ホーム > 生産 > 強い農業づくり交付金等 > 平成17年度広域連携等産地競争力強化支援事業交付決定地区(九州)


ここから本文です。

平成17年度広域連携等産地競争力強化支援事業交付決定地区(九州)

平成17年度広域連携等産地競争力強化支援事業交付決定地区(九州)

  事業種類 都道府県名
市町村名
事業実施主体名 対象作物・施設名 取組概要 投資効率
(注)
予定事業費
(千円)
交付決定年月日
  うち国費
(千円)
1 産地・消費者サイド広域連携事業 長崎県南有馬町 ながさき南部高品質トマト生産組合 野菜(トマト)
生産技術高度化施設
低コスト耐候性ハウス5棟
11,103.5m2
取引先のニーズに対応し、出荷期間を延長するため、台風襲来期に耐え得る低コスト耐候性ハウスを整備し、県外の実需者(東京都、神奈川県、兵庫県等の外食産業や生協、中間流通業者)と契約取引の拡大を行う生産者と実需者が結びついた県域を越えた広域的な取組。 1.22 95,550 47,775 平成17年6
月29日
2 高モデル・先進型事業 佐賀県小城市 佐城農業協同組合 穀類乾燥調製貯蔵施設
貯留乾燥ビン
荷受設備
集排じん設備増設
人工衛星画像を用いた品質予想システムの導入による米のタンパク質含有量の推計と、この推計値を用いた品質仕分けを実施する。また、県内の実需者と結びついたパン用小麦の導入を図る 1.11 327,705 156,050 平成17年 9
月26日
3 高モデル・
先進型事業
宮崎県都城市 都城農業協同組合 肉用牛(繁殖牛)
家畜飼養管理施設10棟
管理棟兼倉庫1棟
飼料倉庫1棟
堆肥舎3棟
発情発見装置一式
家畜排泄物処理機械一式
飼料調整用機械一式
農協が新規就農者等の初度的資金投資の軽減及び新規就農者の肉用牛飼養技術の高度化、平準化を図るため、自己所有地に低コストの開放式共同利用牛舎を整備する。
これと併せて粗飼料多給型の飼養管理と統一した子牛生産マニュアルに基づく飼養管理を行うことによって、市場性の高い斉一性に優れた子牛生産の普及・定着を通じ、地域の肉用牛生産の安定的な発展に資する。
1.09 160,477 76,118 平成17年 12
月27日
注:投資効率については、「強い農業づくり交付金及び農業・食品産業競争力強化支援事業における費用対効果分析の実施について」
(平成17年4月1日付け16生産第8452号総合食料局長・生産局長・経営局長通知)にて算出している。

お問い合わせ先

生産部生産振興課
担当者:地域指導官
代表:096-211-9111(内線4440)
FAX:096-211-9745

九州農政局案内

リンク集