トップページ > 各県の歴史的水利施設 > 明正井路(大分県)

明正井路(大分県)

築造の経緯

 明正井路は、祖母山麓からの豊富な水を集めて流れる緒方川の水を竹田市入田出合で取水し、緒方町と清川村をかんがいする。幹線の総延長は48km、分派した用水路の総延長は127kmかんがい面積2、323ha、うち開田面積498haという大規模なものである。井路は、緒方川のかなり上流から引水したため、谷は橋を架けて越え、山は暗渠で掘り進んだ。水路橋は実に17基を数える。これほど多数の石橋を用いた大規模なかんがい施設は全国的にみても珍しい。1号・2号幹線は工期7年半を要し、大正13年竣工している。「明正」の名の由来は、明治・大正時代に水路橋など一連の施設が計画・工事されたことによる。


1.位置 大分県竹田市出合(緒方川)
2.名称 明正井路1号幹線1号橋(第一石拱橋)
3.設計・施工者 者矢島義一(大分県農業技手)
4.架設年 1919年(大正8年)
5.管理主体 明正井路土地改良区
6.目的 かんがい用水
6.規模等 全長78m、橋巾2.8m、拱矢3.3m、径間10.7m、環厚60cm、アーチ6連
※明正井路最大の石棋橋で、古代ローマの水道橋を彷彿させる