このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

余多揚水機場 瓦メッセージイベントを開催しました。

   1月26日(土曜日)、1月31日(木曜日)、2月4日(月曜日)に余多ふれあい公園、沖永良部高校において余多揚水機場の建設を記念した瓦メッセージイベントを開催しました。  このイベントは今年3月の余多揚水機場の完成を記念し、地域住民や沖永良部高校の生徒たち、関係機関のみなさまに、この施設の屋根に使用される瓦の裏面に島の農業や地下ダム事業、自分自身についてのメッセージを残してもらうという企画です。
    余多揚水機場は、地下ダムで貯留し、集水井でくみ上げた用水を大山吐水槽までポンプアップする施設であり、いわば当事業の「心臓」の役割を果たす重要な施設です。また、当事業では地下ダム止水壁やパイプラインのように地中に建設される施設が多い中、余多揚水機場は地上に建設され、普段目にすることができる数少ない施設でもあります。
    1月26日(土曜日)には、余多集落にある余多ふれあい公園で地域住民や工事関係者、関係機関職員ら100人以上が、1月31日(木曜日)、2月4日(月曜日)には、沖永良部高校の全校生徒約300人がこのイベントに参加し、将来の夢や島の未来、地下ダム事業への期待など、思い思いのメッセージを瓦に残してくださいました。
    メッセージの中には、「地下ダムの水を利用して農業に励みたい」「地下ダムの潤いで農産物生産拡大!」など、地下ダムへの思いを綴ったものも多く見受けられ、改めて地域からの地下ダム事業への期待を感じることができました。これらの瓦は、余多揚水機場の屋根瓦として長年に渡って使用されますが、事業所としても、瓦にいただいたメッセージを励みに、地下ダムの水を少しでも早く届けられるよう頑張っていきたいと思います。

 

 1月26日(土曜日)  余多ふれあい公園でのイベント風景

2013瓦01   2013瓦02
2013瓦03   2013瓦04 2013瓦05 

 

  1月31日(木曜日),2月4日(月曜日)  沖永良部高校でのイベント風景

2013瓦11   2013瓦12
2013瓦13  2013瓦14 

 

瓦の据付けが進む余多揚水機場(2月8日時点)

2013瓦揚水機場 

お問合せ先

沖永良部農業水利事業所
担当者:調査設計課
ダイヤルイン:0997-93-1850
FAX:0997-93-0408