このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

「第3回全国子ども和食王選手権」全国大会における九州の受賞者について

   
   平成30年12月16日(日曜日)、日本科学未来館(東京都江東区)において「第3回 全国子ども和食王選手権」全国大会が開催されました。
 全国子ども和食王選手権は、日本の伝統的な食文化である「和食」やふるさとの「郷土料理」に対して、子ども達の強い関心と理解を育むことを目的に、小学校1年生~3年生はお絵かきを通して、小学校4年生~6年生はチームで協力しながらお絵かきまたは写真撮影や、和食の知識や技を競う体験を通して、日本の食文化に対する認識を深め、その普及を推進しており、農林水産省が平成28年から開催しています。
hyoudai

【和食王部門】 調査力賞に輝きました   

 
九州・沖縄ブロック代表として出場した川﨑壮太さん、北野 佑さん、玉置智沙さん(佐賀県佐賀市立兵庫小学校)が、「郷土料理で一汁三菜~佐賀の彩り郷土和膳」を紹介し、実技、クイズ、出汁あてクイズ、豆運びに奮闘した様子を紹介します。

☆「郷土料理で一汁三菜~佐賀の彩り郷土和膳」を祖父母と孫に扮して紹介しました。

   プレゼン030401  無題プレゼン2  プレゼン3



☆和食に関するクイズ(五味、旬の野菜や器の作法等)が5問出題され、各チーム2名で相談して答えました。
クイズ1  kuizu2  kuizu3  kuizu23
       

 

kuizu4   kuizu5
汁椀のふたをとったらどのように置きますか?      何の木でしょうか?

    

☆実技をまじえたクイズ・・・プロの調理人が子どもたちの前で鮮やかな包丁さばきを披露した後、その切り方の呼び名が出題されました。各チーム2名で相談して答えました。
jitsugi1  jitsugi2  jitsugi3 


☆出汁あてクイズ・・・3つの出汁(昆布出汁、かつお出汁、カツオと昆布の合わせ出汁)を飲み比べて合わせ出汁を当てる出題でした。各チーム2名が出汁を飲んで相談して回答しました。
dashi1  dashiate2


☆豆運び・・・30秒間で、皿に入っている大豆を箸でつまみ、となりの椀の穴にきちんと運ぶゲームでした。各チームから2名がそれぞれ運んだ大豆の合計点で競いました。
mame1  mame2  mame3

 

表彰式の様子

H1  H2 
今回は調査力賞に輝きましたが、来年度は小学校6年生として、優勝にあたる「和食王」を目指して再度エントリーするとのことでした。


【和食お絵かき部門】

九州・沖縄ブロック金賞・銀賞・銅賞の作品です。

oekaki2 oekaki3 oekaki4
   金賞「大好き熊本」
熊本県熊本市立日吉小学校1年
岡 紬葵さん
   銀賞「アラカブの煮付け」
長崎県南島原市立口之津小学校3年
村田翔太郎さん

   銅賞「宮ざきといったらやっぱりひやじる!」
宮崎県綾町立綾小学校3年
松本ひなたさん

 

金賞の 岡 紬葵さんの表彰式の様子

ehyoushou       oekaki1

その他

finishu
                集合写真



第3回全国子ども和食王選手権(外部リンク) 

 

お問合せ先

経営・事業支援部 地域食品課

担当者:吉村、坂口
代表:096-211-9111(内線4359)
ダイヤルイン:096-300-6354
FAX番号:096-211-9825

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader