このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

再生可能エネルギーの導入の促進

私たちの身のまわりには、土地や水、風、熱、生物資源等が豊富に存在しています。有限でいずれは枯渇する化石燃料などと違い、これらは、自然の活動などによって絶えず再生・供給されており、環境にやさしく、地球温暖化防止にも役立つものとして注目を集めています。
農山漁村において、これらのエネルギー(太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスなど)を積極的に有効活用することで、地域の所得の向上等を通じ、農山漁村の活性化につなげることが可能となります。
農林水産省は、再生可能エネルギーの導入を通じて、農山漁村の活性化と農林漁業の振興を一体的に進めていきます。

貢献するSDGs

ロゴをクリックすると目標ごとの解説ページにリンクします。

SDGsのロゴ 目標07のロゴ 目標09のロゴ 目標11のロゴ 目標12のロゴ 目標13のロゴ

1. お知らせ(農林水産省へリンク)

2. 農山漁村における再生可能エネルギー発電をめぐる情勢

農山漁村における再生可能エネルギーの現状や導入拡大に向けた課題等をまとめています。

3. 農山漁村再生可能エネルギー法

平成25年11月に農山漁村再生可能エネルギー法(農林漁業の健全な発展と調和のとれた再生可能エネルギー電気の発電の促進に関する法律)が成立し、平成26年5月1日に施行されました。

< 基本計画作成の取組状況 >

九州では6県21市町村が農山漁村再生可能エネルギー法に基づく基本計画を策定しています。(平成31年3月末現在)

< 農山漁村再生可能エネルギー法Q&A >

このQ&Aの内容については、法の施行状況を踏まえ変更される場合があります。あらかじめ御了承ください。

4. 農山漁村における再生可能エネルギーの取組事例 NEWアイコン

農山漁村に豊富に存在する太陽光、風力、小水力、地熱、バイオマスといった未利用の資源を活用した再生可能エネルギーの取組事例を紹介します。

5. 再生可能エネルギーの導入促進のための支援策等

再生可能エネルギーの導入促進のための支援策等を紹介します。

< 各自治体による再生可能エネルギーの導入促進施策等 >

九州の各自治体による再生可能エネルギーの導入促進施策等については、以下のリンク先をご参照下さい。

6. 関連情報

お問合せ先

経営・事業支援部食品企業課

担当者:岩永、宮嶋
代表:096-211-9111(内線4994)
FAX番号:096-211-9825

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader