このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

クローズアップ研究者 小柴 有理江


農林水産政策研究所 主任研究官(農業・農村領域)

専門: 地域政策論、産地形成論

現在取り組んでいる主な研究テーマはなんですか?

  ローカルフードシステムや農山漁村の維持・活性化に関する研究を行っています。

具体的には、どのような研究をしていますか?

  1つは6次産業化に関する研究です。6次産業化について、理論・実態分析の両面から研究しています。食と農の距離の拡大が課題となり、それを解消するための様々な取り組みが全国各地で行われています。6次産業化を通じて両者のコミュニケーションが深まり、できた商品の価値を共有できる関係を作ることができるかが問われています。そうしたことを実現するためのビジネスモデルや政策的な課題を検討していきます。

  2つ目はそうした取り組みを通じた農山漁村の維持・活性化のあり方に関する研究です。6次産業化等に取り組むことによる高齢者の生きがいづくりや所得向上・雇用効果等について実態分析から検討します。また、これらの取り組みを推進する主体の役割や仕組みづくりについても調査・研究を行っていきます。過疎・高齢化した地域では6次産業のような新たな取り組みを独自に推進することは容易ではありません。そうした取り組みを支援する中間的な組織(NPOや自治組織等)に着目し、その役割や地域での仕組みづくりについても検討することが重要と考えるためです。

今後の抱負をおしえてください。

  グローバル化が進展する今日であるからこそ、農山漁村の地域資源や文化の素晴らしさを再認識する機運が高まっているように思います。こうした地域で農林漁業や地域づくりに携わっている現場の方々から学び、議論しながら研究を進めたいと考えています。

略歴      研究員紹介のページを見る

群馬県出身。高崎経済大学大学院地域政策研究科博士後期課程修了。金沢大学文学部教務補員、同大学地域連携推進センター特任助教を経て平成24年4月より現職。博士(地域政策学)

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600