このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

小柴 有理江(こしば ゆりえ)

クローズアップ研究者のページを見る

1.専門分野

地域政策論、ローカルフードシステム

2.略歴

2000年    高崎経済大学地域政策学部 卒業
2002年    高崎経済大学大学院地域政策研究科修士課程修了
2005年    高崎経済大学大学院 地域政策研究科博士後期課程修了 博士(地域政策学)
2005年    金沢大学文学部(現:人間社会研究域人間科学系)教務補佐員
2008年    金沢大学地域連携推進センター 特任助教(文部科学省科学技術戦略推進費「能登里山マイスター養成プログラム」に従事)
    高崎経済大学地域政策学部 非常勤講師(「比較農業政策論」担当)
2012年   農林水産政策研究所 研究員

3.研究課題

農山漁村地域の生活条件と地域づくりに関する研究
農林水産物の新たな産地形成に関する研究

4.発表論文等

  • 「地域における農業分野での障害者就労の支援体制の構築―異分野が連携するプラットフォームの形成―」(『農業経済研究』第87巻第4号、 2016年3月)
  • 「障害者就労施設における農業の高付加価値化の体制構築」(2014年度日本農業経済学会論文集)
  • 「農業と福祉の連携の形成過程に関する分析」(農林水産政策研究所レビューNo.60、 2014.7)
  • 「農産物直売所とインショップの存立構造」2005年3月、農政調査委員会『日本の農業―あすへの歩み―』第232号
  • 「地域資源を生かした6次産業型ビジネスの可能性」、中村浩二・嘉田良平編『里山復権~能登からの発信~』2010年10月、創森社、pp165-176
  • 「営農指導事業と一体化した「指導購買」の導入と低コスト化の徹底」他、農山漁村文化協会『自然と人間を結ぶ農村文化運動』第169号(監修:今村奈良臣)、2003年7月、pp62-68、69-76、88-92
  • 「地産地消の進展と農産物直売所の課題」2008年3月、日本地域政策学会編『日本地域政策研究』第6号、pp49-56
  • 「農産物直売所の展開の特徴と生産者―小規模直売所を中心として―」2007年6月、地域農林経済学会編『農林業問題研究』第166号、pp136-140
  • 「進展する農協間連携の意義と課題」2006年9月、農業協同組合中央会『協同組合奨励研究報告』第32輯、pp133-152
  • 「農産物直売所の販売額拡大と出荷者の動向」2004年6月、地域農林経済学会編『農林業問題研究』第154号、pp200-203
  • 「インショップの拡大と地域農業振興」2003年11月、日本農業経済学会編『2003年度日本農業経済学会論文集』、pp252-256
  • 「新たな農産物直売所「インショップ」の展開と地域振興」2003年3月、日本地域政策学会編『日本地域政策研究』第1号、pp41-48

5.所属学会

日本農業経済学会、地域農林経済学会、農業問題研究会、日本フードシステム学会、日本地域政策学会、日本地理学会

 

[更新日:2016年11月9日]

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader