このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

都市住民等による農業・農村の価値・魅力の発揮を支える多様な取組に関する研究(プロジェクト研究)

1. 研究目的

  我が国の農業・農村は、食料を安定的に供給するとともに、地域の経済を支える役割を担い、また伝統的な食文化、美しい農村風景等、多面的な価値・魅力を有している。しかしながら、農村、とりわけ中山間地域等においては、都市部に先駆けて高齢化や人口減少が進行しており、農業・農村の多面的価値や魅力の源泉となる地域資源・環境の維持が重要な課題となっている。

  近年、都市住民等が求める農業・農村の価値・魅力は多様化しており、こうした中で、それらの維持、発揮を支える様々な取組、能動的な農村移住等が見られるようになっている。農村外部からの農業・農村に対する新たな動きを的確にとらえ、地域資源・環境の維持につなげていくことは重要である。また、農村に賦存する地域資源を最大限に活用して、地域内で経済的価値を循環させる取組も見られ、こうした取組を促進することも重要である。

  このため、本研究においては、地域資源・環境の維持に向けて、一つは都市部等から人、資金を農業・農村へ呼び込むという視点、もう一つは農村部から都市部等に流出している人、資金を農村に環流させる、あるいは農村部で活用されていない地域資源を地域内で循環させるという視点から検討し、先駆的に行われている取組の実態を調査し、そうした取組の誘因や効果、課題等を解明し、農村へ人、資金を呼び込むことや地域活性化への効果的方策を提言することを目的とする。

2. 研究内容

(1)若い世代の農村への能動的な移住等に関する研究

  都市に居住しながら行う農業・農村への支援活動の実践者や能動的な移住者等の農業・農村の価値・魅力の認識に関する調査等により、価値・魅力と支援活動等との関係を解明するとともに、活動の継続性や定住等の要因分析、地域資源、地域経済への影響評価を行う。

  具体的には、若い世代を中心に広がる都市に居住しながら行う農業・農村への支援活動(クラウドファンディング等)を行う者へのアンケート調査や、また、UIターンで農山村へ移住した者へのWebアンケートやUIターン者(特に農業等に就く若者世代)へのインタビュー調査により、認識する農業・農村の価値・魅力、要因等を解明する。また、多様化する移住者の移住の経緯や移住後の生活等実態を把握し、移住者を受け入れる側の体制づくりや定住支援方策等について、地域性を踏まえて分析する。特に、移住から定住までの活動の展開過程について明らかにし、移住者の受け入れによる地域資源や地域社会への影響等について検討する。

(2)特徴的な地域の農業・食と文化・環境をベースに、人を呼び込む取組に関する研究

  世界農業遺産、食文化創造都市、農泊 食文化海外発信地域(Savor Japan)に登録された地域など、独自の資源が維持され、観光客の誘致や地域振興に活用されている優良事例を対象として、自治体や農業団体、観光団体、NPOなど、農村部の観光客の誘致や地域振興に関連した社会組織の属性や機能、組織間のネットワーク構造や認定による効果を明らかにし、農村における社会組織の革新の諸条件を解明する。また、インバウンドの観点も含め、農泊地域の創出を図るための方策について、国内外の事例を踏まえて検討する。さらに、統計データ分析から、農業経営とツーリズムの関連性等について解明する。

(3)地域資源の持続的活用に関する研究

  耕畜連携した循環型社会実現を通じた地域活性化の一環として、昨年度のバイオガスプラントの事例調査で得られたデータを活用し、地域資源の所有・利用・調整といった役割を担う主体間の関係性の解明、効率的な地域資源利用に向けた合意形成等の考察、課題等を検討する。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)と連携して、国際比較が可能な地域資源の持続可能性評価ツールの開発等を行い、社会的要因等を踏まえた再生可能エネルギー評価について検討する。

3. 研究成果の活用方法

(1)都市住民等が求める農業・農村の価値・魅力等を踏まえた都市農村交流、農村への移住・定住方策の検討に活用。

(2)農村における地域資源を活用した、ツーリズムを含む農村振興活動における組織等の特性や取組等の分析により、効果的な推進方策の検討に活用。

(3)地域資源の持続的活用方策の検討や、IRENA等国際的な議論の場における我が国の貢献として活用。

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600