トップページ > 各県の歴史的水利施設 > 音無井路(大分県)

音無井路(大分県)

築造の経緯

 音無井路は、大野川の支流大谷川から熊本県内で取水し、延長13kmの水路によって旧宮砥村(現竹田市)の180haの耕地を潤すもので、明治31年に竣工している。この井路をめぐりたびたび水争いが起きているが、それを象徴する施設が、昭和9年竣工された『12号分水』と呼ばれる円形の分水施設。当時旧宮砥地区内部で水利争いが生じ、その対策として、耕地面積に応じて3地区に比例分水できるようにしたのが、この施設である。大谷川取水□から2kmにわたるトンネル水路を通った水がサイホン方式で、円形の中央から沸き上がってくる。円形は2
重で、内外を仕切る壁には等間隔に小窓が設けられており、中央に湧き上がった水は小窓を通って外側の円形溝に流れ込んでいく。外側の円形溝は仕切りで3分配しており、小窓の数や小窓に設けられたふた、仕切り板の高さにより分水量が調整される。現在は石造りからコンクリート造りに改修されたが、現状は従来のままで、水利争いを合理的に解決した施設として、近代化遺産に評価されている。

1.位置 大分県竹田市大字九重野
2.名称 音無
3.管理主体 音無井路土地改良区
4.建設年月日 井路通水(円形分水まで) 1892年
円形分水(12号分水)竣工 1934年
5.目的 かんがい用
6.規模等 延長13km
トンネル水路の長さ(大谷川取水口から2km)
受益面積180ha
サイホン方式を使用。