ホーム > 食料産業 > 東京電力福島第一原子力発電所事故に係る諸外国への食品等の輸出に関する証明書発行について


ここから本文です。

更新日:平成28年12月7日

担当:経営・事業支援部地域連携課

東京電力福島第一原子力発電所事故に係る諸外国への食品等の輸出に関する証明書発行について 

平成23年3月11日に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故による、諸外国・地域が実施している輸入規制に伴う、日本から食品等を輸出する際に必要な証明書についての情報を掲載しています。

日本から食品等を輸出する際に必要な証明書の発行手続きについては、農政局(一部支局)のほか、各県の農林水産担当部局(水産物)及び国税局(酒類)で行っています。

輸出証明申請窓口についてのお知らせNEW

輸出証明申請窓口は、平成28年12月29日(木曜日)から平成29年1月3日(火曜日)までの期間、お休みいたします。そのため、年末年始は混雑が予想されますので、早期申請にご協力ください。

なお、年内に輸出証明書の発行を希望される場合は、平成28年12月21日(水曜日)までに申請をお願いいたします。

輸出食品等に関する証明申請書のインターネットによる申請手続きについて

オンライン申請を利用頂くには、事前の登録が必要です。  

1.利用誓約書兼申請書:輸出証明書発行システム利用誓約書兼申請書 (ワード:25KB)

     ※事業者登録済みの場合:様式3  輸出証明書発行システム登録事項変更届出書(ワード:79KB)

2.委任を受けて申請を行う場合:委任状(ワード:23KB) 

3.確認書類

    上記の様式にご記入のうえ、郵送をお願いします。登録が完了しますとメールにてユーザーIDと仮パスワードが付与され、輸出証明書発行システムがご利用頂けます。

    (利用誓約書兼申請書を事前にメール等で送付頂くと提出前に記載内容の確認を行います。)

 

食品等の輸入に関する協議が完了した国、地域

EU、EFTA(スイス、リヒテンシュタイン、ノルウェー、アイスランド)、シンガポール、韓国、マレーシア(※平成25年3月1日以降規制解除)、タイ、ブラジル、仏領ポリネシア、中国、モロッコ、香港、エジプト、ブル  ネイ、アラブ首長国連邦(ドバイ首長国、アブダビ首長国)、ロシア、サウジアラビア、バーレーン、オマーン  【平成27年2月1日現在】

輸出先国別の対象品目、規制内容

九州農政局及び福岡支局で申請を受け付ける対象品目・地域

 九州農政局の受付対象品目等

        (詳しくは、九州農政局地域連携課(TEL : 096-211-9334) までお問い合わせ下さい。)     

福岡支局の受付対象品目等

        (詳しくは、福岡支局(TEL: 092-271-5598)までお問い合わせ下さい。) 

 申請窓口

 九州農政局

〒860-8527 熊本県熊本市西区春日二丁目10番1号 熊本地方合同庁舎(5階)

九州農政局経営・事業支援部地域連携課(輸出証明担当)

TEL:096-211-9111(内線:4379、4385、4513、4518)、FAX:096-211-9912

(窓口受付:平日9時00分~17時00分) 

 福岡支局

〒812-0018 福岡県福岡市博多区住吉3-17-21

九州農政局福岡支局(輸出証明担当)

TEL:092-281-8261(代表)、FAX:092-281-3202

(窓口受付:平日9時00分~17時00分) 

水産物に関する輸出証明書の申請及び問い合わせ

水産物については、水産庁加工流通課にお問い合わせください。

諸外国向け水産物の輸出に関する証明書の発行について申請窓口一覧(水産庁へリンク)

酒類に関する輸出証明書の申請窓口

酒類については、九州農政局では証明書の申請受付、発行を行っておりません。

製造場所等の所在地を所管する国税局酒税課にお問い合わせください。

酒類を輸出する酒類業者の皆様へ (国税庁へリンク)

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域連携課(輸出証明担当)
代表:096-211-9111(内線:4379、4385、4513、4518)
FAX:096-211-9912

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

九州農政局案内

リンク集