このページの本文へ移動

農林水産政策研究所

メニュー

農林水産政策研究叢書 第4号

遺伝子組換え作物と穀物フードシステムの新展開
―農業・食料社会学的アプローチ―
立川 雅司 著

概要(PDF:16KB)

目次

序文

序章 本書の課題と構成 

1. 問題意識
2. 構成

第1章 穀物フードシステム再編に対する農業・食料社会学の分析視角 

1. 課題とアプローチ
  (1)本章の課題
  (2)アプローチ ―農業・食料社会学的視点の意義― 
2. 穀物フードシステム論における三つの分析レベルとアプローチ
  (1)分析対象の3レベル―マクロ,メソ,ミクロ― 
  (2)フードシステムとフードネットワークとの対比 
3. 穀物フードシステム再編に関する主要論点
  (1)フードレジーム・アプローチの展開と主要論点 
  (2)フードシステム・アプローチの展開と主要論点
  (3)フードネットワーク・アプローチの展開と主要論点
4. 考察―穀物フードシステム再編と3アプローチ―
  (1)3アプローチの相互関連性 
  (2)フードシステム変化に対する複合的説明への援用
  (3)品質に対するFSおよびFNからの分析視角 

第2章 アメリカにおけるバイオインダストリーの展開とGM作物

1. 課題
2. 世界におけるGM作物の現状
  (1)世界全体におけるGM作物の動向
  (2)アメリカにおけるGMO作付動向
3. バイオインダストリーの動向
  (1)バイオテクノロジー関連の企業買収・提携例 
  (2)化学企業による種苗企業買収の背景
  (3)穀物メジャーとの企業間連携関係の模索 
  (4)世界の主要種子企業
  (5)世界の主要農薬企業
  (6)北米における種子市場シェア
4. アメリカにおけるGM作物の研究開発状況
  (1)GM作物の環境放出許可申請件数の推移
  (2)インプット・トレイトからアウトプット・トレイトへ 
  (3)DuPont社が進める第2世代GM作物開発 
5. 結論

第3章 アメリカにおけるGM作物の普及とその背景

1. 課題
2. アメリカにおける生産動向とその地域性
  (1)拡大を続けるGM作物 
  (2)GM作物の作付けに見られる地域性
3. GM作物の作付理由と経営的評価
  (1)GMOの作付理由と収量性
  (2)GMO作付農家と非作付農家との経営比較
4. GM大豆が急速に普及した背景 ―ラウンドアップレディ大豆を例として―
  (1)除草剤耐性大豆の普及理由
  (2)なぜラウンドアップレディか 
  (3)収量についての見方―ラウンドアップレディ大豆―
5. 大豆とトウモロコシにおけるGMO普及割合相違の背景
  (1)GMトウモロコシの特徴
  (2)Bt抵抗性発達回避のための方策
6. アメリカにおけるGMO生産に関する規制と議会の動向
  (1)行政府におけるGM規制政策の動向
  (2)議会におけるGMO関連規制案の提出
  (3)EUとの対立 
7. 結論

第4章 農業における工業化の展開とバイオテクノロジー      

1. 課題
2. 農業の工業化とは?
3. 工業化現象の背景要因
  (1)社会経済的背景
  (2)バイテク企業の戦略転換
4. 工業化の動向と革新的技術開発による拍車
  (1)農業生産における集中化動向
  (2)垂直的調整の具体的動向
  (3)品質面の改善を軸とした垂直的調整の拡大
5. 工業化現象の影響とその分析視点
  (1)農村社会学および農業・食料社会学における先行研究 
  (2)3視点からの工業化現象把握の諸課題 
6. 結論

第5章 穀物流通・加工部門における集中化と流通システムの変化

1. 課題
2. 穀物流通加工分野における集中化傾向と穀物集荷力の拡大
  (1)穀物流通分野における再編動向と集中化
  (2)穀物流通における展開過程とIPハンドリングの位置づけ
3. 穀物加工部門における集中化動向と垂直的調整への意義
  (1)穀物加工分野における主要企業
  (2)穀物流通と加工分野との関係変化
4. 穀物流通システムの変化と特徴
  (1)伝統的なバルク穀物流通の特徴 
  (2)高付加価値穀物流通の特徴 
5. 結論

第6章 Non-GMOにおける分別流通管理(1)アメリカ国内

1. 課題
2. 生産者段階におけるIPハンドリング対応とその影響 
  (1)IPに参加する条件 
  (2)IPコストとプレミアム 
  (3)種子純度 
  (4)IPの担い手 
3. 流通・輸出業者段階におけるIPハンドリング対応とその影響
  (1)エレベータによる分別対応状況
  (2)流通経路の基本パターンとIP対応による変化
  (3)IPハンドリングに伴うコスト
  (4)IPハンドリングが「川上」に及ぼす影響
4. スターリンク事件が提起した諸課題
  (1)スターリンク事件の推移
  (2)スターリンクの作付け上のメリット
  (3)流通上の問題とその背景
  (4)スターリンクのアメリカ国内流通への影響
  (5)スターリンクのトウモロコシ貿易への影響
  (6)今後の焦点 ―追跡可能性―
5. IPハンドリングに対する米加の対照的スタンス
  (1)カナダにおける「全国IP基準」
  (2)アメリカでは個別的な取り組みが中心
6. IPハンドリング・ビジネスの多角的展開
  (1)IPハンドリングにおける認証ビジネスの登場
  (2)IPハンドリングの多様性
7. IPハンドリングの将来
  (1)IPハンドリングの展開方向
  (2)「不滅の課題」としてのIPハンドリング
8. 結論

第7章 Non-GMOにおける分別流通管理(2)日本国内

1. 課題
2. 大豆におけるNon-GMOシフトとIPハンドリング
  (1)大豆の主要用途とNon-GMOへの需要シフト
  (2)Non-GM大豆調達のためのIPシステムの形成
  (3)検査・社会的認証上の諸問題
  (4)東京穀物商品取引所へのNon-GM大豆の上場
3. トウモロコシにおけるNon-GMOシフトとIPハンドリング
  (1)トウモロコシの主要用途とNon-GMOへの需要シフト
  (2)Non-GMトウモロコシの調達のためのIPシステムの形成
  (3)検査・社会的認証上の諸問題
4. 畜産農家におけるNon-GMO対応とその影響
  (1)酪農経営の事例
  (2)採卵経営の事例
5. 結論
  (1)IPコストの負担先とその要因
  (2)フードシステムの柔軟性と調整コストの帰趨
  (3)先行投資としてのIPシステム
  (4)国際的に広がる食品分野におけるNon-GMOシフト
 

終章 結論

1. はじめに
2. 3アプローチから示唆されるもの
  (1)フードレジーム(FR)・アプローチからの含意
  (2)フードシステム(FS)・アプローチからの含意
  (3)フードネットワーク(FN)・アプローチからの含意
3. IPハンドリングの将来と政策的含意
  (1)日米間における穀物フードシステムの進化
  (2)IPハンドリングと追跡可能性との関連性
  (3)表示をめぐる逆説的帰結
4. 残された課題
5. おわりに

補章 日本における20世紀農業・食料システムとフォーディズム

1. はじめに
2. 課題
3. 20世紀前半の農業・食料システム―生産力主義の展開前夜―
  (1)農業の特徴
  (2)流通の特徴
  (3)国際関係
4. 20世紀後半の農業・食料システム ―第2次フードレジームへの編入と制約されたフォーディズムの展開―
  (1)第2次フードレジームへの編入と「選択的拡大」
  (2)フォーディズム農業の限定的展開とその具体的様相
  (3)飽食の時代――フォーディズムの転換
5. フォーディズムの次にくるもの
  (1)「農業の工業化」現象 
  (2)生産力主義以外の価値観との調整 
6. おわりに―未完のプロジェクトとしてのフォーディズム―
   

引用・参考文献 

図および表一覧

あとがき

お問合せ先

企画広報室広報資料課

ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX番号:03-6737-9600