このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

スマート農業

ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業を実現

1.九州農政局管内のスマート農業取組事例

少子高齢化が進行する中で、農業現場においても担い手の減少・高齢化が進行し、人手不足が深刻化している状況にあります。このような農業現場の抱える問題を克服し、農業の競争力を強化していく上で、ロボット技術やICT等の先端技術の活用といったスマート農業の導入により、農作業の省力化・軽労化や、生産性の飛躍的向上を図ることが重要であると考えます。
このため、九州農政局では地方で初めて独自に、スマート農業の現場への一層の普及・実装に資するよう農業現場における農業者のスマート農業の取組みを知っていただくことを目的に、九州農政局管内でスマート農業に取組んでおられる農業者の協力・理解をいただいた上で「九州農政局管内のスマート農業取組事例」として取りまとめました。
なお、「九州農政局管内のスマート農業取組事例」は、随時追加・更新していく予定です。

☆☆ 九州農政局管内のスマート農業取組事例 ☆☆

     全体版(PDF : 4,374KB)
     分割版1(PDF : 1,162KB)
     分割版2(PDF : 1,631KB)

2.スマート農業推進フォーラム(九州ブロック)

ロボット技術やICTについて広く普及を図ることを目的に、ICTやロボット技術等のスマート農業製品を提供している民間企業と実際に活用している農業者や先進的な取組みを行っている自治体からの取組紹介のほか、民間企業による技術・製品情報のポスター展示及びアシストスーツの実機展示を行う「スマート農業フォーラム」を、地方では初めて開催しました。

スマート農業推進フォーラム

3.九州スマート農業技術情報連絡会議

ロボット、AI、Iotなどの先端技術を活用した「スマート農業」の農業現場への普及・定着を目的に、スマート農業を実証している農業者や、九州の各県庁、研究機関の連携体制を構築する「九州スマート農業技術情報連絡会議」を創設しました。
また、農業者や普及に携わる方々等に身近にスマート農業を「見られる・試せる・体験できる」場を提供し、スマート農業の社会実装を推進するため、現場を直接見られる「九州ブロック版スマート農業サミット」を開催しました。 

九州スマート農業技術情報連絡会議発足式

九州スマート農業技術情報連絡会議」現地研修会(九州ブロック版スマート農業サミット)

第2回九州スマート農業技術情報連絡会議 NEWアイコン

4.農林水産省「スマート農業」ホームページへ

お問合せ先

九州農政局生産部生産技術環境課

担当者:園屋、今廣、藤原
ダイヤルイン:096-300-6266
FAX番号:096-211-9745

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader