このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

鹿児島堀口製茶有限会社(鹿児島県志布志市)

~化学農薬に頼らない栽培方法を実践し輸出向け茶の産地化~

鹿児島堀口製茶有限会社(以下、同社)は、茶の栽培(契約農家を含む約270ha)から荒茶製造、製品販売に至るまでの茶業一貫経営を行い、販売部門は(株)和香園として分社化。国内最大級の生産能力を持つ荒茶工場を有し、そのスケールメリットを活かした低コスト生産で、こだわりのお茶を製造しています。
また、抹茶の需要が高まっている海外への展開に向け、てん茶工場の新設など輸出に対応した高品質茶の生産体制を構築。さらに、「お茶摘み体験ツアー」や各種イベントを開催するなど、将来にわたる地域全体の活性化とともに雇用の創出に貢献しています。
鹿児島堀口製茶有限会社全景 乗用摘採機によるお茶の収穫
鹿児島堀口製茶有限会社全景 乗用摘採機によるお茶の収穫の様子

化学農薬に頼らない栽培方法を実践し、輸出を展開!

同社では、スマートIPM農法(IPM*とスマート農業*の造語)を導入することで、化学農薬に頼らない栽培方法を実践し、輸出に対応した茶葉を生産しています。
主に、米国向けには業務用抹茶の原料を、台湾向けには、煎茶、ティーバッグの原料を輸出しています。また、自社ブランドの「TEAET:ティーエット(ティーとダイエットの造語)」や「抹茶缶」等を米国の専門店等へ輸出しており、ファッションブランドがクリスマスイベント等で取り扱っています。
*IPM農法:「Integrated Pest Management」 の略。化学農薬だけに頼らない人と環境に優しい持続可能な農法
*スマート農業:情報通信技術(ICT)やロボット、人工知能(AI)などを活用した先進的農業
自社ブランドの「TEAET」 海外の商談会の様子
 自社ブランドの「TEAET」  海外の商談会の様子

食べるという食文化も提案!

同社は、「飲むだけではなく、食べるという食文化も提案したい」という思いから、安心・安全な自社茶園のお茶と大隅半島の旬の食材にこだわった創作茶膳レストラン「茶音の蔵」(さおんのくら)を併設。
独創的なビジネスアイデアと技術で新しい市場を切り開き、大隅半島を盛り上げています。
茶葉創作料理店「茶音の蔵」 お茶の創作料理
茶葉創作料理店「茶音の蔵」 お茶の創作料理

「茶畑戦隊茶レンジャー」 勢揃い!

「茶畑戦隊 チャレンジャー*」とは、お茶の天敵である害虫や雑草と、日夜戦い続ける5台のマシンのこと。
同社が目指す理想のお茶づくり『スマートIPM農法』の実践のため、自然のままのお茶づくりとともに労力軽減を目指して開発されました。
茶畑戦隊 茶レンジャー *茶畑戦隊 チャレンジャー
1号機風で害虫退治!緑の機体『ハリケーンキング』
2号機吸引力で害虫や異物を吸い込む!赤い機体の『サイクロン』
3号機高圧蒸気で雑草駆除!黒い機体の『スチームバスター.SL』
4号機米ぬか噴射で害虫一掃!白い機体の『ブランジェット』
5号機重労働バロン巻きに革命!青い機体の『ブラックシャドウ』
茶畑戦隊 チャレンジャー  

平成30年度輸出に取り組む優良事業者表彰において農林水産大臣賞を受賞!

これらの取り組みが評価され、「平成30年度輸出に取り組む優良事業者表彰」において農林水産大臣賞を受賞されました。

問い合わせ先

名称:鹿児島堀口製茶有限会社 社長 堀口 大輔氏
住所:鹿児島県志布志市有明町蓬原758
電話:099-475-0931

お問合せ先

企画調整室
担当者:木之下、杉本
代表:096-211-9111(内線4117)
ダイヤルイン:096-300-6012
FAX:096-211-8707

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader