このページの本文へ移動

動物医薬品検査所

文字サイズ
標準
大きく
メニュー

愛玩動物薬剤耐性(AMR)調査に関するワーキンググループの検討結果の概要

薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン(2016-2020)(国際的に脅威となる感染症対策関係閣僚会議(平成28年4月5日))の取組目標の達成のため、「愛玩動物における薬剤耐性に関する動向調査」を行うにあたり、対象動物、対象菌種、調査対象薬剤等に関する有識者の意見を聴くために、平成28年9月に「愛玩動物薬剤耐性(AMR)調査に関するワーキンググループ(以下「ワーキンググループ」という。)を動物医薬品検査所に設置しました。
ワーキンググループを平成28年度に3回開催し、取りまとめられた意見は以下のとおりです。農林水産省としては、ワーキンググループで取りまとめられた意見を参考にして、今後、愛玩動物分野の薬剤耐性調査を開始することとしています。

愛玩動物薬剤耐性(AMR)調査に関するワーキンググループの検討結果の概要

実施日時:
平成28年12月8日(第一回会合)14時00分~16時00分
平成29年1月25日(第二回会合)13時30分~16時30分
平成29年3月30日(第三回会合)13時30分~16時30分

委員:田村 豊委員(座長;酪農学園大学 教授)、石丸 雅敏委員(日本動物用医薬品協会 参与)、大木 麻生委員(富士フイルムモノリス株式会社)、境 政人委員(日本獣医師会 専務理事)、原田 和記委員(鳥取大学 准教授)、村田 佳輝委員(むらた動物病院 院長)

1. 調査対象動物

イヌ及びネコ

2. 調査対象薬剤

(1)グラム陰性菌;現在のJVARM対象薬剤(アンピシリン、セファゾリン、セフォタキシム、ストレプトマイシン、カナマイシン、ゲンタマイシン、テトラサイクリン、クロラムフェニコール、コリスチン、ナリジクス酸、シプロフロキサシン、スルファメトキサゾール+トリメトプリム)に、セファレキシン、イミペネムまたはメロペネムを追加する。

(2)グラム陽性菌;現在のJVARM対象薬剤(アンピシリン、ストレプトマイシン、ゲンタマイシン、エリスロマイシン、テトラサイクリン、クロラムフェニコール、ナリジクス酸、シプロフロキサシン)に、セファレキシン、セフメタゾール、アジスロマイシン又はクラリスロマイシンを追加する。

3. 薬剤感受性試験方法

微量液体希釈法

4. サンプリング地域

可能な限り全国から偏りなく収集する。

5. サンプリング方法

(1)病気動物由来株

1)サンプリングスキーム

ア  モニタリング体制としては、原則として、動物専門の検査機関を通じて、次項の対象菌株を収集することが適当と考えられる。なお、原則として1株/菌種/病院としてサンプリングする。

イ  収集された菌株については、追加解析のために保存する。

2)菌種・採材部位・株数・実施頻度

  優先順位 菌種 採材部位 菌株数/年
イヌ ネコ
グラム陰性菌 (1)
(2)
(3)
(4)
(5)(6)
Escherichia coli
Klebsiella属菌
Enterobacter属菌
Pseudomonas aeruginosa
Proteus mirabilis
Acinetobacter属菌*
尿・生殖器
尿・生殖器
尿
尿・耳
尿・耳
尿・皮膚
100
100
100
100
100
50
100
100
100
100
100
50
グラム陽性菌 (1)

(2)
コアグラーゼ陽性Staphylococcus属菌
S. aureus, S. pseudintermedius 他)
Enterococcus属菌
E. faecalis, E. faecium 他)
尿・皮膚

尿・耳

100

100
100

100

 *Acinetobacter属菌は、分離頻度が低く、菌株が集まらない可能性があることから、各々、50株を目標とする。

サンプリングの対象菌種について、調査対象菌種の優先順位の高いEscherichia coli、コアグラーゼ陽性Staphylococcus属菌、Klebsiella属菌、Enterococcus属菌は毎年対象とし、優先順位の低いEnterobacter属菌、Pseudomonas aeruginosaProteus mirabilisAcinetobacter属菌については、ローテーションを組んで隔年又は数年ごとに実施する。

(2)健康動物由来株

1) サンプリングスキーム

ア モニタリング対象は、家庭で飼育されている健康なイヌ及びネコとし、ワクチン接種等の際に直腸スワブ等を採取して菌分離を行う。

イ サンプル収集の際には、飼い主から、口頭又は書面によるインフォームドコンセント(同意書)を得ることが必要と考えられる。

ウ 収集された菌株については、追加解析のために保存する。

2) 菌種・採材部位・株数・実施頻度

Escherichia coli及び、可能であれば腸球菌(Enterococcus faecalis及びE. faecium)も含めて、直腸スワブサンプル等からそれぞれ各調査年100株以上を目標として1株/菌種/病院として収集する。調査の実施頻度は数年に1回程度とする。