このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

アメリカ向け輸出用木材こん包材に関する情報

(平成27年3月27日更新)

[情報入手先]アメリカの木材こん包材に係るホームページアドレス

トップページ:

 

I 要求の概要

1 対象

  商品を支えたり、保護、運搬に使用される木材又は木材製品(紙製品は除く)、ダンネージ、クレート、パレット、パッキングブロック、ドラム、ケース、スキッド等。ただし、加工木材、非定形木材こん包材(木毛、鋸くず、鉋くず等)及び大きさを問わない厚さ6mm以下の木片は適用されない。

 

2 消毒の内容

  木材こん包材は、次のいずれかの方法で消毒処理されなければならない。

(1) 熱処理

木材の中心部の温度が最低56℃に達してから最低30分の熱処理をすること。

(2) 臭化メチルくん蒸処理

温度

(℃/°F)

投薬量

(g/m3)

最小濃度(g/m3)

0.5時間

2時間

4時間

12時間

24時間

21/70以上

48

36

36

31

28

24

16/61以上

56

42

42

36

32

28

10/50以上

64

48

48

42

36

32

 

 

 

 

 

 

最低温度は10℃/50°Fを下回らないこと、処理時間は24時間を下回らないこと。

 

3 消毒済みマークの表示

  国際基準 No.15の付属書 2によりマーク表示(輸出用木材こん包材消毒実施要領別紙2の押印)をすること。マーク表示は、輸出用木材こん包材の両側少なくとも2カ所に表示すること。

 

4 不適合の場合の処理

  要求された表示がなく輸入された木材こん包材は、即時の再輸出とする。

 

II 補足

 これまでの経緯等 

 ○ 2003年5月20日、アメリカ政府は自国の植物検疫当局のホームページに国際基準No.15に沿った木材こん包材の規制案を公表した。

 ○ 2003年6月6日、アメリカ政府は国際基準No.15に沿った木材こん包材の規制案を各国に通知した。

 ○ 2003年11月4日、アメリカ政府は自国の植物検疫当局のホームページに木材こん包材の規制案に関するコメントを公表した。

 ○ 2004年3月、アメリカ政府は自国の植物検疫当局のホームページに2004年半ばの早くない時期に木材こん包材の規制を公表する予定である旨を公表した。

 ○ 2004年9月24日、アメリカ政府2004年9月16日付けで公表した国際基準No.15に沿った木材こん包材の規制を2005年9月16日から実施する旨を各国に通知するとともに自国の植物検疫当局のホームページに公表した。

 ○ 2005年9月、アメリカ政府は自国の植物検疫当局及び税関当局のホームページに木材こん包材に係る規制を3段階に分けて導入する旨を公表した。

 ○ 2006年4月に国際基準における臭化メチルの消毒処理基準が変更されたことに伴い、臭化メチルの基準を変更した。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。