このページの本文へ移動

動物医薬品検査所

文字サイズ
標準
大きく
メニュー

薬剤耐性菌のモニタリング Monitoring of AMR 

(1)家畜分野での薬剤耐性菌のモニタリング

農林水産省では、家畜分野での薬剤耐性菌の全国的なモニタリングである、JVARM(Japanese Veterinary Antimicrobial Resistance Monitoring System、(家畜由来細菌の薬剤モニタリング)(JVARM English) を1999年より実施し、WHOの薬剤耐性菌の報告書(Antimicrobial resistance: global report on surveillance 2014)においてモニタリング事例の一つとして例示されており、世界的にも重要な情報を提供しています。JVARMは、主要な抗菌性物質に対する薬剤耐性菌の動向等を把握し、家畜に使用する抗菌性物質による人の健康と獣医療に対するリスク評価及びリスク管理の基礎資料を得ることを目的としたもので、

(2)人医療現場での薬剤耐性菌のモニタリング

(3)家畜分野と人医療現場での薬剤耐性菌の関連性

  • 2012年度より、JVARMとJANISとの連携について検討を進めています。
    2014年度までの調査[外部リンク]では、大腸菌について比較しましたが、人医療現場で分離されたものと家畜分野で分離されたもので薬剤耐性菌の傾向は異なっていました(食品安全委員会での発表資料)。
    JANISと比較できるようJVARMのデータから作成したアンチバイオグラムは以下のとおりです。
    JVARMで調査した大腸菌のアンチバイオグラム
    なお、現在、食品分野での薬剤耐性菌についてもデータベース化が検討されており、これとの連携についても検討していく予定です。

「薬剤耐性菌のモニタリング」のトップへ戻る

「薬剤耐性菌への対応」のトップへ戻る