このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

上林 篤幸(うえばやし あつゆき)

1.専門分野

世界の食料需給・価格の動向や将来見通しに関する分析や研究を行っております。特に、世界全体及び主要国・地域の農産物マーケットの中期見通し(今後おおむね10年ぐらい)に関連する研究を行っています。このような将来見通しは、USDA、EU、農林水産省等各国政府やFAO、OECD、世界銀行等の国際機関から数多く発表されています。

このような見通しの手法として計量経済モデル、特に農業セクターを詳しく扱う部分均衡モデルが用いられることが多いのですが、各見通しが提示する予測結果を分析するためには、これらのモデルの構造や安定性などを理解する必要があるため、この分野についても研究を実施しています。

2.略歴

1959年   生まれ(和歌山県)
1982年   東京大学農学部農業経済学科卒
同年   農林水産省入省(行政)
1984~1986年   OECD事務局(経済協力開発機構:仏パリ市)農業局 準専門家
1990年   大臣官房企画室企画官(計画班)
1991年   IFPRI(国際食料政策研究所;米ワシントンD.C.市)コンサルタント
1992年   農林水産省「世界食料需給モデルによる予測結果について」作成
同年   ガット・ウルグアイ・ラウンド非公式多国間交渉日本政府代表団
1996~2001年   OECD事務局農業局エコノミスト
「AGLINK世界コメモデル」の開発
2002年   農林水産政策研究所
2005年   「国際食料問題研究会」(農林水産省(大臣官房長及び総合食料局長)が主催)有識者委員
2011年   博士(農学)(東京大学)
2016~2018年   OECD農業委員会品目別会合 日本政府代表

3.研究課題

主要国の農業戦略と世界食料需給の横断的・総合的研究

4.発表論文等

  • Uebayashi A. (2018) “Trends, Situations and Perspectives for Global Major Product Markets”, China Agricultural Outlook Conference, Beijing China (21 April 2018)
  • 上林篤幸(2018)「「USDA(米国農務省)2027年農業見通し」の概要について」『製粉振興』2018年5月号
  • 上林篤幸(2017)「「OECD-FAO農業見通し2017-2026」(穀物部分)」『製粉振興』2017年11月号,pp.5-18
  • 上林篤幸(2015)「世界の農産物需給の現状および今後の展望-変化する国際食料情勢-」『農業』No.1599,pp.20-37
  • 上林篤幸(2013)「世界の食料・農業問題から進路を考える」,埼玉県立坂戸高校, (2013年3月18日)
  • 上林篤幸(2010)「世界の農産物需給の現状と見通し」『食品工業』第53巻第1号,pp.43-49
  • 上林篤幸・古橋元(2009)「農林水産省による2018年における世界の食料需給および価格の見通し-最近の農産物国際市場の推移と世界食料需給モデルによる予測結果」『農政調査時報』第562号,pp.2-10
  • Uebayashi A. (2009) “Situation and Outlook of World Agricultural Commodity Markets –From an Asian Point of View-“, FFTC/RDA/NACF International Seminar, Seoul Korea, (28 August 2009)
  • 上林篤幸(2008)「Estimating Time-Series Elasticities of Food Demand across Commodities and Countries: Application to Meat Demand in China」『2008年度日本農業経済学会論文集』,pp.470-477
  • 上林篤幸(2008)「中国・インドは世界市場のビッグプレイヤーではない-国際農産物市場急騰の背景と中長期の展望」『週刊農林経済』2008年7月28日号,時事通信社
  • 上林篤幸(2008)「EUのバイオ燃料事情と政策動向」『農業と経済』2008年4月号,pp.34-42
  • 上林篤幸・伊藤正人(2007)「EUにおけるバイオ燃料事情および政策の動向-フランスおよびバイオエタノールを中心として-」『2007年度日本農業経済学会論文集』,pp.602-609
  • 上林篤幸(2007)「アメリカ砂糖産業の保護政策の自由化に関する計量モデル分析-関税割当枠の段階的増加がもたらす影響-」『開発学研究』第18巻第2号,pp.19-27
  • 上林篤幸(2007)「<表紙写真解説> 英国の囲い込み農地」『高等学校 地理・地図資料』2007年10月号,p.15,帝国書院
  • 上林篤幸(2007)「<地理資料シリーズ> ひまわりは「観るものでなく食べるもの?」『高等学校 地理・地図資料』2007年8月号,p.20,帝国書院
  • 上林篤幸(2006)「北イタリアの稲作-EUコメ政策改革の意義と影響」『2006年度日本農業経済学会論文集』,pp.347-353
  • 上林篤幸(2005)「An Analysis of Effect of Long-Term Population Prospect on the World Grain Market」『2005年度日本農業経済学会論文集』,pp.413-417
  • 上林篤幸(2005)「牛肉の国際貿易の構造変化とその影響-AGLINKモデルを利用したシナリオ分析-」『農林水産政策研究』第9号,pp.53-84
  • Uebayashi A. (2000) “OECD Agricultural Outlook and Its Baseline Process Using AGLINK Model” Proceedings of the seventh IWG-AGRI seminar, pp.159-174, European Commission, Luxembourg, 5 to 7 July 2000
  • 上林篤幸(1992)「世界の食料事情の認識とわが国の食料政策」『農業と経済』第58巻第9号,pp. 13-21

          ・・・・・その他雑誌等への世界の食料需給情勢及び見通しに関する寄稿・講演等多数

 5.所属学会

日本農業経済学会、日本国際地域開発学会

 

[更新日:2018年5月1日]

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader