ホーム > 消費・安全 > 九州の食育のひろば > 食事バランスガイド


ここから本文です。

食事バランスガイド

食事バランスガイドとは? 

「食事バランスガイド」は、望ましい食生活についてのメッセージを示した「食生活指針」を具体的な行動に結びつけるものとして、1日に「何を」「どれだけ」食べたらよいかの目安を分かりやすくイラストで示したものです。厚生労働省と農林水産省により平成17年6月に決定されました。

 

         「食事バランスガイド」の作成にあたっては日本人の食事摂取基準(2005年版)を参照しています。この度、日本人の食事摂取基準(2010年版)が策定されたことから「食事バランスガイド」の一部が変更されました。

 

 

九州版食事バランスガイド  

「九州版食事バランスガイド(うまかバランスガイド)」は、豊かな自然を生かした多様な農林水産業が営まれ、全国的にも有名な特産品や郷土料理・伝統食がある九州の特性を生かし、「何」を「どれだけ」食べればよいかを、分かりやすくコマの形で表したものです。

食事バランスガイドキュウちゃん シュウ君

 

地域版食事バランスガイド

 

九州の郷土料理、食材

九州版コマ

 

セミナー等 

 「食事バランスガイド」活用セミナー 

九州農政局では、地域で食生活改善の取組を行っている栄養士・食改協推進員・行政等の食育推進リーダー等を対象に、日頃の取組の中に「食事バランスガイド」を活用するメリットや有効な手法等に関する情報を提供し、普及にあたって課題等についての意見交換を通して、より効果的な「食事バランスガイド」の活用を促すことを目的に同セミナーを開催しました。

開催日時:平成22年3月16日(火曜日)13時00分~16時50分
場所:崇城大学市民ホール 大会議室
参加者:九州管内の栄養士、学校栄養職員、企業、行政機関等91名

基調講演
テーマ: 「食事バランスガイド」の可能性を考える」(PDF:262KB) 
              ~「食事バランスガイド」の活用で、健康と食料自給率の向上を~
講師:針谷 順子 氏(高知大学名誉教授、NPO法人食生態学実践フォーラム副理事長)

事例発表
「食事バランスガイド」活用に当たっての有効な取組 
      城田 知子 氏(中村学園大学名誉教授)(PDF:234KB)
      肘井 千賀 氏(財団法人福岡市健康づくり財団)(PDF:245KB)
      飯干 麻子 氏(宮崎県日向保健所)(PDF:264KB)
      今村 かをる 氏(熊本県栄養士会宇城支部)(PDF:284KB)

パネルディスカッション
      パネリスト        城田 知子 氏
                                肘井 千賀 氏
                                飯干 麻子 氏 
                                今村 かをる 氏
オブザーバー        針谷 順子 氏
コーディネーター   北野 博則 (九州農政局消費・安全部 消費生活課)
パネルディスカッションの内容(PDF:540KB)

 

お問い合わせ先

経営・事業支援部地域食品課
担当者:食育推進班
代表:096-211-9111(内線4359)
FAX:096-211-9912

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

九州農政局案内

リンク集