このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

クローズアップ研究者 菊島 良介

菊島 良介

農林水産政策研究所 研究員(食料・環境領域)

専門: 農業経済学(フードシステム、産直・農産物直売所、空間計量経済学)

これまでの研究はどのようなものですか?

  学部時代から食(消費)と農(生産)の適切な「つながり」の構築を問題意識として抱き、様々な研究を行ってきました。具体的には「栄養素から見た需給構造の変遷」、「生産者の意識構造」、「生協産直や農産物直売所の持続的展開」をテーマにした研究です。GISや空間計量経済学の手法を適用し、情報の可視化や波及効果のような空間的な相互作用の把握にも取り組みました。生産者に対する選択実験型アンケートや農産物直売所の実態調査も実施しました。

現在の研究はどのようなものですか?

  一つ目は、食料品アクセス問題に関する研究です。近年、高齢化の進展や食料品店の減少を背景とする食料品アクセス問題が取り沙汰されています。これらに対応した望ましいサプライチェーンの在り方を検討するため、全国規模の個票データを用いて、食料品店へのアクセスが困難であることが栄養摂取や健康に与える影響を分析し、現状把握に努めています。
  二つ目は、生産者の農産物出荷先に関する研究です。食と農の距離拡大が指摘され、解消するための試みが全国各地で実践されています。消費者と生産者の相互理解を深めるための取組が、生産者の農産物出荷先選択や農産物販売額へ与える影響を検討しています。

今後の抱負は?

  アンケートデータなどの統計分析が研究の中心になると思われますが、現場感覚を大切にして社会的意義のある実証経済学の研究を目指します。人々の気持ちをおもんぱかる優しさ・謙虚さを失わず、粘り強く確かな分析を行いたいと思います。そして、研究の面白さ・それが持つ政策的インプリケーションをより多くの人と共有できるように、分かりやすく伝える力を備えた研究者を目標とし研究に励みたいです。

略歴      研究員紹介のページを見る

栃木県出身。2011年3月東京大学 修士(農学)、2015年3月東京大学 博士(農学)。東京大学 大学院農学生命科学研究科 農学研究員を経て、2016年4月より現職。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600