このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

プロジェクト研究 [主要国農業戦略] 研究資料 第8号

平成26年度 カントリーレポート:米国農業法,ブラジル,韓国,欧州酪農

まえがき(PDF:169KB)
 
目次(PDF:303KB)
 
第1章 2014年農業法セーフティネット・プログラムの選択
-アメリカの農業者はPLCとARCのどちらを選んだのか-(PDF:1,330KB)
 
吉井 邦恒 (食料・環境領域 総括上席研究官)
    1.はじめに
    2.PLCとARCの概要
    3.セーフティネット・プログラムの選択状況
    4.農業経営安定対策に係る政府支出
    5.おわりに
 
第2章 ブラジル:
-近年の穀物生産の動向と外国人の農地取得に関する制限について-(PDF:1,095KB)
 
清水 純一 (国際領域 上席主任研究官)
    はじめに
    1.ブラジル経済とアグリビジネス
    2.穀物生産
    3.穀物の輸出経路
    4.外国人の農地取得に関する制限
 
第3章 韓国のFTA国内対策(PDF:963KB)
 
樋口 倫生 (国際領域 主任研究官)
    1.はじめに
    2.農業科学技術政策
    3.FTA被害補填
    4.まとめ
 
第4章 欧州における酪農協の概況と乳価の動向(PDF:876KB)
 
木下 順子 (国際領域 主任研究官)
    1.はじめに
    2.酪農協と乳業の現状
    3.国別の生産者乳価の動向
    4.酪農協シェアと乳価水準に関する欧州委の分析
    5.おわりに
 
・全文をご覧になりたい方はこちらをご利用ください(PDF:2,819KB)

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader