このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

トップランナーの取組

九州で先頭を走り続けておられる方々の取組をご覧ください。

トップランナー
(分類)
輸出食育活動外食産業GI6次産業化・研究開発優良経営体土地利用型農業施設園芸畜産経営 NEWアイコン鳥獣被害対策ディスカバー農山漁村(むら)の宝 NEWアイコン 豊かなむらづくり  地域活性化 

輸出 

県名
掲載月
取組主体
取組概要
鹿児島県 平成30年1月 サンキョーミート株式会社
(法人番号1340001014971)
国際基準に対応した衛生管理を積極的に導入し、輸出可能な国を増やしています(42ヶ国)。また、海外での販売促進活動を通じて、和牛のすばらしさを発信するとともに、カット技術の普及や調理方法の提案にも取り組んでいます。
鹿児島県 平成29年5月 かごしま茶輸出対策実施本部 かごしま茶の輸出促進を一層図るため、県茶業会議所、県茶商協、県経済連、県等の関係機関・団体が一体となり、実施本部を平成27年1月に設立。輸出に対応した茶の生産、流通体制の構築、商品開発等に取り組んでいます。
宮崎県
平成29年4月
株式会社くしまアオイファーム
(法人番号7350001012531)
サツマイモの生産・加工・販売を自社一貫で行っています。青果用サツマイモに特化し、自社農場に加え、契約栽培の取組みを推進し、安定した生産体制を構築してサツマイモの国内流通、海外輸出に取り組んでいます。

食育活動

県名
掲載月
取組主体
取組概要
熊本県
平成29年6月
公立大学法人 熊本県立大学
(法人番号4330005002252)
食健康と食育に係る人材養成拠点の形成を目指して、食育推進プロジェクトに取り組んでいます。県をはじめ、県内の市町村、団体、企業の多彩な連携により「食育」、「健康増進」、「地域づくり」、「地産地消」等に寄与する取組みを実践しています
鹿児島県
平成29年6月
NPO法人霧島食育研究会
(法人番号3340005002896 )
「食を大切にする文化を霧島で創る」ことを目的に、管理栄養士、社会福祉士、教員、農家等の有志8人により平成16年に設立。食文化を継承し人材を育成する多彩なイベントを通して、地域資源の魅力の再発見、食と農を軸にした地域おこしに取り組んでいます。

外食産業

県名
掲載月
取組主体
取組概要
長崎県
平成30年4月
有限会社シュシュ
(法人番号2310002017298)
年間49万人が訪れる農業交流拠点施設「シュシュ」は、地域の生産者の所得向上を目的として、地元産にこだわった運営方針とともに、地元観光業との連携や地域の人材・資源を最大限に活かして地域活性化を実現しています。

GI(地理的表示)

県名
掲載月
取組主体
取組概要
大分県
平成29年8月
大分県カボス振興協議会 他産地との差異化を図り、販路の拡大や農家所得の向上につなげようと、平成27年7月、地理的表示(GI)保障制度の登録を申請。翌年5月に「大分かぼす」が登録され、かんきつ類では全国初の認定となりました。

6次産業化・研究開発

県名
掲載月
取組主体
取組概要
鹿児島県
平成29年9月
農業生産法人アネット有限会社
(法人番号8340002024781) 
ウイルス病に強く、無菌状態で栽培されたかんしょのメリクロン苗を低コストで安定生産・供給するシステムを確立。6次産業化に早くから手掛けるなど、鹿児島県の農産物にこだわった商品開発に取り組んでいます。

優良経営体

県名
掲載月
取組主体
取組概要
福岡県 平成30年11月 株式会社 RUSH FARM 
(法人番号7290001058993)
栽培管理の効率化、労働生産性等の向上を図るとともに、女性の感性を活かした独自ブランド「ラッシュママ」を立ち上げ新たな販路開拓を展開しています。
鹿児島県 平成29年10月 有限会社小磯製茶
(法人番号1340002024581)
全国屈指の茶産地である南九州市の山間地において、明治時代から茶生産を始め、早くから常用型の管理機や摘採機を導入するなど、機械化体系を確立した先進的経営を展開しています。
熊本県 平成29年10月 有限会社吉川農園
(法人番号3330002017353)
限られた経営耕地でいかに利益を上げるかを追求し、紫蘇(大葉)の生産・加工・輸出に取り組むとともに、ICTや耐候性ハウスを組み合わせた安定生産を実現しています。
熊本県 平成29年10月 ネットワーク大津株式会社
(法人番号4330001009854)
12の集落営農組織が再編・統合し500ha以上となった経営面積で営農体制を確立。計画的・効率的な作付体系及び生産性の向上を図り、地域全体を一つの農場とした団地化やブロックローテーションに取り組んでいます

土地利用型農業

県名
掲載月
取組主体
取組概要
福岡県
平成30年7月
農事組合法人 下久末
(法人番号4290005015449)
「地域の農地を守る」ことを第一に掲げ、農地中間管理事業を活用した農地の集積・集約化により、作業の効率化とともにコスト削減を通して、地域の農地維持に貢献しています。

施設園芸

県名
掲載月
取組主体
取組概要
熊本県
平成29年11月
株式会社前田ファーム
(法人番号2330001021282)
すいか・メロンのほ場集約を進め施設規模を拡大。全ての連棟ハウスに自動開閉装置等を導入し管理作業の効率化を図るとともに、完熟堆肥を利用した土作りにより、高品質な作物を安定的に生産しています。

畜産経営

県名
掲載月
取組主体
取組概要
熊本県 平成30年11月 内ヶ島賢勇・美津代(うちがしま けんゆう・みつよ)夫妻 NEWアイコン
(法人番号1330002018964)
高乳量だけを追い求めず、牛群の繁殖状況と乳生産のバランスを考慮した飼料設計とともに、暑熱対策、衛生的な搾乳作業など、牛のことを一番に考えた「質で勝負」の経営を実践し九州トップクラスの乳質を達成しています。
宮崎県 平成30年8月 本部 博久(ほんぶ ひろひさ) 口蹄疫後、防疫体制を整備し、新しい牛舎に牛を導入し、3年間かけて口蹄疫発生前の頭数にまで復活。新牛舎の建設を契機に、ICTを活用した繁殖管理や育成牛の外部預託を実践することで、ゆとりある、わくわくする酪農経営を実現しています。
宮崎県 平成30年3月 岩切 治俊・辰江
(いわきり はるとし・たつえ) 夫妻
口蹄疫発生後、地域でいち早く肉用牛の導入等に取り組み、現在では、口蹄疫発生前よりも飼養規模が拡大。飼養規模の拡大に併せて地域内の水田を集積し、自ら飼料稲(WCS)や飼料用米、飼料用作物を生産し、粗飼料自給率100%を達成しています。
鹿児島県 平成29年11月 株式会社玉牧場
(法人番号2340001008015)
きめ細かい個体観察や飼養管理により繁殖成績の向上とともに、自給飼料生産基盤の拡大と稲発酵粗飼料の利用により、高収益化・低コスト化を実現しています。
宮崎県
平成29年11月
有限会社香川畜産
(法人番号3350002009571)

口蹄疫により飼養する豚全頭が殺処分の対象になるなか、いち早く農場の再建に取組み、発生以前の水準まで復活。さらに、地域の肥育農家に子豚を供給する繁殖部門を新たに設立するなど、地域の養豚復興に大きく貢献しています。

鳥獣被害対策

県名
掲載月
取組主体
取組概要
福岡県
平成30年2月
山本 倫明 (やまもと のりあき)  自ら有害鳥獣捕獲員として地域の農林産物の被害防止に貢献しているほか、「みやこ町有害鳥獣加工施設」の施設長として、衛生面や品質面の向上、獣肉や加工品の販売・視察の受入れ等に積極的に取り組み、ジビエ利活用促進の重要な役割を担っています。
熊本県
平成29年3月
くまもとジビエ研究会 全国初の調理師専門学校における「ジビエ」の正式カリキュラム化をはじめ、流通卸の参入による「くまもとジビエ」の流通体制の整備、衛生管理技術の向上に向けた処理加工施設や飲食店に対する研修等に取り組んでいます

ディスカバー農山漁村(むら)の宝

県名
掲載月
取組主体
取組概要
大分県 平成30年12月 ウーマンメイク株式会社 NEWアイコン
(法人番号6320001014325)
同社は、水耕栽培でリーフレタスを生産販売する農業法人です。課題の多い農業分野において「新時代は女性が創る」との想いを込めて平成28年7月に女性だけで起業し、地元雇用を創出しているほか地域活性化に貢献しています。
熊本県 平成29年11月 NPO法人ASO田園空間博物館
(法人番号3330005005306)
自然と人々が織りなしてきた数多くの有形・無形の地域資源を保全し活用することで地域づくりにつなげています。さらに、地震で落ち込んだインバンドの回復を目指して、インターン事業等にも取り組んでいます。
佐賀県 平成29年11月 ひらの棚田米振興協議会 棚田の保全と棚田米の販売促進はもとより、イベントの開催を通じて都市住民との交流を図るなど、地域の活性化に取り組んでいます。
福岡県 平成29年11月 八女地域連携協議会 バスツアー客を主なターゲットに八女限定の旅行商品を企画・実施。現地案内人としての地元人材の登用など、地域ツーリズムがビジネスにつながり、地域の所得向上とともに、地域活性化が図られています。
大分県 平成29年2月 NPO法人安心院町グリーンツーリズム研究会
(法人番号4320005004241)
全国初の「農村民泊」に取り組み、都市と農村が交流するグリーンツーリズムの先駆けとして注目を集めてきました。現在は、教育旅行団体を中心に年間延べ1万1千名を受入れており、海外からの農泊客も増加しています。
宮崎県 平成29年9月 農事組合法人「はなどう」
(法人番号9350005004754)
同法人が運営する直売所では、地元農産物をはじめ集落営農組合で生産した米・麦などを原料を県内企業と6次産業化に取組み、オリジナル商品を販売し県内外から注目されています。また、ストーリー性のある新たな商品作りを目指しています。

豊かなむらづくり

県名
掲載月
取組主体
取組概要
福岡県 平成30年11月 小野谷行政区  農家だけでなく行政区全体で、今後の集落の維持発展について検討を重ね、耕作放棄地や獣害対策、自然災害等の課題毎に、住民の合意形成を行いながら組織をつくり、集落内の課題解決に向けた活動を展開しています。
宮崎県 平成30年11月 焼畑蕎麦苦楽部  地元消防団や青年団、世界農業遺産高千穂郷・椎葉山地域活性化協議会など村内外の団体と連携しながら、交流の輪を都市部や海外へと広げ、伝統農法「焼畑」の継承を通して山村の振興を図る活動を展開しています。
鹿児島県 平成30年11月 中津川区公民館  念願であった伝統芸能を復活。これを契機に区公民館と連携した実践組織の活動は、住民に地域への誇りと愛着心を蘇らせ、若者の地域への定着やUターン者の増加、地域の活性化や農業振興につながり、世代間の絆を強めています。
宮崎県 平成29年12月 川坂川を守る会 環境保全の枠にとらわれず、深刻化する有害鳥獣対策などの地域課題や、地域資源を活かした多彩で特色ある活動に取組み、元気と活力に満ちたむらづくりを展開しています。
長崎県 平成29年12月 大中尾棚田保全組合 長崎県で初めての棚田オーナー制度を導入し、地域外の力を借りる稲作に転換するとともに、棚田を広くPRするため、案山子コンクールやフォトコンテスト、棚田火祭りを開催し、都市住民との交流を深めています。
鹿児島県
平成29年11月
阿室校区活性化対策委員会 住民自らが「親子山村留学制度」の仕組みを作り、活動をスタート。I・Uターンを中心に移住者が増加したことで、学校の休校が回避されたほか、農水産業を担う重要な担い手として、地域の振興に貢献しています。

地域活性化

県名
掲載月
取組主体
取組概要
熊本県 平成30年10月 (株)氷川のぎろっちょ
(法人番号6330001025049)
氷川町の女子中学生5人が株式会社「氷川のぎろっちょ」を設立。地元女子中学生が覚悟をもって会社を設立したことで、耕作放棄地の解消とともに“地域を耕す”原動力として、氷川流域の住民と連携して地域活性化に貢献していくことを目指しています。
熊本県
平成30年6月
「阿蘇援農コミュニティープロジェクト」 東海大学農学部の学生が立ち上げたプロジェクトで、阿蘇地域を中心に人手不足に悩む農家を訪問し、野菜などの定植作業や収穫、田植え、除草など日常的な農作業を支援。援農を通して農業の知識や技術の習得とともに、農家との交流を図っています。

お問合せ先

企画調整室
担当者:松田、木場
代表:096-211-9111(内線4117、4124)
ダイヤルイン:096-300-6012
FAX:096-211-8707

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader