このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

プレスリリース

平成28年度九州地域飼料用米推進会議(第2回)の開催について

  • 印刷
平成29年1月24日
九州農政局

飼料用米については、食料・農業・農村基本計画における生産努力目標110万トンの確実な達成に向けて、関係者が一体となって取組を推進しているところである。
このような中、「農林水産業・地域の活力創造プラン(平成28年11月30日改訂)」に位置付けられた「農業競争力強化プログラム」では、多収品種の導入、低コスト栽培技術の普及の推進とあわせて、耕種農家と畜産農家の連携により畜産物の高付加価値化を図る取組を進めることとしている。
このため、今回の推進会議においては、飼料用米の利活用に際して、単なる輸入とうもろこしの代替飼料として使用するのみならず、その特徴を活かして畜産物のブランド化に取り組んでいる事例の紹介を行う。
また、本年産の飼料用米の生産実績が明らかになる中で、九州各県における本年度の取組状況の総括と次年産に向けた取組方針の共有を図り、今後の飼料用米の推進に資することを目的に本会議を開催する。

1.開催日時

平成29年3月9日(木曜日)13時30分~16時30分

2.開催場所

熊本地方合同庁舎A棟1階共用会議室
住所:熊本市西区春日2丁目10番1号

3.参集範囲

九州地域飼料用米推進会議構成機関
(傍聴が可能です。傍聴を希望される方は、「6.傍聴申込」を参照の上、事前申込をお願いします。)

4.主催・共催

一般社団法人日本草地畜産種子協会、九州地域飼料用米推進会議(事務局:九州農政局生産部)

5.内容

(1)九州地域における飼料用米の取組状況
(2)九州各県における飼料用米の取組状況
(3)畜産物のブランド化の取組事例紹介
 ア.城井ふるさと村(福岡県)【こめたまご】の取組事例
 (城井ふるさと村有限会社 代表取締役 徳永 隆康 氏)
 イ.エムケイ商事(宮崎県)【エムケイさんちのお米豚】の取組事例
 (有限会社エムケイ商事 代表取締役 黒木 守春 氏)
(4)その他

6.傍聴申込

傍聴を希望される方は、平成29年3月3日(金曜日)17時までに、別添の傍聴申込書によりFAX(096-211-9745)でお申し込みください(定員50名程度)。
なお、定員を超える申込があった場合には、人数調整をさせていただく可能性がありますので、あらかじめご了承願います。

注1.申込みを受け付けた際、受付確認の連絡は致しません。定員に達し、参加をお断りする場合のみ連絡を差し上げます。
注2.合同庁舎には、本会議に伴う駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

7.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、下記のお問い合わせ先までご連絡をお願いします。

添付資料

傍聴申込書(PDF : 26KB)

九州地域飼料用米推進会議設置要領(平成26年6月)(PDF : 76KB)

お問合せ先

生産部生産振興課

担当者:西野、原田
代表:096-211-9111(内線4441)
ダイヤルイン:096-300-6218
FAX番号:096-211-9745

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader