諫・早・湾・か・ら・の・新・た・な・一・歩 諫早湾干拓事業
リンク集 ご意見・ご感想リンク
諫早湾干拓事業諫早湾干拓事業トップへ戻る 文字の拡大表示 サイトマップ
事業の概要 環境配慮への取り組み 各種調査等の取り組み 有明海の再生に向けて 地域との連携
トップページへ戻る>> 事業の概要◎有明海と諫早湾の干拓の歴史
有明海と諫早湾の干拓の歴史
諫早湾を含む有明海では、江戸時代以前から干潟の干拓が行われ、堤防に囲まれた田が鱗(うろこ)のように並んで海に向かって付け足されてきており、これまでに約260km2(釧路湿原の約1.5培)の干拓が行われています。

干潟(ひがた)の成長
 海岸に干潟ができるには、土砂や有機物を運び出す河川があること、河口の水の動きが緩やかで拡散されず、堆積しやすいこと、そして海が細長く、奥深い入り江であること、などの条件がそろう必要があるといわれています。

 有明海の干潟は、筑後川などの河川によって搬出される土砂の堆積と有明海の潮汐によってひき起こされる泥土の沈降・堆積(ガタ土)とにより生じるもので、干潟は日々成長しています。

干潟:潮の満ち干きによって海水面から出たり入ったりする砂泥質の場所(右の写真は干潮の時のもので、一面に干潟が広がっています。)

有明海湾奥の干潟の写真
有明海湾奥の干潟


有明海の干拓
 有明海は約1,700km2の広大な浅い海であり、干潮時には海岸線から5〜7kmの沖合にまで干潟となって露出します。有明海の干潟は多いところでは1年に5cmも土粒子が堆積します。このため成長する干潟の奥にある陸地では排水が年々困難となります。
 このような状況を改善するため、有明海では古くから干潟の干拓とあわせて、排水を容易にするための取組みが続けられており、有明海で最も古い干拓は推古天皇の頃(593〜629年)に開かれたものといわれています。これまでに有明海では260km
2(釧路湿原の約1.5培)を超える面積の干拓が行われています。

 なお、干拓は埋立とは異なり、海岸の干潟などを堤防で締切り、排水して新たに農地などを造ることをいいます。
有明海の干拓の地図
干潟の堆積の様子
干潟の堆積により排水が困難になった様子


諫早湾の干拓
 諫早湾で干拓が始まったのは、今から約450年前のことで、少しずつ堤防で海を締め切り、水田が作られてきました。
 このようにしてできたのが、約35km
2(約3,500ha)の諫早湾の平野で、県下で最大の穀倉地帯となっています。

>> 写真で見る諫早湾の干拓
これまでに干拓によってつくられた土地の図
これまでに干拓によってつくられた土地


諫早湾地域の特性
 この地域は、台風の常襲地帯であることや、山に囲まれ上昇気流が発生しやすく集中豪雨が発生しやすいことから、しばしば洪水による被害を受けたり、高潮の被害を受けてきました。

昭和32年7月◎諫早大水害の状況

諫早大水害の写真
諫早大水害の写真
諫早市小野島町・川内町
[旧諫早市での被害]
被害面積 2,140ha
農産物被害額 445百万円
浸水戸数
675戸
2,734戸
死者 494人
行方不明者数 45人



昭和57年7月◎長崎大水害の状況

長崎大水害の写真
長崎大水害の写真
諫早市赤崎町
[旧諫早市での被害]
被害面積 1,089ha
農産物被害額 107百万円
浸水戸数
床下 1,457戸
床上 951戸
死者 2人
行方不明者数 なし



昭和60年8月◎高潮被害(台風13号)の状況

高潮被害の写真
高潮被害の写真
諫早市川内町
[旧諫早市での被害]
被害面積 1,300ha
農産物被害額 226百万円
浸水戸数
床下 40戸
床上 18戸
死者 なし
行方不明者数 なし
※高潮:台風や低気圧などによって潮位(海面の高さ)が上昇する現象

諫早湾沿岸地域における近年の降雨の状況
>> 平成15年まで
>> 平成16年まで