このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

わな通知機の製作事例

1.開発の経緯

 近年、鳥獣対策の一環で使用される各種わなのIoT化が進んでいます。
 理由は捕獲に従事されている方々の高齢化や、農業等を主に営まれている方の見回り等の労力軽減です。
 しかし、鳥獣対策関係者からは、高価なため導入が難しいとの意見もありました。
 このことから、九州農政局職員が市販の機器を組み合わせて、安価なわな通知機を試作しました。
現在、「くまもと☆農家ハンター」様のご厚意で実証試験を行っています。
 まだまだ、改良改善中ですが、本事例が少しでも労力軽減やコスト削減のお手伝いが出来ればとの思いから、公開することとしました。

wana_tsu

2.開発した機器について

1.イギリス発祥の教育用マイコンのラズベリーパイを使用した機器
    IoTの学習入門として資料も豊富で、施設栽培の環境制御などにも応用されています。

raspberry_pi_zero_w

2.SORACOM LTE-M Button powered by AWSを使用した機器
    株式会社ソラコムの同製品のボタン操作をわなに連動させたもの。

LTE-M

添付資料

お問合せ先

農村振興部農村環境課

担当者:鳥獣被害対策係
代表:096-211-9111(内線4666)
ダイヤルイン:096-300-6442
FAX番号:096-211-9812