このページの本文へ移動

植物防疫所

メニュー

中国がナス科及びセリ科種子の輸入検疫を強化した件について

平成29年9月

農林水産省植物防疫所

中国国家質量監督検験検疫総局ホームページに、以下の情報が掲載されたことを確認しましたので、お知らせします。

  1. 中国に輸入されたニンジン種子からCandidatus Liberibacter solanacearum(以下「Lso」という。)が発見されたため、ナス科及びセリ科種子の輸入検疫を強化する。
  2. 今後1年間、Lsoのリスク評価のため、以下の対象植物を輸入する際、遺伝子解析による精密検定を実施する。
    (1) 対象植物
         ナス科及びセリ科の種子

(参考:中国国家質量監督検験検疫総局ホームページ)
   http://www.aqsiq.gov.cn/xxgk_13386/ywxx/dzwjy/201708/t20170817_495767.htm


ご不明な点がありましたら、お近くの植物防疫所までお問い合わせください。

(各植物防疫所の連絡先は、以下のアドレスを参照ください。)
   http://www.maff.go.jp/pps/j/map/index.html