このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

プレスリリース

食品ロス削減に資する小売店舗における啓発活動について ~10月は食品ロス削減月間です~

  • 印刷
令和元年10月4日
九州農政局
本年10月「食品ロス削減月間」に、小売店舗等における啓発活動を実施します。

1.趣旨

我が国において本来食べられるにもかかわらず廃棄される「食品ロス」は平成28年度には約643万トン発生しており、そのうち約352万トンが食品産業から発生したと推計されています。食品産業からの食品ロスには小売事業者からの廃棄も相当程度含まれており、これを削減するための取組が進められています。また、先日10月1日に施行された「食品ロスの削減の推進に関する法律」(令和元年法律第19号)により、10月が「食品ロス削減月間」となりました。
この機会をとらえ、小売事業者と消費者が連動した食品ロスの削減に向けた取組を後押しするため、農林水産省として、全国の小売店舗等にて積極的に食品ロス削減のための啓発活動を行うことを呼びかけてきたところです。

2.内容

小売店舗では、消費者の過度な鮮度志向や購買行動が食品ロスにつながっていることから、小売店舗で消費者に呼びかけを行うことで、消費者の食品ロスに対する意識が高まり、廃棄の削減につながっていくと考えられます。
このため、全国の各小売店等に対し、「食品ロス削減月間」である10月にポスター等による啓発活動の実施を呼びかけたところ、以下の添付資料に記載した小売店で実施するとの回答をいただきましたのでお知らせします。なお、啓発手法については、農林水産省にて公表している啓発資材の活用のみならず、企業独自の啓発手法等における取組も実施しております。

<添付資料>
(1)御協力いただける企業リスト(令和元年10月3日時点)(PDF : 27KB)
(2)農林水産省公表啓発資材及び使用場所の例など(PDF : 1,078KB)

消費者の皆様には、ぜひこれら小売店の店頭において、啓発資材を御確認いただき、食品ロスが発生しない購買をしていただきたいと思います。


(左)過去の取組の例、(中央、右)啓発資材の例

3.九州農政局における取組

事務室、消費者の部屋及び食堂において、「食品ロス削減月間」のポスターを掲示しています。

食堂(熊本地方合同庁舎A棟)でのポスター掲示の様子

4.関係ウェブサイト

(1)「食品ロス削減に資する小売店頭用啓発資材」
食品ロス削減のための商慣習検討ワーキングチーム(食品ロスに関する消費者理解促進に関する検討会)による実証実験において、店頭に啓発資材を掲示した実験店舗における廃棄率や値引率等が改善したことが確認されました。
http://www.maff.go.jp/j/shokusan/recycle/syoku_loss/keihatsu.html(農林水産省へリンク)

(2)「食品ロスの削減の推進に関する法律」の施行及び本年10月の食品ロス削減月間について(プレスリリース)
http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kankyoi/190924.html(農林水産省へリンク)



お問合せ先

経営・事業支援部食品企業課

担当者:食品リサイクル係(徳永、山口)
代表:096-211-9111(内線4389)
ダイヤルイン:096-300-6334
FAX番号:096-211-9825