このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

トルコ向け輸出用木材こん包材に関する情報

(平成27年3月27日更新)

[情報入手先]トルコのホームページアドレス

トップページ:

 

I 要求の概要

1 対象

  品目を支えたり、保護したり、運んだりするのに使用する木材又は木材製品(パレットを含む)。

 

2 消毒の内容

(1) 樹皮がないこと。

(2) 国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書 I による臭化メチルくん蒸又は熱処理が実施されていること。

ア 熱処理(HT)

木材こん包材は、材芯温度が少なくとも56℃以上で30分以上の処理されなければならない。

イ 臭化メチルくん蒸処理(MB) 

温度(℃) 投薬量
(g/m3)
最小濃度(g/m3)
0.5時間 2時間 4時間 16時間
21℃以上 48 36 24 17 14
16℃以上 56 42 28 20 17
11℃以上 64 48 32 22 19

3 消毒済みマークの表示

  国際基準 No.15「国際貿易における木材こん包材の規制のための指針」の付属書 II によりマーク表示(輸出用木材こん包材消毒実施要領別紙2の押印)をすること。 

4 実施月日

  当該規制は、2006年1月1日以降にトルコに到着する荷口から実施する。

5 不適合の場合

  要求を満たさない木材こん包材は、廃棄するか、くん蒸又は熱処理するか、輸出国に返送するかを輸入者の負担によって実施する。

II 補足

これまでの経緯等

○ 2004年10月5日、トルコ政府は国際基準No.15に沿った木材こん包材の取扱い案を各国に通知。

○ 2004年12月6日、トルコ政府から次のような回答があった。

  •  当該規制は、2005年1月1日にトルコに到着(入港月日)する荷口から適用する。  なお、トルコの規則によると、木材こん包材は、樹皮がなく、国際基準No.15に従って臭化メチルくん蒸又は熱処理を実施し、マーク表示することが求められています。  

○ トルコ検疫当局は、自国のホームページに「2004年12月30日付けで、トルコに輸入される木材こん包材に係る国際基準No.15の適用は、2006年1月1日から義務付ける」旨を公表。


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。