このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

クローズアップ研究者 竹島 久美子

農林水産政策研究所 研究員(農業・農村領域)

専門: 農政学、農業構造問題、農地問題

具体的には、どのような研究ですか?

  現在、農業経営体の大規模化が農地の供給層(貸し手)から農地を借り受けながら進んでいる一方で、様々な理由から耕作放棄地や遊休農地が発生し、農山村の資源が有効に使われていない状況が生まれるといった動きも出ています。そのような動きは圃場の条件不利性から中山間地域で先んじて現れており、中山間地域問題の一つとして多くの研究が行われてきましたが、今後は人口減少社会に直面するなかで、都市的土地利用需要が減退し、むしろ都市の範囲が縮小していく「都市の縮退」が見込まれることから、私は都市と農村の間隙の地域(都市近郊、アーバンフリンジ)における農業的土地利用による土地利用の再編に関心を持ち、都市近郊で取り組まれている多様な担い手が参加した農地流動化や耕作放棄地解消の取組を対象に研究を行ってきました。

研究の特色は?

  これまでの研究では、行政やJA、市町村公社などが行う農地流動化施策が各地域でどのように取り組まれているのかについてアプローチしてきました。研究手法は事例調査が中心ですが、地域農業の特徴(地域性やその地域の歴史的背景、地域における様々なニーズへの対応)に応じて現場での創意工夫が様々な場面で発揮されており、それらの特徴を描き出すことで各事例が広く参考となるよう分析を進めています。

今後の抱負は?

  統計で把握される農業・農村の姿と実際の農業・農村の姿を照らし合わせ、農業構造の変化を総合的に把握して、政策の立案に活かすことができればと思っています。

略歴     

  埼玉県出身
  2009年   宇都宮大学農学部 卒業
  2011年   宇都宮大学農学研究科修士課程 修了
  2016年   東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程 単位取得満期退学
      一般財団法人農政調査委員会専門調査員(2015年~2017年)
      早稲田大学非常勤講師(農山村体験実習、2016年度~2017年度)
  2017年   農林水産政策研究所研究員 現在に至る
 

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600