このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

農政の動き26年度

平成27年3月

農政問題検討会の模様1
(冒頭で挨拶を行った井上九州農政局長)

平成26年度九州地域農政問題検討会

平成27年3月18日熊本地方合同庁舎に於いて九州地域農政問題検討会が開催されました。

検討会には農政にかかる様々な分野の委員の方々にご参加いただきました。九州農政局からは局長を始め、次長、部長等が出席し、九州の情勢報告についての提案や基本計画について説明を行い、委員の方々と活発な意見交換が行われました。 

農政問題検討会の模様2

(意見交換の模様)

平成27年2月 

茶室お披露目会で挨拶する井上局長
(お披露目会で挨拶を行う井上九州農政局長)

和の空間(茶室)の展示に伴うお披露目会について

平成27年2月2日(月曜日)に、熊本地方合同庁舎A棟1階ロビーにおいて和の空間(茶室)の展示に伴うお披露目会が行われました。

九州農政局では、和室(畳)やお茶、花等といった日本の衣・食・住一体となった文化のPR、また、和の文化に触れる機会を提供するため平成27年2月2日より当面の間、展示を行います。 

お披露目会にて来賓の方へ呈茶を行いました。

平成27年1月 

「食料・農業・農村政策審議会 企画部会 地方意見交換会(九州ブロック)」の模様(意見交換会の模様)

「食料・農業・農村政策審議会 企画部会 地方意見交換会(九州ブロック)」

平成27年1月19日(月曜日)に、熊本市において「食料・農業・農村政策審議会 企画部会 地方意見交換会(九州ブロック)」が開催され、新たな食料・農業・農村基本計画の策定に向けた意見交換が行われました。

詳しくは、以下の農林水産省ホームページURLで公開されます。

http://www.maff.go.jp/j/council/seisaku/kikaku/bukai/index.html 

挨拶する井上九州農政局長

(挨拶する井上九州農政局長)

平成26年12月 

平成26年度食と農のシンポジウム(パネルディスカッションの模様)

平成26年度 食と農のシンポジウム【平成26年12月18日】

『平成26年度食と農のシンポジウム  ~産地が元気になる多様な取組・連携に向けて~』が12月18日(木曜日)に開催されました。

シンポジウムでは、JR九州ファーム(株)の田中代表取締役社長から「農業でも九州の元気を“つくる”」と題して基調講演をしていただき、その後、「6次産業化、バリューチェーンが農業・農村にもたらすもの~農業者と多様な事業者、それぞれの取組と提言~」について、各パネラーの方々から提言をいただき、会場に来られた方からも質問や意見が出るなど、活発な討議となりました。

(在日アメリカ大使館ミラー農務担当公使と局長室にて)

(在日アメリカ大使館ミラー農務担当公使と局長室にて)

在日アメリカ大使館ミラー農務担当公使の表敬訪問を受けました。【平成26年12月3日】

 

  • 12月3日(水曜日)に在日アメリカ大使館ミラー農務担当公使が、九州農政局長を表敬訪問されました。

平成26年11月 

米の直接支払交付金の交付発送作業が始まりました。

米の直接支払交付金の交付発送作業(長崎地域センター)

今年も、米の直接支払交付金の交付がはじまりました。
早期交付に向け、長崎地域センター長の激励のあいさつの後、緊張感を持って発送作業を始めました。 

長崎地域センターでの発送作業

宮崎県高鍋町「染ヶ岡地区環境保全協議会」(宮崎県)染ヶ岡地区

熊本県天草市「大浦地区振興会」

(熊本県)大浦地区

鹿児島県日置市「高山地区公民館」

(鹿児島県)高山地区

平成26年度豊かなむらづくり全国表彰事業九州ブロック表彰式【平成26年11月18日】

平成26年度の豊かなむらづくり全国表彰事業で各賞を受賞された団体への表彰式が平成26年11月18日(火曜日)に行われました。

この事業は、むらづくりの全国的な展開を助長し、もって地域ぐるみの連帯感の醸成及びコミュニティ機能の強化を図り、 農林漁業及び農山漁村の健全な発展に資することを目的としており、農林水産祭の表彰行事の一部門(むらづくり部門)として優良事例の表彰を行っています。

受賞団体

内閣総理大臣賞     宮崎県児湯郡高鍋町「染ヶ岡地区環境保全協議会」

農林水産大臣賞     熊本県天草市「大浦地区振興会」、鹿児島県日置市「高山地区公民館」

九州農政局長賞     佐賀県佐賀市「株式会社 そよかぜ館」、長崎県平戸市「根獅子集落機能再編協議会」 、大分県杵築市「農事組合法人 こめ・こめ・くらぶ」  

佐賀県佐賀市「株式会社そよかぜ館」

(佐賀県)

長崎県平戸市「根獅子集落機能再編協議会」

(長崎県)

大分県杵築市「農事組合法人 こめ・こめ・くらぶ」

(大分県)

第2回六次産業化認定証交付式(宮﨑地域センター)(宮﨑地域センター)

第2回六次産業化認定証交付式(延岡地域センター)(延岡地域センター)

平成26年度第2回六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式

宮﨑地域センター及び延岡地域センターでは、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(六次産業化・地産地消法)」(平成22年法律第67号)に基づき、申請された「総合化事業計画」について、平成26年度2回目の認定を行い、認定された宮崎県内の農林漁業者等に対して、認定証交付式が行われました。

宮﨑地域センター平成26年11月14日(金曜日)

延岡地域センター平成26年11月12日(水曜日)


 

 

延岡地域センターでの交付の模様(延岡地域センターの交付式)

宮﨑地域センターの模様
(宮﨑地域センターの模様)

平成26年9月 

南アフリカ訪問団1
(南アフリカ共和国の訪問団と局長室にて)

南アフリカ共和国・クワズールナタール州の訪問団の表敬訪問を受けました。【平成26年9月17日】

9月16日(火曜日)から9月19日(金曜日)にかけて、南アフリカ共和国・クワズールナタール州の九州訪問団が九州管内各地を視察、9月17日(水曜日)、熊本県内の視察に伴い駐日南アフリカ共和国大使館のノシセロ・ムベレ特命全権公使及びクワズールナタール州の訪問団が九州農政局長を表敬訪問されました。

井上局長より九州農業を取り巻く課題について説明、南アフリカ共和国訪問団からは、国内の農業、水産業の現状や今後の友好的な交流を期待している等の発言がありました。 

南アフリカ訪問団2
(井上局長と握手するNosicelo Mbele(ノシセロ・ムベレ)特命全権公使

平成26年8月  

佐賀平野『水と歴史の探検隊』参加者         

『佐賀平野「水と歴史」の探検隊』に参加しました。【平成26年8月27日】

佐賀土地改良区が佐賀平野の農業用水に関心を持ってもらうことを目的に、佐賀市内の小学生らを対象に開催したイベント『佐賀平野「水と歴史」の探検隊』に参加し、農業・農村がもつ多面的機能について説明しました。

当日は、小学生とその保護者合わせて35名が参加され、佐賀平野の田んぼや水路にすむ生きものを展示しながら、生物多様性保全や洪水防止、気候緩和などの機能を中心に、農業・農村の多面的機能について学んでもらいました。

また、田植えや稲刈りなどの農業体験を通して地域の農業を知ることや、地域の農産物を積極的に食べることでも多面的機能の保全につながることなども、併せて知る機会となりました。

  表題

第1回輸出戦略九州ブロック意見交換会

(九州ブロック意見交換会の模様)

「第1回輸出戦略実行委員会九州ブロック意見交換会」が開催されました。【平成26年8月7日】

農林水産省では、農林水産物・食品の輸出促進の司令塔として設置された輸出戦略実行委員会における今後の議論に向けて現場の意見を把握するため、熊本市において「第1回輸出戦略実行委員会九州ブロック意見交換会」を開催しました。

会場となった熊本商工会議所では、約80名ほどの出席者に対して食料産業局輸出促進グループ長から、「輸出戦略に基づく取組の検証について」の説明が行われた後、出席者との活発な意見交換等が行われました。

輸出に関する農林水産省のHPは農林水産物等の輸出促進対策についてをご覧下さい。

第1回輸出戦略九州ブロック意見交換会-2

夏休み特別イベント会場の様子(開催前)

(開催前の会場内でスタッフに挨拶する九州農政局長)

夏休み特別イベント(くまもんがきました)

(お昼にはくまもんが来ました)

夏休み特別イベント「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」開催です。【平成26年8月7日】

平成26年8月7日~8日にかけて、夏休み特別イベントが九州農政局主催で開催されています。

会場には、九州農政局ブースである田んぼの生き物展示や野菜・果物の糖度測定を始め、パソコンを使ったクイズ等があります。また、九州財務局の一億円のレプリカ展示や気象台の実験コーナーも設置されています。

写真は、開催直前の模様ですが、マスコミの方も来られておりテレビカメラも撮影をされていました。

イベントの内容は「しっとっと?国のお仕事~夏休み見学デー~」のページをご覧下さい。 

夏休み特別イベント(マスコミによる取材の模様)(マスコミによる取材)

夏休み特別イベント(開催前の会場の様子)(開催前の会場の様子)

平成26年7月 

全国地域リーダー農業政策研究会冒頭の模様(会で挨拶する井上九州農政局長)

パネルディスカッションで話される小野熊本県副知事(パネルディスカッションで話す小野熊本県副知事)

全国地域リーダー農業政策研究会夏期研修会が開催されました。【平成26年7月31日】

全国地域リーダー農業政策研究会主催、九州農政局協賛の夏期研修会が熊本地方合同庁舎1階講堂にて行われました。

研修会では、「異業種連携の取組について」と題して阿部牧場代表の阿部様から事例報告が行われた後、「九州の観光と農業について」との題目でパネルディスカッションが行われました。ここでは、コーディネーターに(有)コウヤマの香山代表、パネリストに小野熊本県副知事を始め5名の方々が参加され、活発な討議が行われました。

また、最後は総合討議として皆川農林水産事務次官から攻めの農林水産業についての情勢報告を受け、会場の参加者と活発な質疑応答が行われました。

 

 

パネラーの皆様
(パネラーの皆様)

情勢報告をする皆川事務次官

(情勢報告をする皆川事務次官)

平成25年度「食料・農業・農村白書」説明会熊本会場の模様(熊本会場の模様)

平成25年度各白書説明会福岡会場の模様(福岡会場の模様)

平成25年度「食料・農業・農村白書」、「森林・林業白書」、「水産白書」等に関する九州ブロック説明会が行われました。【平成26年7月24日】

九州農政局では、先般農林水産省から公表された平成25年度の各白書等の九州ブロック説明会を熊本県と福岡県で開催しました。

熊本会場となった熊本地方合同庁舎では、約60名ほどの参加者へ(株)日本政策金融公庫から農林水産業の融資状況についての説明が行われた後、農林水産省大臣官房政策課から「平成25年度食料・農業・農村白書」についての説明が行われました。

福岡会場となった九経交流プラザでは、約70名ほどの参加者へ西日本シティ銀行からサブファンドの取組について、また、JR九州ファーム株式会社から農業への取組について説明が行われた後、農林水産省大臣官房政策課から「平成25年度食料・農業・農村白書」、林野庁林務部企画課から「平成25年度森林・林業白書」、水産庁漁政部企画課から「平成25年度水産白書」の説明会が行われました。

両会場とも各関係機関や民間企業から多くの参加をいただきました。

白書については、ホームページに掲載してあります。

農林水産省HP白書情報

九州農政局HP九州食料・農業・農村情勢報告 

福岡会場・水産白書の説明
(福岡会場の模様)

平成26年6月  

熊本県の六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式の模様(九州農政局・熊本県内)

宮崎県の六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式の模様(宮崎地域センター)

大分県の六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式の模様(大分地域センター)

平成26年度第1回六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画認定証交付式が行われました。【平成26年6月12日】

九州農政局管内では、「地域資源を活用した農林漁業者等による新事業の創出等及び地域の農林水産物の利用促進に関する法律(六次産業化・地産地消法)」(平成22年法律第67号)に基づき、申請された「総合化事業計画」について、5月30日、本法施行後10回目の認定を行い、認定された熊本県内、宮崎県内及び大分県内の農林漁業者等に対して、認定証交付式が行われました。

写真は、九州農政局(熊本県内)、宮崎地域センター(宮崎県内)、大分地域センター(大分県内)で行われた認定証交付式の模様です。

 

 

 

意見交換の様子

意見交換の様子(九州農政局・熊本県内)

交付式の模様

 交付式の様子(宮崎地域センター)

交付式

交付式の様子(大分地域センター)

 
牛乳の日で来庁されました。

「ちちの日に牛乳を送ろう!キャンペーン」で牛乳贈呈式がありました。【平成26年6月11日】

九州農政局へ熊本県酪農女性部協議会の方々が来庁され、農政局幹部へ牛乳の贈呈式が行われました。

牛乳の贈呈式は、熊本県酪農女性部協議会が牛乳の消費拡大のために行っている「ちちの日に牛乳(ちち)を贈ろう!キャンペーン」の一環として行われたものです。

 

 

 

お問合せ先

企画調整室
担当者:交流係
代表:096-211-9111(内線4124)
ダイヤルイン:096-300-6019
FAX:096-211-8707

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader