このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

クローズアップ研究者 平林 光幸


農林水産政策研究所 主任研究官(農業・農村領域)

専門: 水田農業政策、担い手論

これまでどのような研究に取り組んできたのですか?

  学生時代から、主に水田農業政策と大規模水田農業経営の存立条件をテーマに、山形県、新潟県、滋賀県などをフィールドに、ヒアリング調査をベースとした実証的な研究を行ってきました。

具体的にはどのような研究ですか?

  近年、水田農業において中心的な存在であった小規模兼業農家は高齢化、後継者不足により離農傾向を強め、兼業農家の滞留構造は崩れつつあります。その結果、兼業農家と一部の大規模経営とが併存して水田農業を維持してきた生産構造が大きく転換しつつあります。その中で、家族経営に代わる担い手として組織経営体(法人経営や集落営農)などが各地で設立、展開されつつあります。しかし、これらの組織によって大規模な水田経営が行われておりますが、その経営収支等をみますと不安定な経営も一部には見られます。そこで、法人経営や集落営農と家族経営について、統計データや実態調査を通じて比較分析を行い、大規模水田経営の課題と改善策を検討してきました。また組織経営体などに対して経営支援を行っている地域において、経営支援の内容などを調査し、その効果などを明らかにし、必要な支援策などを検討してきました。

今後の抱負は?

  現在、戸別所得補償政策に代表されるような新しい政策が推し進められていますが、このような政策が大規模水田農業経営に与える影響、効果などについて調査・分析を進めていきたいと考えています。

略歴      研究員紹介のページを見る

群馬県出身。高崎経済大学大学院地域政策研究科博士課程修了。財団法人農政調査委員会研究員を経て、平成23年4月より現職。博士(地域政策学)。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600