このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

農林水産政策研究叢書 第11号

民間流通制度導入後の国内産麦のフードシステムの変容に関する研究
吉田 行郷 著

概要(PDF:220KB)

目次

序文

序章 研究課題の設定

1. 研究の背景
2. 麦類の需給に関する既往研究成果
  (1) 第二次世界大戦前に行われた研究成果
  (2) 戦後から1970年における研究成果
  (3) 1970~2000年期における研究成果
  (4) 2000年以降における研究成果
3. 本研究の位置付けと研究方法

第1章 全国ベースでみた国内産麦の需給の変化

1. はじめに
2. 第二次世界大戦後の麦類の需給構造の変遷
  (1) わが国における麦食文化と戦後の麦政策の変遷
  (2) 長期的にみた麦類の需給構造の変化
3. 麦類の用途別にみた国内産麦の使用状況
  (1) 国内産小麦の使用状況
  (2) 国内産大麦・はだか麦の使用状況
4. 麦類の国際価格の急変と国内産の連続不作の影響
  (1) 国際価格高騰による影響
  (2) 国際価格急落による影響
  (3) 国内産麦の連続不作の影響
  (4) 国内産麦の入札価格への影響
5. おわりに

第2章 変貌を遂げる主産地での麦類生産

1. はじめに
2. 北海道産小麦
3. 九州産小麦,二条大麦・はだか麦
4. 関東産小麦,二条大麦・六条大麦
5. 北陸産六条大麦
6. おわりに

第3章 主産地ごとにみた国内産麦のサプライチェーンの形成状況

1. はじめに
2. 小麦と大麦・はだか麦のサプライチェーンの相違点
3. 主産地における国内産小麦のサプライチェーン
  (1) 北海道産小麦
  (2) 九州産小麦
  (3) 関東産小麦
4. 主産地における国内産大麦・はだか麦のサプライチェーン
  (1) 九州産二条大麦・はだか麦                                             
  (2) 北陸産六条大麦
  (3) 関東産二条・六条大麦
5. おわりに

第4章 主産地ごとにみた国内産麦の近年の消費動向

1. はじめに
2. 主産地産小麦の使用状況の近年の変化
  (1) 北海道産小麦
  (2) 九州産小麦
  (3) 関東産小麦
3. 主産地産大麦・はだか麦の使用状況の近年の変化
  (1) 九州産二条大麦・はだか麦                                   
  (2) 北陸産六条大麦
  (3) 関東産二条大麦
4. おわりに
  (1) 国内産小麦
  (2) 国内産大麦・はだか麦

終章 国内産麦のフードシステムの変容と残された課題

1. 国内産麦のフードシステムの変容
  (1) 生産面での変化
  (2) 民間流通制度導入後のサプライチェーンの形成状況
  (3) 使用状況の変化
  (4) 民間流通制度導入直後からの国内産麦の需給構造の変化
2. 国内産麦の需要拡大に向けた課題
  (1) 国内産小麦
  (2) 国内産大麦・はだか麦
3. 需要拡大に向けた今後の対応方向と研究課題
  (1) 国内産麦の入札制度の維持・強化
  (2) 需要拡大のスピードに応じた新品種への転換
  (3) 主産県間での品種統一
  (4) 製粉企業,精麦企業のコーディネーション機能の強化
  (5) 国内産麦の積極的な使用の拡大・定着

引用・参考文献

図表一覧

あとがき

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600