このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

農業用水施設の役割

農業は食べものをつくり、環境をつくる 

    日本の農業は、「安心安全な食べものをつくる」という重要な役割だけでなく、古くから自然環境を保全し、さらには伝統文化も育んできています。これは、自然と共生し農業を発展させてきた日本ならではの、農業のもう一つの顔とも言えます。これを「農業の多面的機能(ためんてききのう)」と呼んでいます。
    たとえば水田は、水をため、洪水や土砂崩れを防止し、ゆっくりと水を地下へしみこませ、地下水も蓄(たくわ)えています。そして水や空気もきれいにし、生きものを育み、気温も調整します。そんな美しい農村の風景は、わたしたちの心をなごませてくれ、教育や教養の場としても大きな役割を果たしています。
    もし、食べものを海外からの輸入に丸ごと頼ってしまったら……。水不足や洪水など生活環境は崩れ、いのちが脅(おびや)かされることになります。多面的機能は、農業がこれまでもこれからも維持されてこそ、発揮される働きであることを忘れてはなりません。

農業における効果

農業の多面的機能をお金に換算すると 

項目

評価額

洪水を防ぐ

3兆4,988億円/年

川の水の量を安定させる

1兆4,633億円/年

雨水を地下水として蓄える

537億円/年

土が流れ出すのを防ぐ

3,318億円/年

土砂崩れを防ぐ

4,782億円/年

水をきれいにする

123億円/年

暑さをやわらげる

87億円/年

旅行など心の安らぎをもたらす

2兆3,758億円/年

(参考)農業の総産出額(2002年)

8兆9,261億円/年

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader