このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

長友 謙治 (ながとも けんじ)

クローズアップ研究者のページを見る

1.専門分野

ロシア農業・農政

2.略歴

1962年    宮崎県生まれ
1986年    東北大学法学部卒業,農林水産省入省
以降,農林水産省構造改善局,近畿農政局,水産庁,畜産局,食品流通局,総合食料局,生産局(局庁名は在職当時)等のほか,外務省経済局に勤務
2004~2007年    在ロシア日本国大使館参事官
2007~2009年    財務省理財局総務課たばこ塩事業室長
2011年    8月より現職
2017年    3月  北海道大学博士(学術)

3.研究課題

  世界有数の穀物輸出国となりながら,農水産物貿易全体を見れば純輸入国であるロシアの農業・農政の変化を,世界の農産物需給に及ぼす影響という視点から把握する。

4.これまでの研究成果

学位論文

査読付論文

その他の主要論文等

「カントリーレポート:ロシア」(平成23年度から毎年)

学会報告,口頭発表等

  • 「ロシア農業:ソ連崩壊後の変化と今後の可能性」法政大学生命科学部応用植物学科国際食料需給論特別講義(2016年6月17日)
  • 「ロシア農業の回復と農業組織の変化」第55回比較経済体制学会全国大会報告(2015年11月7日)
  • 「ソ連崩壊後のロシア農業の軌跡と現段階」法政大学生命科学部応用植物学科国際食料需給論特別講義(2015年6月11日)
  • 「ソ連崩壊後のロシア農業の軌跡と現段階」ROTOBO月例報告会,(一社)ロシアNIS貿易会(2015年4月27日)
  • 「ソ連崩壊以降におけるロシアの畜産業の変化と穀物需給への影響」ロシア・東欧学会 JSSEES 2014年合同研究大会報告(2014年10月5日)
  • 「ロシアの穀物輸出増加の要因と今後の課題-生産面を中心として」2012年度比較経済体制学会 第11回秋期大会報告(2012年10月20日))
  • 「ロシアの農業・農政-穀物を中心として-」農林水産政策研究所研究成果報告会(2012年6月19日)

5.所属学会

比較経済体制学会、ロシア・東欧学会、日本農業経済学会

 

[更新日:2017年4月11日]

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader