このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー
事業所HP TOP 肝属地域の概要 農業用水開発の歴史 事業の概要 事業の進捗状況 環境配慮の取り組み 工事の安全管理・品質確保対策
地域貢献活動 現地見学会 地域の情報 地域営農・事業効果 農業の6次産業化 農業分野のIT化 資料(パンフレット等)
キッズコーナー ダウンロード 動画配信・紹介 入札発注情報 アクセス リンク  

おしらせ 試験湛水が10月12日に終了したため、通常のダム見学会を再開します。

荒瀬ダム現場見学会・出前講座・出前授業の御案内

1

ダム見学会の様子 

2

出前授業
 
学校関係者・地域の皆様へ

平素、授業において食育等を積極的に推進して頂き感謝申し上げます。

さて、九州農政局肝属中部農業水利事業所では、平成9年度から鹿屋市、肝付町の約1,500haの畑地の農業用水を確保するため、水源施設である荒瀬ダムとダムに貯水された水を各農地に配水するパイプラインを建設する国営事業を実施中です。

このうち、荒瀬ダムは、土と石で造るロックフィルダムという種類のダムで、ダム堤体の盛立てが平成26年4月に完了し、ダムの取水施設、放流施設、小水力発電所、ダム管理所などの周辺設備も完成するなど一部舗装工事を除いてほぼ完成している状況です。

また、延長約42kmのパイプライン工事を建設中で、現在、支線水路工事を実施中です。

事業の進捗率は、予算ベース(平成28年度末時点)で荒瀬ダム工事関係が約97%、パイプライン工事関係が約93%で完成間近となっています。

また、今春からダムの貯水の機能を確認するための試験湛水が始まり、7月29日には満水となり、満水保持期間終了後、10月12日には貯水を最低水位まで下げ、試験湛水を終了しました。

近年、ダムの建設現場は現在非常に少なくなっている中、荒瀬ダムの現場見学は生徒たちとって貴重な実習体験になるのではないかと考えており、是非、見学会を実現したいと考えています。

さらに、本事業によりダムの水が供給される農地の一部に「営農実証ほ」と呼ばれる「水を使った営農の研究」を行うほ場もあります。

これら荒瀬ダムと営農を組み合わせて、見学会を実施することも可能ですので、ご検討頂ければ幸いです。

さらに、直接学校に出向いて本事業やダム、水の重要性などを出前講座、出前授業も実施していますので下記連絡先までお気軽にご相談ください。(随時、受付を行っています。)


【ご相談・お申込み方法】
下記連絡先までご連絡(電話・メール・FAX等)頂ければ、ご相談(日程調整、見学会・出前講座・授業の内容等)させて頂きます。(随時、受付を行っています。)

見学会・出前講座等の開催日は、平日、土日、祝日いつでも結構です。

      連絡先:肝属中部農業水利事業所工事第一課
          住所  : 〒893-0015 鹿屋市新川町597
          TEL   : 0994-40-9033
          FAX   : 0994-40-0098

お問合せ先

九州農政局 肝属中部農業水利事業所

〒893-0015 鹿児島県鹿屋市新川町597
TEL:0994-40-9033
FAX:0994-40-0098