報の伝達が義務付けられています。お米の流通に関する相談や疑わしい情報がありましたら、お近くの米穀流通監視相談窓口にお問い合わせください。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
 ※九州農政局ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/kome_toresa/index.html#kyokagekan

 (担当)消費・安全部 流通監視課

全国 

【1】「平成28年(2016年)熊本地震」に関する情報

    平成28年(2016年)熊本地震の農林水産業関係被害の状況を掲載しています。

    詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/saigai/zisin/160414/kumamoto/index.html

【2】TPPに関してよくある疑問にお答えするリーフレットを作成しました

    TPPに関する疑問にお答えします。

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/kanbo/tpp/pdf/tpp_leaflet.pdf  (PDF:1,096KB)

【3】「農の雇用事業」の募集を開始しました(平成28年10月研修開始分)

    農林水産省は、農業法人等が就農希望者を新たに雇用して実施する研修に対して支援を行う「農の雇用事業」を実施しています。
  全国農業会議所において、平成28年10月からの研修を対象として事業参加者の募集を開始しました。

    (募集期間)平成28年6月20日から7月29日まで

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/keiei/zinzai/160620.html

【4】「農業女子プロジェクト」について

    「農業女子プロジェクト」は、女性農業者が日々の生活や仕事、自然との関わりの中で培った知恵を様々な企業の技術・ノウハウ・アイデアなどと結びつけ新たな商品やサービス、情報を創造し、社会に広く発信し、農業で活躍する女性の姿を多くの皆さまに知っていただくための取り組みです。
 
  詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/keiei/nougyoujoshi/

【5】「地域の農業を見て・知って・活かすDB~農林業センサスを中心とした総合データベース~」を公開しました

    農林水産省は、地域の農業を農業集落別の詳細なデータにより分析を行える「地域の農業を見て・知って・活かすDB~農林業センサスを中心とした総合データベース~」をホームページ上で公開しました。概要は以下のとおりです。

    (1)農業集落単位(約14万箇所)で2010年農林業センサスの結果、多面的機能支払交付金等の施策情報、国勢調査の結果等の他省庁の統計情報等を見ることができます。

    (2)これらの様々なデータを組み合わせて横断的な分析を行ったり、表やグラフに加工したり、地図上に表示することができます。

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/press/tokei/census/160617.html

2,農政フラッシュ!!  

【1】鹿児島純心女子大学に「移動消費者の部屋」を開設しました(6月6日~10日)鹿児島

    6月6日~10日の5日間、鹿児島県薩摩川内市の鹿児島純心女子大学において、薩摩川内市農政課及び市民健康課と独立行政法人農畜産業振興機構との共催により、移動消費者の部屋を開設しました。

    詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※九州農政局ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/syokunoanzenansin/2806/280606kagoshima.html

【2】農業分野におけるICTの取り組みに関する研修会を開催しました(6月30日)福岡

    6月30日、富士通株式会社九州支社において、農業分野におけるICTの取り組みに関する研修会を開催し、富士通担当者4人から、食・農クラウドAkisai(秋彩)や広域鳥獣クラウドサービスなど農業分野におけるICTの取り組みについて説明を受け、意見交換を行いました。

【3】6次産業化ネットワーク交流会を開催しました(6月29日)大分

    6月29日、大分県拠点庁舎において、県内の6次産業化総合化事業計画認定事業者、県及び関係機関に出席いただき「6次産業化ネットワーク交流会」を開催し、意見交換と情報交流を行いました。

【4】六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式を開催しました(6月27日)佐賀

    6月27日、唐津市和多田「平田花園」ハウス施設内において、「六次産業化・地産地消法・総合化事業計画認定証交付式」を開催しました。

    認定者は自ら生産したカーネーションを乾燥させ、特殊コーティングしたアクセサリーを製造販売する平田誠二氏。県内では、食用以外では初めて花の加工品が認定されました。

【5】宗像市有害鳥獣駆除部会及び岡垣町有害鳥獣駆除隊と意見交換会を開催しました(6月15日)福岡

    6月15日、宗像市外2市1町鳥獣加工処理施設において、有害鳥獣駆除の最前線で活躍されている宗像市有害鳥獣駆除部会、岡垣町有害鳥獣駆除隊及び宗像市の担当者と意見交換会を開催し、駆除現場での課題や農林水産省が実施している施策への要望等について意見交換を行いました。

【6】「父の日に牛乳(ちち)を贈ろうキャンペーン」のため来庁されました(6月13日)熊本

    6月13日、「父の日に牛乳(ちち)を贈ろうキャンペーン」のため、熊本県酪農青壮年部・女性部協議会らくのうマザーズの皆さんが九州農政局へ来庁され、金丸局長等へ牛乳を贈呈していただきました。

【7】「農林水産業の輸出力強化戦略」九州ブロック説明会を開催しました(6月10日)福岡

    6月10日、福岡県自治会館において、「農林水産業の輸出力強化戦略」九州ブロック説明会を開催し、農林漁業者や物流関係者、行政関係者など約280名の参加がありました。

 福岡大同青果(株)椿課長から輸出の取組についての基調講演後、内閣官房山口内閣審議官から戦略説明が行われ、参加者との質疑応答を行いました。

 【2】~【7】 詳しくは、こちらをご覧ください。
 ※九州農政局ホームページ「あぜ道写真館(農政の動き)」をご覧ください。
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/photo/photoreport.html

 3, 情報定期便

【1】数字でみる農林水産業

◯野菜の入荷量と価格の見通し(平成28年7月) 福岡市中央卸売市場

    九州農政局は、福岡市中央卸売市場における平成28年7月の「野菜の入荷量と価格の見通し」について6月30日に公表しました。

    7月の主要野菜(15品目)は、九州産のほか北海道、青森、群馬、長野産の入荷となる。今後の天候に左右されるところが大きいが、概ね順調な入荷が見込まれ、総じて前年並みと見込まれます。

  詳しくは、こちらをご覧ください。
  ※九州農政局ホームページ 
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/tokusan/160630.html

 (担当)生産部 園芸特産課

◯統計新着情報ご案内(全国)  

〔6月28日〕

◆農業経営統計調査 平成27年産麦類生産費(全国)

・平成27年産小麦の10a当たり資本利子・地代全額算入生産費は6万3,764円で、前年産に比べて2.1%増加しました。

〔6月28日〕

◆農業経営統計調査 平成27年産なたね生産費(全国)

・平成27年産なたねの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費は5万1,950円で、前年産に比べて6.3%増加しました

〔6月28日〕

◆平成28年農業構造動態調査(平成28年2月1日現在)(全国)

・農業経営体数は131万8,400経営体で、前年に比べて4.3%減少しました。

・農業経営体の1経営体当たり経営耕地面積は、全国では2.7haとなり、前年に比べて7.9%拡大しました。

〔6月28日〕

◆平成27年産さとうきびの収穫面積及び収穫量(全国)

・収穫面積は2万3,400haで、株出し栽培が増加したことにより、前年産に比べて500ha(2%)増加しました。

・10a当たり収量は5,380kgで、5月から9月にかけての相次ぐ台風の被害等があったものの、作柄の悪かった前年産に比べて6%上回りました。

・収穫量は126万tで、前年産に比べて10万1,000t(9%)増加しました。

〔6月28日〕

◆6次産業化総合調査(平成26年度)(全国)

・平成26年度の全国の農業生産関連事業による年間総販売金額は1兆8,672億円で、前年度に比べて2.7%増加しました。

・平成26年度の全国の漁業生産関連事業による年間総販売金額は2,056億円で、前年度に比べて1.2%増加しました。

    詳しくは、こちらをご覧下さい。
  ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/tokei/index.html

【2】食育イベント情報(平成28年7月以降)  

    九州地域においては、多様な関係者により、様々な食育が行われています。これらのうち、九州農政局で情報を把握できたイベント等について、「食育イベント情報」として取りまとめましたのでお知らせします。

    現地で取材をされる場合は、事前に「問い合わせ先」へご確認頂きますようお願いいたします。

 7月以降の特徴的な取組

    ・福岡市で「食育の推進 実践セミナー」を開催(7月12日)

    ・佐賀県嬉野市で「うれしの茶でいろんな体験」を開催(平成28年常時)

    ・長崎市で「わくわくサマーキャンプin茂木・飯香浦1泊2日」を開催(8月6日~7日)

    ・熊本市西区で「夏休み親子で学ぶ食育セミナー~市場で学ぼう、おいしい魚、野菜、果物の流通について~」(8月6日)

    ・大分県杵築市山香町大分農業文化公園で「おおいたの食材講座~椎茸農家の乾椎茸レシピ~」を開催(7月28日)

    ・宮崎県東諸県郡綾町で「夏野菜栽培農家見学会」を開催(7月17日)

    ・鹿児島市かごしま環境未来館で「親子deエコな買物&クッキング」を開催(7月28日)

 詳しくは、こちらをご覧ください。
 ※九州農政局ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/press/seikatsu/160628.html

 (担当)経営・事業支援部 地域食品課

【3】九州農政局「消費者の部屋」からのお知らせ!   

    九州農政局「消費者の部屋」では、食料・農業・農村に関する各種施策の情報提供や普及啓発を行っています。

◎テーマ1:夏休み親子「消費者の部屋」

    (期間)平成28年7月4日~9月2日 8時30分~17時15分(土日、祝日を除く)

    (内容)夏休み期間中に子ども達を中心とした一般消費者に対し、食料・農業・農村や食育についての情報提供を行います。今回は九州農政局の仕事について理解を深めていただけるように、子ども向けのパネル等を使ってご紹介します。

    (展示場所)熊本地方合同庁舎1階 消費者の部屋

◎テーマ2:「動物検疫を知ろう~がんばる検疫探知犬~」

    (期間)平成28年7月19日~7月29日 8時30分~17時15分(土日、祝日を除く)

    (内容)日本に海外から、動物の病気を入れないために、全国の空港や港で働く検疫探知犬の仕事の様子を通じて、動物検疫について理解を深めていただけるよう、パネル等を使ってご紹介します。また、子供向けのクラフトやぬりえ、検疫探知犬ハガキもご用意しています。

    (展示場所)熊本地方合同庁舎1階 消費者の部屋

◎フードパル熊本においても特別展示を行いますので、是非ご来場下さい。

    (期間)平成28年7月5日~9月4日 10時00分 ~ 17時00分(第1、第3月曜日(当日が祝日の場合翌日)は休館日)

    (内容)夏休み期間中に子ども達を中心とした一般消費者に対し、食料・農業・農村や食育についての情報提供を行います。今回は九州農政局の仕事について理解を深めていただけるように、子ども向けのパネル等を使ってご紹介します。

    (展示場所)フードパル熊本「熊本市食品交流会館」ロビー(〒861-5535)熊本市北区貢町581-2

 
 詳しくは、こちらをご覧下さい。
 ※九州農政局消費者の部屋
 ⇒ http://www.maff.go.jp/kyusyu/syohianzen/syokunoanzenansin/syouhisya/syouhisya.html

 ※ 動物検疫所
 ⇒ http://www.maff.go.jp/aqs/job/detectordog.html

 (担当)消費・安全部 消費生活課 

【4】農林水産省広報誌「aff(あふ)6月号」情報

農林水産省では、消費者の皆さんと農林水産業関係者、そして農林水産省を結ぶ “ビジュアル広報誌「aff(あふ)」”を発刊しています。

 「aff(あふ)6月号」の掲載内容は、以下のとおりです。

 

☆ニッポン麺探訪(第2回)

◆伊勢うどん [三重県]

☆特集1

◆大豆

・生産と消費量で見る世界の大豆事情

・日本の大豆と枝豆

・大規模大豆農場を訪ねて

・小泉農学博士の大豆まめ知識 日本人と大豆

・変幻自在! 大豆ファミリー

☆特集2

◆雑豆

・日本で食される主な豆

・おいしさいろいろ 豆を使った和洋菓子

☆今月の農林水産大臣賞VOl.2

◆素材選びから製造まで一切妥協なし! ひたすら丁寧に作る納豆(愛知県)山下食品株式会社

☆MAFF TOPICS

◆あふラボ

・豆乳に好適な品種「きぬさやか」

◆NEWS

・世界かんがい施設遺産を訪ねる(第2回)

・第13回オーライ! ニッポン大賞受賞者決定!

・日本初のデュラム小麦新品種「セトデュール」を育成

・「逆引き辞典」をリニューアル
 
☆読者の声

 「aff(あふ)6月号」はこちらをご覧下さい。
 ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index_1606.html

【5】農林水産省広報誌「aff(あふ)7月号」情報

農林水産省では、消費者の皆さんと農林水産業関係者、そして農林水産省を結ぶ “ビジュアル広報誌「aff(あふ)」”を発刊しています。

 「aff(あふ)7月号」の掲載内容は、以下のとおりです。

 

☆ニッポン麺探訪(第3回)

◆稲庭うどん [秋田県]

☆特集1

◆鯨

・日本人と鯨

・鯨ゆかりの地を巡ってみよう 全国「鯨」マップ

・鯨をおいしく頂く

・「多様性」が切り拓く捕鯨の未来(IWC日本政府代表・森下丈二さん)

・調査捕鯨で何が分かるの?

☆特集2

◆鰻

・ウナギに関する疑問

・ニホンウナギの安全供給に向けて

☆今月の農林水産大臣賞VOl.3

◆手をかけてあげると、貝は応えてくれる 愛情込めて育て上げる真珠 (大分県)有限会社冨高真珠

☆MAFF TOPICS

◆あふラボ

・「地元産アサリ」を育て、アサリ資源復活

◆NEWS

・「農林水産業の輸出力強化戦略」を発表

・トルコで「アンタルヤ国際園芸博覧会」を開催中

・農業を始める人を応援する「新農業人フェア」

・地域産品の魅力を見直す「みんなではぐくむ♪にっぽんの食」

・夏休み恒例「子ども霞が関見学デー」

☆読者の声

 「aff(あふ)7月号」はこちらをご覧下さい。
 ※農林水産省ホームページ
 ⇒ http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/index.html 

 

◇◇ 編 集 後 記 ◇◇ 

    7月7日は「たなばた」です。みなさまは短冊に願い事を書いて笹に吊るされたでしょうか?

    私は、子供が小学校低学年の頃、山で笹を切って玄関先で子供と一緒に吊るしていましたが、もう15年以上前になります。笹や短冊はありませんが、今年の願いは、編集後記が上手に書けますように?

    たまには星空を見てみませんか?天の川がとてもきれいですよ!(願い事も忘れずにね)

インフォメーション

パブリックコメント

    農林水産省では、農林水産業に関わる規制の設定・改廃に係る御意見や情報、農林水産政策に係る御意見や情報の募集を受付けています。


行政サービス相談窓口

    九州農政局では、農林水産行政に関する多種多様なご相談をホームページで受け付けております。


メールマガジン登録・変更・解除

    九州農政局メールマガジン<アグリ・インフォ九州>は、国民の皆様に、農林水産省及び九州農政局が進める農林水産行政に関する情報や農林水産業に関する統計・情報を、分かりやすくタイムリーにお届けするものです。

    メールマガジンの「登録」、「登録の解除」、「登録情報の変更」、「パスワードの再発行」については、こちらからどうぞ。

お問合せ先

企画調整室
担当者:坂本、甲斐
代表:096-211-9111(内線4117)
ダイヤルイン:096-300-6012
FAX:096-211-8707

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader