このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

九州の優良事例ポータルサイト

このサイトは、九州の農林漁業者の皆さんや地域の方々などによる先進的な取組や優良事例等を紹介する「九州の優良事例ポータルサイト」です。

新着情報

トップランナーの取組

九州で先頭を走り続けておられる方々をトップランナーとして紹介します。取組のきっかけから現在の取組まで写真を含めてご覧ください。
  (No.007)大分県カボス振興協議会 NEWアイコン

分類・キーワードから探す

(分類) 輸出促進和食・食育・消費拡大医福食農連携地産地消6次産業化営農経営畜産農村振興・地域活性化日本型直接支払 
(キーワード) 新技術鳥獣害GAP農地中間管理機構法人農協飼料用米現場の力(畜産)畜産クラスター再生可能エネルギー多面的機能中山間直払
九州(分類)  情勢報告麦作共励会加工・業務用野菜農業経営体への支援事業耕作放棄地解消

県別から探す 

福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県

農林水産省ホームページ掲載 

輸出促進 

農林水産物等の輸出促進事例 農林水産物等の輸出に取り組んでいる事例について、取組のポイント・効果、今後の展望などとともに紹介しています。

和食・食育・消費拡大 

地域における日本型食生活等の普及促進の取組優良事例 地域における日本型食生活等の普及促進の取組事例(日本型食生活の普及促進、教育ファームの推進、食文化の保護・継承)を紹介しています。
食と農林漁業の食育優良活動表彰 農林漁業体験機会の提供や食文化の伝承等を通じて、農林水産業への理解と食への感謝の念の醸成を促すとともに、日本型食生活の推進に資する食育活動で優れた実績を上げた者を表彰しています。

医福食農連携 

「医福食農連携」取組事例集 「医福食農連携」の各分野における取組の参考として、また、新たなパートナーとの連携の可能性の参考となるものとして各地の取組を紹介しています。

地産地消 

地産地消事例  各地で取組まれている地産地消の事例について紹介しています。
地産地消優良活動表彰事例  「地産地消優良活動表彰」で表彰された全国各地のそれぞれの立地条件を活かした創意工夫のある様々な地産地消の活動事例を紹介しています。
地産地消給食等メニューコンテスト NEWアイコン
学校給食・社員食堂部門
外食・弁当部門
 「地産地消給食等メニューコンテスト」で表彰された学校給食、社員食堂、外食・弁当等において地場農林水産物の食材を活用している優れたメニューや食育等の取組事例を紹介しています。

6次産業化 

6次産業化の取組事例集 六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定を受けた方々の取組を中心に、農林漁業者が主体的に行う6次産業化の取組について紹介しています。
6次産業化の商品事例集 平成27年3月20日に開催された6次産業化サミットに出展・紹介された九州の商品を具体的にイメージがわきやすいよう写真も同時に掲載しています。

営農 

普及活動事例 普及事業とは、県の専門の職員である普及指導員が、農業技術・経営に関する支援を、直接農業者に接し行う事業です。普及指導員の活動とその成果を紹介しています。
平成24年度新技術導入広域推進事業の取組事例(平成25年8月) 新技術導入広域推進事業を活用した県では、試験研究機関等と連携して新技術の現地実証・改良や導入効果の分析・評価等に取り組み、広域的に普及可能な新技術(農業新技術200X、国の研究独法開発技術等)の導入を図っています。各県の取組・技術を紹介しています。
GAPの取組状況・導入事例 「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤に関するガイドライン」に則したGAPを策定し、実践している産地等の事例を紹介しています。
土地改良事業地区の営農推進に係る優良経営体事例 土地改良事業を契機として優良な農業経営を展開している事例について紹介しています。

経営 

農地中間管理機構の優良事例集 各県農地中間管理機構の優良な取組(参考となる創意工夫)を紹介しています。
(社)日本農業法人協会の会員の経営概要事例 (社)日本農業法人協会の会員の中から、先進的な取組を行っている法人の基本情報と経営の特徴を紹介しています。
集落営農の組織化・経営発展取組事例 集落営農の取組事例を紹介しています。
農業生産法人の参入事例 農業生産法人の取組事例を紹介しています。
企業等の一般法人の参入事例 平成21年の農地法改正により、企業によるリース方式での農業参入が全面自由化されました。企業による参入事例を紹介しています。
農業の発展に成果を出している農協の取組事例 販売総合戦略の策定、ニーズに対応した生産・販売、商品開発やブランドの確立などに積極的に取組み、農業の発展に成果を出している農協の事例を紹介しています。
女性の活躍事例  農林水産業に対する認識を深め、農林水産業者の技術改善及び経営発展の意欲の高揚を図るため、国民的な祭典として行われている「農林水産祭」において、女性の活躍が評価され各賞を受賞した事例を紹介します。

畜産 

飼料用米の利用・需要拡大に向けた取組事例 飼料用米を活用して畜産物の高付加価値化に取り組む事例を紹介しています。
「現場の宝」(畜産分野) 生産現場の潜在能力を引き出し、その活性化を図り、農林水産業の中期的展望を切り開く観点から、省内に大臣を本部長とする「攻めの農林水産業推進本部」が設置され、その際取りまとめられた畜産分野における優良な事例を紹介しています。
畜産クラスターの取組事例 26年度から高収益型畜産体制構築事業の中で、実証支援事業を実施。その取組における優良事例を紹介しています。
生乳取引の多様化に係る優良・先進事例 指定生乳生産者団体との生乳取引の多様化を図る取組について、具体的な取組を開始される際の参考になるものとしてまとめられています。

農村振興・地域活性化 

鳥獣被害対策に関する普及活動の事例 鳥獣被害を防止するためには、地域の実情に応じて、地域ぐるみで取り組むことが重要となっています。
野生鳥獣肉利活用の取組事例 近年、捕獲した鳥獣を地域資源として食肉等へ活用する取組が広がっています。
農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例 農山漁村に豊富に存在する土地、水、バイオマス等の資源を再生可能エネルギーとして活用し、農山漁村の活性化を図る取組事例を紹介しています。
中山間地域における優良事例集 中山間地域において「強くて豊かな農業」と「美しく活力ある農村」の実現に向けた取組の横展開が図られることを期待し、取組の先導的な地域の事例を紹介しています。
荒廃農地再生利用の取組事例 荒廃農地を再生利用して、作物生産を再開している取組を紹介しています。
農村振興プロセス事例集 我が国の農村の多様性を考慮し、「個性と活力のある豊かな農村」の実現に向けた地域の主体的な取組を後押しするため、土地改良事業の実施を契機として特色ある発展を実現した先進的な事例を取り上げ、取組や発展のプロセス等を整理したものです。(平成28年12月追加)
ディスカバー農山漁村の宝 「ディスカバー農山漁村の宝」は、「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる優良な事例を紹介しています。
高収益な農業の実現に向けた取組  土地改良事業の実施を契機として、高収益作物への転換、大規模経営への発展や生産物を活かした6次産業化などを通じて、所得や販売額を向上させた事例を紹介しています。

日本型直接支払 

多面的機能支払交付金の取組事例 多面的機能支払交付金に関する取組事例を紹介しています。
農業・農村の多面的機能を守る取組事例 地域ぐるみで農業・農村の多面的機能を守る取組を行っている事例を紹介しています。
中山間地域等直接支払制度 中山間地域等直接支払制度の取組事例の中から、特徴的な取組を紹介しています。
環境保全型農業直接支払交付金の取組事例 環境保全型農業直接支払交付金に関する取組事例を紹介しています。

 

九州農政局ホームページ掲載 

九州食料・農業・農村情勢報告 

平成26年度特集編 九州各県で担い手として活躍されている、認定農業者、集落営農、法人の取組事例や新規就農・企業参入の事例、女性農業者の活躍事例について紹介しています。
平成25年度特集編 生産拡大に資する6次産業化の動きについて取り組みを紹介しています。

生産

全国麦作共励会 麦の生産技術の向上、経営の改善の面からの創意、工夫を行っている麦作農家、麦作集団で表彰された取組を紹介しています。
九州地区の加工・業務用野菜優良事例 生産者、食品加工業者における加工・業務用野菜の取組事例を紹介しています。

経営

九州地域の農業経営体における取組事例 農業経営体が、農業経営の発展を目指すこととして農業機械や施設等を新たに導入する場合の支援として、平成19年度から、地域担い手経営基盤強化総合対策実験事業、経営体育成交付金及び経営体育成支援事業を実施しています。その取組事例を紹介しています。

農村振興 

農山漁村活性化事例集について 「強い農林水産業」、「美しく活力ある農山漁村」の実現のため、農山漁村の有するポテンシャルを引き出すことにより地域の活性化、所得向上に取り組んでいる事例として、「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」に応募のあった事例を紹介しています。
耕作放棄地解消事例 九州における荒廃農地解消事例を紹介しています。

 

 

お問合せ先

企画調整室
担当者:交流係
代表:096-211-9111(内線4124)
ダイヤルイン:096-300-6019
FAX:096-211-8707

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader