このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

地域の小学生が地下ダム探検隊(環境学習会)に参加しました。

平成3088日(水曜日)に、沖永良部島で一番大きい「余多川」にかかる下田橋で当事業所主催の環境学習会を開催しました。知名町からは知名・住吉・上城小学校、和泊町からは和泊、国頭小学校の56年生、合計31名が地下ダム探検隊として、国営地下ダム事業、その周辺の自然環境や生きものについて学びました。地下にダムを作る理由やその方法、キバラヨシノボリやエラブマイマイといった貴重な生きもの、彼らを守るために工夫した工事を中心にお話しさせていただきました。



 地下ダムについての説明風景です  キバラヨシノボリの観察風景
地下ダムと生きものについて学ぶ様子 キバラヨシノボリを観察する様子
   
 余多川の生きものを観察する様子  地下ダム探検隊の集合写真です
余多川の生きものを観察する様子 集合写真

 

環境学習会の後に、小学校の皆さんにご協力いただいたアンケートでは、ほとんどの方が、キバラヨシノボリやエラブマイマイといった貴重な生きものを初めて知ったとのことで、今後、島の環境について身近に考えていただく良いきっかけになったのではないかと思いました。


 キバラヨシノボリの認知度に関するアンケート結果です  エラブマイマイの認知度に関するアンケート結果です
   
キバラヨシノボリの画像です エラブマイマイの画像です
(参考:キバラヨシノボリ)
(参考:エラブマイマイ)



また、約半数の方が、地下ダムの存在は知っていたものの、その水の使い道はあまり知らなかったとのことで、今後も気を引き締めて事業PRに努めようと思いました。


 地下ダムの認知度に関するアンケート結果です  地下ダムの水利用の認知度に関するアンケート結果です

 

お問合せ先

沖永良部農業水利事業所

担当者:調査設計課
ダイヤルイン:0997-93-1850
FAX番号:0997-93-0408

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader