このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

クローズアップ研究者 曲木 若葉

曲木 若葉


農林水産政策研究所 研究員(農業・農村領域)

専門: 農業経済学(農業構造問題、地域労働市場論、地域農業システム論)

現在取り組んでいる主な研究テーマ

  学生時代は、主に実態調査に基づきながら、労働市場の地域性と農業構造、そして地域農業システムに関する研究に取り組んできました。

具体的にはどのような研究ですか?

  日本の農業は、いわゆる構造問題と呼ばれる大規模経営体の形成・担い手の育成が課題となってきました。ところで日本の農地の多くは個々の農家が所有していますが、農家の大多数は兼業に取り組んでいます。とはいえ、一口に兼業農家の方といっても、兼業に集中し、農地の多くを貸し出す方もいれば、兼業しながら農業を継続し続けるケースもあります。ただ、ある地域の農家がどのような行動を取る傾向にあるかは、農家世帯員が勤めることが可能な農外就業先がその地域でどの程度展開しているのか、ということが重要になってきます。そして兼業機会が豊富で、農地を貸し出す農家が多い地域であれば、こうした農地を集める大規模な経営体が形成されやすくなります。このように、農家の行動は農外就業先との関係から決まるところが大きいため、私は各地域の農外労働市場に着目しながら農業構造を分析するという研究に取り組んできました。また農業は地域性の強い産業であることから、担い手育成のための地域独自の農業政策や支援制度といった地域農業システムの取り組みにも着目し、フィールドワークからその実態や農業構造との関係につきましても研究を進めてきました。

今後の抱負は?

  地域ごとに異なる労働市場と農業構造の関係性を実態調査研究から明らかにするとともに、統計分析を通じ全国的な動向をとらえることによって、よりよい農業政策や地域性に即した農業システム作りの提案に取り組んでいきたいと考えています。

略歴      研究員紹介のページを見る

東京都出身。2016年3月東京農工大学大学院連合農学研究科博士課程修了。2015年度日本学術振興会特別研究員(DC2)。2016年4月より現職。博士(農学)。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600