このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除について

最終更新日:平成29年4月12日

植物防疫所では、ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の感染情報について、広く皆さまからの情報を求めています。

以下のバナーをクリックしていただき、情報収集にご協力をお願いします。
(バナーをクリックすると、このウイルスに感染した植物の写真や情報提供先がご覧いただけます。)

image

1.これまでの経緯

(1)平成21年4月、東京都青梅市のウメにおいて、モモやスモモなどの農作物に甚大な被害を与えるウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)による植物の病気の発生を国内で初めて確認。

(2)その後の調査で青梅市のほか、東京都あきる野市、八王子市、奥多摩町及び日の出町においても本病の発生を確認。

(3)本病のまん延を防止し、その根絶を図るため、植物防疫法に基づく「プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令」及び「プラムポックスの緊急防除に関する告示」において、東京都青梅市及び日の出町の全域並びにあきる野市、八王子市及び奥多摩町の一部地域を防除区域に指定し、防除期間を平成22年2月20日から平成27年3月31日として緊急防除を開始。

(4)緊急防除開始後、毎年、防除区域及びその周辺地域等で発生調査を実施し、その結果を踏まえ、下表のとおり防除区域を追加または除外。
なお、平成26年12月28日、防除期間を平成33年3月31日まで延長。

施行年月日 防除区域の追加 防除区域の除外
平成22年2月20日 東京都青梅市及び日の出町の全域並びにあきる野市、八王子市及び奥多摩町の一部地域 なし
平成23年2月10日 東京都あきる野市、八王子市、羽村市及び奥多摩町の一部地域 なし
平成24年3月3日 東京都あきる野市及び福生市の一部地域 なし
平成25年2月10日 東京都あきる野市の全域並びに昭島市、八王子市、羽村市及び福生市の一部地域並びに兵庫県尼崎市、伊丹市、川西市及び宝塚市の一部地域 なし
平成25年12月29日 東京都奥多摩町、大阪府富田林市及び兵庫県宝塚市の一部地域 なし
平成26年12月28日 愛知県犬山市の一部地域、大阪府富田林市の一部地域並びに兵庫県伊丹市及び宝塚市の一部地域 東京都八王子市美山町、元八王子町
平成28年3月6日 愛知県扶桑町の全域並びに一宮市、犬山市、江南市及び大口町の一部地域並びに大阪府河内長野市及び富田林市の一部地域 東京都昭島市昭和町、八王子市犬目町、丹木町、中野上町、中野町、楢原町、福生市牛浜、奥多摩町大丹波、兵庫県伊丹市中村、東桑津、宝塚市雲雀丘
平成29年2月24日 神奈川県横浜市、岐阜県各務原市、愛知県犬山市及び江南市の一部地域 東京都青梅市御岳山、あきる野市小中野、小峰台、戸倉、深沢、養沢、八王子市石川町、中野山王、奥多摩町海澤、白丸、兵庫県宝塚市平井山荘、山本台

(参考1)プラムポックスウイルス(ウメ輪紋ウイルス)とは(PDF:87KB)

2.緊急防除の内容

(1)緊急防除の内容

1)感染している、又は感染しているおそれがある植物については、抜根し、焼却等の適切な処理を行う。
2)ウメやモモなどの規制対象植物の生植物(種子及び果実を除く。)は、防除区域からの持ち出しを禁止。
ただし、植物防疫官による検査の結果、感染していないと認められたものは除く。

(2)規制対象植物(規制の対象となる植物)

サクラ属(サクラ節を除くウメ、モモ、スモモ、アンズ、ネクタリン、オウトウなど)、セイヨウマユミ、ナガバクコ、ヨウシュイボタの生植物(苗、切り花、切り枝など)
ただし、種子、生果実を除く。

(参考)緊急防除で規制の対象となる植物

3.防除区域(規制の対象となる地域)

下線部:平成29年2月24日に新たに追加された地域

東京都

  1. 昭島市:大神町(※1)、上川原町(※1)、田中町(※1)、拝島町、松原町、緑町、美堀町
  2. あきる野市:全域(小中野、小峰台、戸倉、深沢及び養沢を除く)
  3. 青梅市:全域(御岳山を除く)
  4. 八王子市:暁町、宇津木町、梅坪町、大谷町、尾崎町、上壱分方町、川口町、川町、久保山町、左入町、下恩方町、諏訪町、大楽寺町、高月町、滝山町、戸吹町、西寺方町、弐分方町、丸山町、みつい台、谷野町
    (石川町及び中野山王の規制は解除されました。)
  5. 羽村市:小作台、川崎(※2)、五ノ神(※2)、栄町、神明台、玉川、羽、羽加美、羽中、羽西、羽東、富士見平、緑ヶ丘
  6. 福生市:大字熊川(※3)、大字福生(※4)、加美平、北田園、志茂、東町、本町、南田園、武蔵野台
  7. 西多摩郡奥多摩町:梅澤、川井、小丹波、丹三郎、氷川
    (海澤及び白丸の規制は解除されました。)
  8. 西多摩郡日の出町:全域
(※1)東日本旅客鉄道青梅線以南の地域に限る。
(※2)都道249号線以西の地域に限る。
(※3)一般国道16号線以東で都道7号線以北の地域を除く。
(※4)一般国道16号線以東の地域並びに1846番から1865番まで、1958番から1974番まで、1981番及び1984番から1990番までを除く。

神奈川県

  1. 横浜市
    港北区:樽町一丁目、樽町二丁目、樽町三丁目、樽町四丁目、師岡町

    鶴見区:梶山一丁目、梶山二丁目、上末吉一丁目、上末吉二丁目、上末吉三丁目、上末吉四丁目、上末吉五丁目、北寺尾一丁目、北寺尾二丁目、北寺尾三丁目、北寺尾四丁目、北寺尾五丁目、北寺尾六丁目、北寺尾七丁目、駒岡一丁目、駒岡二丁目、駒岡三丁目、駒岡四丁目、駒岡五丁目、獅子ケ谷一丁目、獅子ケ谷二丁目、獅子ケ谷三丁目、下末吉一丁目、下末吉二丁目、下末吉三丁目、下末吉四丁目、下末吉五丁目、下末吉六丁目、諏訪坂、佃野町、寺谷一丁目、寺谷二丁目、豊岡町、馬場二丁目、馬場三丁目、馬場四丁目、馬場五丁目、馬場六丁目、馬場七丁目、東寺尾六丁目、東寺尾北台、東寺尾中台、三ツ池公園

岐阜県

  1. 各務原市:鵜沼朝日町、鵜沼大伊木町、鵜沼小伊木町、鵜沼羽場町(※)、鵜沼古市場町、鵜沼真名越町、前渡東町
(※)名古屋鉄道各務原線以南の地域に限る

愛知県

  1. 一宮市:浅井町江森、浅井町大日比野、浅井町尾関、浅井町河端、浅井町小日比野、浅井町西浅井、浅井町西海戸、浅井町東浅井、浅井町前野、瀬部
  2. 犬山市:犬山(※1)、大字前原(※2)、上坂町、上野、上野新町、郷西、木津、五郎丸、五郎丸東、天神町、中山町、羽黒(※3)、羽黒朝日、羽黒稲葉西、羽黒稲葉東、羽黒菊川、羽黒新田、羽黒新外山、羽黒摺墨、羽黒高橋、羽黒堂前、羽黒成海西、羽黒成海南、羽黒余町、橋爪、橋爪東
  3. 江南市:後飛保町、小杁町、鹿子島町、草井町、河野町、小脇町、慈光堂町、中般若町、般若町、藤ケ丘、前飛保町、宮田町、宮田神明町、村久野町、和田町
  4. 丹羽郡大口町:大字河北、河北、仲沖
  5. 丹羽郡扶桑町:全域
(※1)県道27号線との交点以西の県道183号線、その交点から県道186号線との交点までの県道27号線及びその交点以東の県道186号線以南の地域に限る。
(※2)新郷瀬川以西の地域に限る。
(※3)新郷瀬川以西の地域並びに新郷瀬川以東で県道188号線及び県道16号線以西の地域に限る。

大阪府

  1. 河内長野市:市町、木戸、木戸町(※1)、木戸東町、楠町西、楠町東、汐の宮町、千代田南町、松ケ丘中町、松ケ丘東町
  2. 富田林市:大字廿山(※2)、大字錦織、甲田、小金台、寿町、桜ケ丘町、新青葉丘町、新家、須賀、高辺台、谷川町、廿山、津々山台、寺池台、常磐町、錦織北、錦織東(※3)、錦ケ丘町、藤沢台、富美ケ丘町、宮甲田町、美山台
(※1)一般国道310号線以東の地域に限る。
(※2)府道202号線以南の地域に限る。
(※3)府道202号線以北の地域に限る。

兵庫県

  1. 尼崎市:常松、常吉、西昆陽、武庫町、武庫の里、武庫之荘、武庫元町、武庫豊町
  2. 伊丹市:荒牧、荒牧南、池尻、伊丹、鋳物師、梅ノ木、大鹿、大野、荻野、荻野西、奥畑、春日丘、北伊丹、北河原、北園、北野、北本町、行基町、鴻池、御願塚(※1)、昆陽、昆陽池、昆陽泉町、昆陽北、昆陽東、昆陽南、桜ケ丘、清水、下河原、鈴原町、千僧、高台、中央、寺本、寺本東、中野北、中野西、中野東、西台、西野、野間、野間北、東有岡、東野、平松、広畑、藤ノ木、船原、堀池、松ケ丘、瑞ケ丘、美鈴町、瑞原、瑞穂町、緑ケ丘、南鈴原、南本町、宮ノ前、山田
  3. 川西市:加茂、久代、栄根、下加茂、寺畑、花屋敷、東久代、南花屋敷
  4. 宝塚市:安倉北、安倉中、安倉西、安倉南、旭町、泉町、伊孑志(※2)、今里町、小林(※2)、金井町、亀井町、川面(※3)、清荒神、口谷西、口谷東、向月町、光明町、御所の前町、御殿山(※4)、寿町、小浜、末広町、高司、高松町、鶴の荘、東洋町、長尾町、中州(※5)、中筋、中筋山手、中山荘園、中山台、中山寺、平井、福井町、星の荘、米谷(※6)、三笠町、美座、南ひばりガ丘、美幸町、売布、売布東の町、山手台西、山手台東、山本中、山本西、山本野里、山本東、山本丸橋、山本南、弥生町
    (平井山荘及び山本台の規制は解除されました。)
(※1)西日本旅客鉄道山陽新幹線以北の地域に限る。
(※2)阪急電鉄今津線以東の地域に限る。
(※3)中国縦貫自動車道以南で一後川以東の地域に限る。
(※4)中国縦貫自動車道以南の地域に限る。
(※5)県道16号線以北の地域に限る。
(※6)一般国道176号線以南の地域に限る。

4.関係省令等

プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令

プラムポックスウイルスの緊急防除に関する告示

移動制限制度周知チラシ

5.調査の実施

植物防疫所及び、都道府県は、平成21年度からウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス:PPV)の病気の発生に係る調査及び本病の根絶に向けた防除を実施しているところです。

これまでの本病の調査結果については、次のとおりです。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader