ホーム > 研究概要 > クローズアップ研究者 > 佐藤  真弓


ここから本文です。

クローズアップ研究者

佐藤  真弓

     農林水産政策研究所 研究員(農業・農村領域)

佐藤真弓

     専門: 農村社会学、地域社会構造論、都市農村交流

 

これまでの研究はどのようなものですか?

  農山村の地域社会やその再生について、「教育を通した都市農村交流」、「市町村合併の地域農業への影響と再構築」、「地域資源利用と担い手」といったテーマから考えてきました。これらに共通する視点は、取り組みに関わる多様な主体(例えば、農家、農協、第三セクター、市町村、また児童生徒や学校など)に注目し、それぞれの役割分担関係やすれ違いの実態から相互影響の過程を捉えようとしてきたことです。同時に、現代の農山村を捉え直す視点も重視してきました。農山村に様々な視線を向けている都市住民の存在や、農山村内部における地域集団の再編、家族内での世代交代などが農山村のもつ様々な価値の「再発見」を促しています。

 

現在の研究はどのようなものですか?

  主な研究課題は「広域的な連携による農業集落の   再生に関する研究」です。グローバル化の進展や少子高齢社会のなかで、農山村の抱える地域課題は複雑化しています。本研究の目的は、こうした地域課題の解決を担う主体を形成するうえでの具体的な課題を明らかにすることです。ひとつの切り口として現在、次世代の女性農業者のネットワークやそれを支援する普及組織を対象とした調査研究を行っています。多様なキャリアを持つ一方で、地域社会においても農業従事者全体のなかでも少数派となった若い世代の女性農業者の置かれた現状を理解することで、新たな地域社会の創造や持続的な地域社会の実現に向けた課題や可能性について考えていきたいです。またこの他にも、「農林業センサス」や「農山村の新たな価値」などの研究プロジェクトに参加し、勉強を始めました。

 

今後の抱負は?

  多くの皆さんとの交流を通して、今できることに精一杯取り組んでいきたいです。

 

略歴     

東京都出身。明治大学大学院農学研究科修了。日本学術振興会特別研究員(PD)、明治大学農学部助教などを経て平成27年10月より現職。博士(農学)。

2016年1月

組織案内・調達

関連リンク集