このページの本文へ移動

九州農政局

メニュー

消費者の部屋特別展示「家畜改良と飼料作物種子の増殖」(11月27日~12月8日)を開催中

九州農政局「消費者の部屋」では、食料・農業・農村に関する施策の情報提供や普及・啓発を行っています。今回は、「家畜改良と飼料作物種子の増殖」をテーマに家畜改良センター熊本牧場の特別展示を実施しますので、是非ご来場ください。

1 テーマ

「家畜改良と飼料作物種子の増殖」

2 趣旨

家畜改良センターは乳牛、肉牛、鶏、豚の育種改良や飼料作物種子の増殖を行っています。「消費者の部屋」では、家畜改良センターが行っている家畜の育種関連技術や飼料作物種子の原種生産のしくみ、海外増殖する際に必要となるOECD種子品種証明制度、牛のトレーサビリティ制度をご紹介します。また、実際の飼料イネの現物や牛の耳標の展示を行います。

3 開催期間

平成29年11月27日(月曜日)~12月8日(金曜日)8時30分~17時15分(土日、祝日を除く)
ただし、展示初日は13時00分からです。

4 場所

「九州農政局消費者の部屋」展示コーナー

熊本市西区春日2丁目10番1号(熊本地方合同庁舎A棟1階)

  • JR熊本駅から徒歩5分
  • 電停二本木口から徒歩2分
  • 熊本交通センターから車10分
    アクセス

九州農政局へのアクセスはこちら>>

5 内容

(パネル等展示やパンフレットの配布)

  • 家畜改良センター各牧場の位置と業務概要
  • 肉質評価技術や家畜の遺伝子関連育種技術の開発
  • 乳用牛と肉用牛と豚と鶏の改良と成果について
  • 熊本牧場でのあか牛の改良方法
  • 牛肉のトレーサビリティ制度~どこで生まれて、どこで育った牛なのか分かります~
  • 牛個体識別全国データベースの利活用
  • 実際の飼料用イネの現物展示や品種別穂の比較展示                               など
家畜改良と飼料作物種子の増殖1家畜改良と飼料作物種子の増殖2

 6 フードパル熊本特別展示のお知らせ

フードパル熊本「熊本市食品交流会館」にて、以下のとおりパネル展示を行いますので、是非ご来場ください。

  1. 展示期間:平成29年11月27日(月曜日)~12月8日(金曜日)
                   ただし、展示初日は13時00分から、展示最終日は12時00分までとなります。
  2. 展示場所:フードパル熊本「熊本市食品交流会館」ロビー
    〒861-5535 熊本市北区貢町581-2 電話:096-245-5630
    フードパル熊本へのアクセスはこちら>>【外部リンク】
  3. 家畜改良センターは乳牛、肉牛、鶏、豚の育種改良や飼料作物種子の増殖を行っています。。「消費者の部屋」では、家畜改良センターが行っている家畜の育種関連技術や飼料作物種子の原種生産のしくみ、海外増殖する際に必要となるOECD種子品種証明制度、牛のトレーサビリティ制度をご紹介します。
家畜改良と飼料作物種子の増殖3家畜改良と飼料作物種子の増殖4

お問合せ先

消費・安全部消費生活課
担当者:永末
代表:096-211-9111(内線4221)
ダイヤルイン:096-300-6123
FAX:096-211-9700

独立行政法人家畜改良センター熊本牧場
担当者:山岡
電話:0968-84-3660

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader