このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

消費・安全対策交付金

   わが国において、将来にわたり安全な食料の安定供給を確保していくためには、国民の健康の保護を最優先としつつ、食料供給の各段階において、科学的知見に基づく適切なリスク管理の取組や、伝染性疾病・病害虫の発生予防・まん延防止による食料の安定供給体制の整備等を、地域の農林水産業や食品流通等の実態に応じて機動的かつ総合的に実施していく必要があります。
   消費・安全対策交付金は、このような観点に立って、各地域が、それぞれの実態に応じた目標を明確にした上で、その自主性・独創性を発揮しながら推進する総合的な取組を支援し、もって、わが国の食品の安全と消費者の信頼の確保及び食料安全保障の確立、さらには国内農林水産業及び食品関連産業等の健全な発展に資するものとしています。

1.食の安全・消費者の信頼確保対策の総合的な推進
  (1)都道府県等は、次の各分野について、地域の実態を踏まえて具体的な目標を設定し、その目標を
    達成するために必要な
事業を総合的に実施します。
      ・農畜水産物の安全性の向上
      ・食品トレーサビリティの普及
      ・家畜や作物の伝染性疾病・病害虫の発生予防、まん延防止
  (2)交付率  定額(10 /10、9 /10、1 /2、1 /3 以内)
  (3)事業実施主体  都道府県、市町村、農業者団体、水産業協同組合、商工会等

2.消費・安全対策交付金実施要綱等(農林水産省HPへリンク)

3.事後評価
      九州農政局では、消費・安全対策交付金実施要綱第7の3の規定に基づき、管内各県から提出のあった
   交付金事業に係る成
果報告書の事後評価することとなっており、以下により実施しました。
  (1)「A評価」
      事業実施計画に基づき実施され、成果目標を達成、もしくは ほぼ達成(成果目標の80%以上)。
  (2)「B評価」
      事業実施計画に基づき実施され、成果目標の達成度が50%以上~80%未満。
  (3)「C評価」
      事業実施計画に基づき実施されたにもかかわらず、成果目標の達成度が50%未満。
  (4)「総合評価」
      各事業の評価結果を踏まえて、評価。

4.事後評価に係る消費・安全対策交付金実施要綱
     ・要約版

5.過去の評価結果
  (1)平成28年度「事後評価」実施分(平成27年度実施推進交付金)
  (2)平成27年度「事後評価」実施分(平成24年度実施整備交付金、平成26年度実施推進交付金)
  (3)平成26年度「事後評価」実施分(平成23年度実施整備交付金、平成25年度実施推進交付金)
  (4)平成25年度「事後評価」実施分(平成22年度実施整備交付金、平成24年度実施推進交付金)
  (5)平成24年度「事後評価」実施分(平成21年度実施整備交付金、平成23年度実施推進交付金)
  (6)平成23年度「事後評価」実施分(平成20年度実施整備交付金、平成22年度実施推進交付金)
  (7)平成22年度「事後評価」実施分(平成19年度実施整備交付金、平成21年度実施推進交付金)
  (8)平成21年度「事後評価」実施分(平成18年度実施整備交付金、平成20年度実施推進交付金)

お問合せ先

消費・安全部安全管理課

担当者:自然毒管理係
代表:096-211-9111(内線4288)
ダイヤルイン:096-300-6170
FAX番号:096-211-9700

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader