ホーム > 研究概要 > 研究活動一覧 > 過去の研究活動一覧 > 研究活動一覧(平成18年度)


ここから本文です。

研究活動一覧(平成18年度)

研究論文および雑誌記事等

口頭発表および講演

 研究論文および雑誌記事等

研究者名(著者名)

表題

誌名

巻号

発表年月

小泉達治 ブラジルのエタノール・砂糖政策の展開と課題 日本国際地域開発学会報告要旨 2006年度春期号 2006年4月
小泉達治 ブラジルにおけるバイオエタノール政策の動向と課題 Techno Innovation 59 2006年4月
小泉達治 国際砂糖価格と需給に与える要因~ブラジルにおけるエタノール政策・需給動向 砂糖類情報 No.115, 2006 2006年4月
小泉達治 ブラジルにおけるバイオエタノール政策の動向と課題 食料と安全 58巻4号 2006年4月
高橋祐一郎 市民参加型テクノロジー・アセスメント(Participatory Technology Assessment ; PTA)とは 「バイテクハウス Mail News 」 2006年4月10日号 2006年4月
高橋祐一郎 市民参加型テクノロジー・アセスメント(PTA)の社会的効果 「バイテクハウス Mail News 」 2006年4月20日号 2006年4月
高橋祐一郎 市民とのコミュニケーションを目的とした取り組みへの意識 「バイテクハウス Mail News 」 2006年4月28日号 2006年4月
立川雅司 フード・ポリティクスとアメリカ 農業と経済 臨時増刊号 2006年4月
松久勉 昭和1ケタ世代の動向と今後の見通し DAIRYMAN 2006年4月号 2006年4月
上林篤幸 環境・資源制約条件としての世界の土壌および水資源-世界食料需給予測のための概観- 輸入食糧協議会報   2006年5月
木下順子 食品安全性への消費者の不安が生乳需給に及ぼす影響 酪農ジャーナル 5月号 2006年5月
木下順子 "Explaining Pricing Conduct in a Product-Differenciated Ologopolistic Market: An Empirical Apprecation of a Price Conjectural-Variations Model" New Empirical Industrial Organization and the Food System, (Harry Kaiser, Nobuhiro Suzuki 編著) Peter Lang Publishing (New York) 2006年5月
立川雅司 産業政策か,環境政策か:GMOをめぐるアメリカとEUの違いを探る DAIRYMAN 2006年5月号 2006年5月
上林篤幸 米国におけるBSE牛の発生と、我が国の取った対策及び牛肉市場の動向 肉牛ジャーナル 6月号 2006年6月
香月敏孝・柳京熙 パプリカ生産における国内・外の生産・流通の変化 野菜情報 6月号 2006年6月
木下順子・渡辺靖仁・鈴木宣弘 日本人の牛乳消費は飽和したか 農畜産業振興事業団『畜産の情報(国内編)』 6月号 2006年6月
小泉達治 バイオエタノールの普及と世界のとうもろこし需給 Denaro(商品市況研究所) 143号 2006年6月
櫻井武司 戦乱ショック,貧困,土壌劣化-ブルキナ・ファソの農家家計データを用いた実証- 農業経済研究 78巻1号 2006年6月
櫻井武司 農民参加型品種選抜:WARDAにおけるネリカの開発と普及を例にして 109号 2006年6月
鈴村源太郎 認定農業者の経営者資質に関する一考察-農業経営者のモチベーションと経営成果- 八木宏典編著、『農業経営の持続的成長と地域農業』、養賢堂   2006年6月
西尾健 政策研究 農林水産技術会議の50年 312-314 2006年6月
長谷川晃生 農協における農業金融の課題-農業金融を巡る環境変化を踏まえて- 農業と経済 72巻7号 2006年6月
吉井邦恒 アメリカの次期農業法をめぐる動向 Techno Innovation 60 2006年6月
Okae Takashi Chuc nang tin dung cua cac xom o lang Bach Coc(バックコック村における集落の信用機能について) 『百穀社通信』 2006年特集号 2006年7月
河原昌一郎 「民国期中国農村信用社の兼営化に関する一考察」 農業経済研究 78・1 2006年7月
河原昌一郎 「中国郷鎮企業の株式合作制に関する制度的考察」 農林水産政策研究 11号 2006年7月
小泉達治 「米国における燃料用エタノール政策の動向-とうもろこし需給に与える影響-」 農林水産政策研究 11号 2006年7月
小林茂典 野菜の用途別需要の動向と国内産地の対応課題 農林水産政策研究 11号 2006年7月
鈴木宣弘・木下順子・渡辺靖仁 日本人の牛乳消費は飽和したか 独立行政法人農畜産業振興機構『平成17年度畜産物需給関係学術研究情報収集推進事業報告書』   2006年7月
Yamaguchi T・Suda Fumiaki Justification, Compromise and Boundary Objects: GMO Disputes in Japan International Sociological Association World Congress of Sociology, Durban, South Africa, July,2006   2006年7月
橋詰登 農業集落による地域資源管理の現状と動向――農村集落調査が明らかにした農業集落の機能と役割―― 農業と経済 72(8) 2006年7月
橋詰登 1990-2000年における農業集落の構造動態――世帯構成,集落機能,資源管理活動の変化を中心に―― 農林水産政策研究所レビュー No.20 2006年7月
橋詰登 農業集落の変容が農村地域社会に及ぼす影響――1990-2000年農業集落調査の構造動態分析―― 行政対応特別研究〔農村集落〕研究資料 1 2006年7月
小泉達治・柴田明夫 「バイオエネルギーが穀物市場を変える」 穀物(商品市況研究所) 143 2006年8月
樋口倫生 韓国経済における農業部門の位置づけ 『韓国経済研究』 Vol.6 2006年8月
福田竜一 G経営体とG農協 総研レポート「農業経営の環境変化と農協金融の対応に関する調査」 18調No.8 2006年8月
福田竜一 先進諸国の農産物輸出国家貿易企業の現状と論点 行政対応特別研究[交渉戦略]研究資料 1号 2006年8月
相川良彦 花と人間 グリーン情報   2006年9月
河原昌一郎 「中国の遺伝子組換農産物の動向」 農林経済 9807号 2006年9月
河原昌一郎 「中国郷鎮企業改革の動向」 Techno Innovation 16・4 2006年9月
小泉達治 「米国におけるバイオエタノール政策・需給動向」 砂糖類情報(農畜産業振興機構) 120 2006年9月
小泉達治 「ブラジルのバイオエタノール・砂糖政策の動向分析」 平成17年度農林水産政策研究所成果情報 5 2006年9月
櫻井武司 戦争と土壌劣化-西アフリカ、サヘル地域における実証 環境情報科学 35巻2号 2006年9月
須田文明 「コンヴァンシオン理論」 『進化経済学会ハンドブック』、共立出版   2006年9月
福田竜一 農産物輸入関税割当制度改革の効果と影響-アメリカの牛肉輸入関税割当制度での試算- 農業経営研究 44巻2号 2006年9月
吉井邦恒 欧米における農業経営安定対策の動向-アメリカ次期農業法案を中心に- 東北農業経済学会福島大会  42回 2006年9月
吉井邦恒 品目横断的経営安定対策の効果について 東北農業経済学会福島大会  42回 2006年9月
吉井邦恒 日本における新たな品目横断的経営安定対策の導入と研究課題 北東アジア農政研究フォーラム第4回国際シンポジウム   2006年9月
Kunihisa Yoshii An Preliminary Study on the New Core Farmer's Management Stabilization Scheme 北東アジア農政研究フォーラム第4回国際シンポジウム   2006年9月
吉井邦恒・Trung・大山達雄 わが国の食料自給率向上戦略作成のための食料供給ネットワークモデル分析 日本オペレーションズ・リサーチ学会平成18年秋季研究発表会   2006年9月
岡江恭史 ベトナム村落の市場経済化と農民の選択 日本村落研究学会研究通信 217号 2006年9月
薬師寺哲郎 砂糖関連部門の波及効果と国民負担-地域間産業連関表を用いた分析- 農林水産政策研究 12 2006年9月
OKAE Takashi Anh Huong cua hop tac xa kieu moi doi voi kinh doanh nui lon o lang xa dong bang song Hong(紅河デルタ村落の養豚経営に対する新型協同組合の影響) Nghien cuu kinh te(経済研究) 341号 2006年10月
相川良彦 ワインと花と福祉 グリーン情報   2006年10月
河原昌一郎 中国郷鎮企業の株式合作制に関する制度的考察 農林水産政策研究所レビュー 21 2006年10月
小林茂典 需要動向からみた加工・業務用野菜の今後の展開予測 施設と園芸 135号 2006年10月
須田文明 資本主義の新しい精神と企業倫理 経済理論学会大会予稿集  54回 2006年10月
樋口倫生 「牛の月齢判別に関する検討会」報告書に対する検証 地域農林経済学会大会報告要旨  2006年度 2006年10月
上林篤幸 「OECD-FAOAgricultural Outlook 2006-2015」の概要(砂糖関連部分)~今後の世界砂糖市場の動向 月刊砂糖類情報 No.122 2006年11月
上林篤幸 「バイオ燃料の動向の影響に注意が必要;OECD-FAO農業見通し2006-2015の概要」 月刊食料と安全 4巻11号 2006年11月
上林篤幸 どうなる?乳製品の国際マーケット「OECDAgricultural Outlook 2006-2015の概要」 別冊Dairy Japan 牛乳生活情報 48号 2006年11月
Takeshi Sakurai Measurement and Analytical Framework on Social Capital Potential of Social Capital for Community Development (Asian Productivity Organization)   2006年11月
須田文明他 バティフリエ『コンヴァンシオン理論の射程:政治経済学の復権』(翻訳) 昭和堂   2006年11月
須田文明 力と議論:シャトーレイノによるナノテクの言説分析 科学技術社会論学会第5次年次研究大会予稿集   2006年11月
中川尚志・相原佑康・高橋祐一郎 STS研究における政府系政策研究機関のネットワーク化について 科学技術社会論学会第5次年次研究大会予稿集   2006年11月
高橋祐一郎 ナノテクノロジーと市民的価値 科学技術社会論学会第5次年次研究大会予稿集   2006年11月
三上直之・杉山滋郎・山口富子・高橋祐一郎 ナノテクの社会適用における市民参加型手法の可能性 科学技術社会論学会第5次年次研究大会予稿集   2006年11月
薬師寺哲郎 食料・農業 統計でみる日本2007((財)日本統計協会)   2006年11月
上林篤幸 バイオ燃料の動向の影響に注意が必要;OECD-FAO農業見通し2006-2015の概要 月刊食料と安全(全国瑞穂食糧検査協会) 4巻 2006年11月
上林篤幸 OECD-FAO Agricultural Outlook 2006-2015 の概要(砂糖関連部分)~今後の世界砂糖市場の動向 月刊砂糖類情報(農畜産業振興機構) No.122 2006年11月
上林篤幸 どうなる?乳製品の国際マーケット「OECD-FAO Agricultural Outlook の概要」 別冊Dairy Japan 牛乳生活情報(デーリイ・ジャパン社) 48号 2006年11月
上林篤幸 2006-2015OECD-FAO農業見通しの概要-バイオ燃料の動向に注視- 輸入食糧協議会報(輸入食糧協議会) 2006年11月号 2006年11月
上林篤幸 北イタリアの稲作-EUコメ政策改革の意義と影響 日本農業経済学会報告論文集  2006年度 2006年12月
上林篤幸 歴史を踏まえたEU(欧州連合)砂糖政策の転換点~今後の動向に注目~ 月刊砂糖類情報 No.123 2006年12月
佐藤百合香・大橋めぐみ 日本短角種牛肉の地場消費者の特徴 農業経営通信(中央農業研究センター) 230,34月37日 2006年12月
小野智昭 農外企業の農業参入と農地制度について 農政調査時報 No.556 2006年12月
勝又健太郎 米国ニューヨーク州の生乳生産における規模の経済-スタンチョンとパーラーの比較- 日本農業経済学会論文集 2006年度  2006年12月
河原昌一郎・明石光一郎 中国における農民収入の増加に伴う食糧生産量の変化に関する一考察 農林水産政策研究所レビュー 22 2006年12月
小泉達治 米国農務省における穀物等中期需給予測について 食料と安全 4巻 2006年12月
小泉達治 ブラジルにおけるバイオディーゼル計画の実態と課題 日本農業経済学会論文集  2006年度 2006年12月
小泉達治 世界のバイオエタノール政策と農産物 Dairyman 56(12) 2006年12月
櫻井武司 「辻井博・松田芳郎・浅見淳之編著『中国農家における公正と効率』(書評)」 農業経済研究 78巻3号 2006年12月
佐々木宏樹 「環境支払い政策の制度設計-行動経済学の政策適用-」 日本農業経済学会論文集  2006年度 2006年12月
須田文明他 エマール=デュヴルネ『企業の政治経済学』 ナカニシヤ出版   2006年12月
立川雅司 「アメリカにおける遺伝子組換え作物規制の特徴-上市前認可権限と上市後監督権限-」 『Techno Innovation(テクノイノベーション)』,(社)農林水産先端産業技術振興センター(STAFF) 62号 2006年12月
樋口倫生 韓国農業部門の相対的縮小過程に関する分析 日本農業経済学会論文集  2006年度 2006年12月
福田竜一 政治的圧力が関税交渉に及ぼす影響 日本農業経済学会論文集  2006年度 2006年12月
薬師寺哲郎 砂糖関連部門の波及効果と国民負担-地域間産業連関表を用いた分析- 農林水産政策研究所レビュー 22 2006年12月
大賀圭治・小泉達治 バイオマス燃料の食料に及ぼす影響についての予備的考察 農業研究 19 2006年12月
上林篤幸 歴史を踏まえたEU(欧州連合)
砂糖政策の転換点~改革の今後の動向に注目~
月刊砂糖類情報(農畜産業振興機構) No.123 2006年12月
小泉達治 米国におけるバイオエタノール政策の動向と課題 穀物   2007年1月
藤岡典夫 EC-バイテク産品(GMO)事件
WTOパネル報告の内容と意義
農業バイオプロジェクト資料 1 2007年1月
勝又健太郎 米国酪農家の生乳生産のコストと利益はどうなっているのか Dairy Japan 52巻3号 2007年2月
橋詰登 農業集落の変容プロセスにみる農業・農村問題 農業協同組合経営実務 62(1) 2007年2月
橋詰登 農業政策と農村政策のバランス 都市問題 98(2) 2007年2月
清水純一 ブラジル農業の概要 農村と都市をむすぶ 664 2007年2月
上林篤幸 国際的な動物疾病管理のための枠組の整備が必要「OECD-FAO農業見通し(AgriculturalOutlook)2006-2015」の概要(食肉関係) 畜産コンサルタント(中央畜産会) No.506 2007年2月
福田竜一 韓国におけるコメのミニマムマーケットアクセス拡大による影響試算 日本農業経済学会大会報告要旨  2007年度 2007年3月
鈴木宣弘・木下順子 日中韓+アセアンの経済連携強化の重要性と可能性 平成17~18年度科学研究費補助金研究成果報告書   2007年3月
Nobuhiro Suzuki and Junko Kinoshita Feasibility of an East Asian FTA and Common Agricultural Policy 平成17~18年度科学研究費補助金研究成果報告書   2007年3月
藤岡典夫 食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析―第5回EC-バイテク産品(GMO)事件 農林水産政策研究所レビュー 23 2007年3月
立川雅司 アメリカにおける農地転用規制政策および企業の農地所有規制に関する動向 海外重要研究「先進諸国における地域経済統合の進展下での農業部門の縮小・再編に関する比較研究」研究資料   2007年3月
藤岡典夫 食品安全・動植物検疫措置に関するWTO紛争事例の分析―第5回EC-バイテク産品(GMO)事件 農林水産政策研究所レビュー 23 2007年3月
岡江恭史 WTO加入へと至るベトナム農政の展開と農林水産業の概況 FTA・WTO体制下のアジアの農業,食品産業と貿易(行政対応特別研究[交渉戦略]プロジェクト研究資料) 4 2007年3月
岡江恭史 アジアにおける鳥インフルエンザ 第2章ベトナムの家畜衛生行政と鳥インフルエンザへの取り組み 人獣共通感染症チーム研究資料 1号 2007年3月
岡江恭史 コックタイン合作社の組織と財務 百穀社通信 14 2007年3月
岡江恭史 ハイズオン省カオドイ村調査報告 百穀社通信 15 2007年3月
岡江恭史・大野美紀子・小川有子 2005年ソムBアンケート概要 百穀社通信 17 2007年3月
橋詰登 集落の小規模化から機能低下,果ては消滅か 農林経済 9850 2007年3月
橋詰登 農業機械の中期需要予測 平成18年度農業機械の中期需要予測報告書(日本農業機械工業会)   2007年3月
清水純一 ブラジル農業の概観と農業政策の展開 南米における農業政策の変遷-ブラジルの事例ほか-(行政対応特別研究[交渉戦略]研究資料第3号)   2007年3月
岡江恭史 ベトナムの新設合作社とそのリーダーシップ
ベトナムの社会と文化
7 2007年3月
河原昌一郎・伊藤順一・明石光一郎・ 山下憲博 中国農業・農村の新たな諸相と動向 行政対応特別研究 交渉戦略プロジェクト研究資料 2号 2007年3月
櫻井武司・高橋大輔・松本隆平・岡江恭史・柳京煕・會田陽久・樋口倫生 FTA・WTO体制下のアジアの農業、食品産業と貿易 行政対応特別研究 交渉戦略プロジェクト研究資料 4号 2007年3月

 

ページトップへ

 口頭発表および講演

講演者

演題

講演会名

発表年月日

高橋祐一郎 失敗と市民参加 お茶の水女子大学公開講座「化学・生物総合管理の再教育講座」リスク学事例研究3(お茶の水女子大学) 2006年5月20日
林岳 マクロ環境会計と農林業の環境評価 システム農学会2006年度春季シンポジウム 2006年5月25日
吉田泰治 エクセルを用いた産業連関分析 平成18年度専科「産業連関表による経済波及効果分析」(総務省統計研修所) 2006年5月31日~6月2日
櫻井武司 環境変動下での生態レジリアンスと人間活動 レジリアンスプロジェクト第1回ワークショップ(総合地球環境学研究所) 2006年6月3日
櫻井武司・Kimseyinga Savadogo Household's Coping with Covariate Shock and Natural Resource Degradation: Evidence from the Ivorian Crisis 日本経済学会2006年度春季大会(日本経済学会) 2006年6月4日
小泉達治 Bio-fuel policy and food security International Grains Council Coferenece 2006,    London (International Grains Council) 2006年6月13日
小泉達治 Concurrent Ethanol Programs:Impacts on the World Corn Markets International Grains CouncilCoferenece 2006,   London(International Grains Council) 2006年6月14日
吉田泰治 原油高騰のフードシステムへの影響 2006年度日本フードシステム学会大会(日本フードシステム学会) 2006年6月18日
高橋克也・薬師寺哲郎・平形和世・竹下亜古・福井誠 「フードシステムにおける安全性の心理評価と構造」 日本フードシステム学会個別報告 2006年6月18日
樋口倫生 食品安全政策の便益推計-疾病費用によるアプローチ- 日本フードシステム学会2006年度大会セッション (フードシステム研究の新領域Part3)報告 2006年6月18日
上林篤幸 OECDAgricultural Outlook and AGLINKmodel 韓国農村経済研究院(KREI) 2006年6月19日
柳京熙 韓国の対日農産物輸出についての現状と展望 韓国全羅北道庁 2006年6月20日
佐藤孝一 平成17年度農業経営の環境変化と農協金融の対応に関する調査結果の概要 平成17年度農業融資に関する調査報告会(農林中金総合研究所) 2006年6月23日
山下憲博 日中農民合作組織的差別(中国語) 日中農民合作組織現場報告会 (於中国吉林省輝南県、主催:中国農業科学院農業経済発展研究所日中農業経済研究センター) 2006年6月28日
會田陽久 有機農産物の購入変化と消費者の属性分析 日本農業市場学会2006年度大会(日本農業市場学会) 2006年7月2日
Takeshi Sakurai・Kimseyinga Savadogo War-Induced Transient Poverty and Environmental Degradation: Evidence from Burkina Faso, West Africa 3rd World Congress of Environmental and Resource Economists(SEEPS, AERE, EAERE, and ALEAR) 2006年7月3日~7日
櫻井武司・夏原和美 インドにおける森林の多面的機能の実証 環境経済・政策学会2006年大会(環境経済・政策学会) 2006年7月3日~7日
林岳・山本充・高橋義文 環境改善ポテンシャル指標による農林業が持つ環境改善能力の評価 環境経済・政策学会2006年大会 2006年7月7日
高橋克也・竹西亜古 「フードシステムにおける安全性の心理評価と構造-共分散構造分析による-」 第328回関西社会心理研究会個別報告 2006年7月15日
高橋克也 「フードシステムにおける情報伝達構造-ノンパラメトリック検定による-」 第328回関西社会心理研究会個別報告 2006年7月15日
増田敏明 ETA/EPAについての農林水産分野における取り組み 食料・農業協力講演会(国際農林業協力・交流協会、国際食糧農業協会の共催) 2006年7月19日
山下憲博 最近の中国の農業政策とトウモロコシの需給動向 飼料関係懇話会(配合飼料供給機構) 2006年7月21日
岡江恭史 ベトナムの村落と農家経済 定例研究会(2022回 2006年8月1日
Takeshi Sakurai・Jun Furuya・Koichi Futakuchi Rice Miller Cluster in Ghana and Its Effects on Efficiency and Quality Improvement  26th Conference of the International Association of Agricultural Economists(International Association of Agricultural Economists) 2006年8月12日~18日
Kei Kajisa・K. Palanisami・Takeshi Sakurai The Dissemination of Private Wells and Double Tragedies: the Overexploitation of Groundwater among Well Users and Increased Poverty among Non-Well Users in Tamil Nadu, India 26th Conference of the International Association of Agricultural Economists(International Association of Agricultural Economists) 2006年8月12日~18日
Masashi Tachikawa Policy Style and Civil Society - A Case Study of GMOs in the US and the EU - Rural Sociological Association, Louisville, Kentucky, USA 2006年8月13日
Takashi HAYASHI・Yoshifumi TAKAHASHI ・ Mitasu YAMAMOTO Developing an indicator for environment improvement potential in the agricultural sector  26th Confrence of the International Association of Agricultural Economists 2006年8月15日
高橋祐一郎 食の安全・安心からみた”まぐろ” 平成18年度産業技術、情報技術等に関する指導者の要請を目的とした研修「まぐろ漁業を取り巻く状況に関する講義と実習」(全国水産高等学校校長協会) 2006年8月22日
福田竜一 Analysis of Free Trade Agreement by Cooperative Game Theory -A Case Study of The US and Australia Free Trade Agreement 第4回北東アジア農政研究フォーラム国際シンポジウム(韓国農村経済研究院) 2006年9月5日
吉田泰治 原油価格高騰が日本の農漁業・食品産業へ与える影響の評価 第4回北東アジア農政研究フォーラム 2006年9月5日
田中樹・真常仁志・内田諭・平野聡・櫻井武司 サヘル地域の農民の外部性ショックへの対処行動にみる土壌への働きかけ 日本土壌肥料学会2006年度年次大会(日本土壌肥料学会) 2006年9月5日~9日
Katsuya Takahashi "The Changing Consumer and Food System in Japan -Current situation, Food safety, Marketing strategy-" 2006 FFTC-NACF International Seminar on Agricultural Cooperatives in Asia: Innovations and Opportunities in the 21st Century 2006年9月11日~14日
松原明紀 日本の農業政策の長期的展望 大韓民国忠北大学校農業生命環境大学開学55周年記念シンポジウム 2006年9月20日
竹ノ内徳人・阿部覚 「ぎょしょく教育」の実践と課題~愛媛県における魚の食育~ 特別研究会「魚の食育」と国内水産物の食料供給システムに関する研究会 (農林水産政策研究所) 2006年9月21日
大橋めぐみ グリーンツーリズムと地域振興 平成18年度専門能力強化研修(農林水産生活技術研修館) 2006年9月27日
山下憲博 日中農業保険の相違点 日中農業保険セミナー(於北京、中国農業科学院農業経済発展研究所日中農業経済研究センター) 2006年10月11日
山下憲博 日中の農業保険の相違点について 日中農業保険セミナー(中国国務院発展研究センター及び中国農業科学院農業経済発展研究所) 2006年10月11日
金子いづみ 集落営農の目的とリーダーの役割 集落営農推進リーダー養成講座:旭会場(千葉県水田農業推進協議会) 2006年10月12日
金子いづみ 集落営農の目的とリーダーの役割 集落営農推進リーダー養成講座:印旛会場(千葉県水田農業推進協議会) 2006年10月17日
川崎賢太郎 分散錯圃と規模の経済-フロンティア費用関数による実証分析- 応用経済学セミナー(東京大学) 2006年10月19日
櫻井武司 西アフリカにおける低湿地稲作の集約化と緑の革命の可能性 名古屋大学農学国際教育協力研究センター第7回オープンフォーラム「アフリカにおける稲作振興の現状と今後の日本の役割-NERICAの研究と普及を例にして-(名古屋大学農学国際教育協力研究センター) 2006年10月20日
鈴村源太郎 認定農業者の経営管理能力とマーケティング対応力 平成18年度日本農業経営学会研究大会個別報告(日本農業経営学会) 2006年10月22日
小泉達治 「米国と中国におけるバイオ燃料政策の拡大が国際とうもろこし需給に与える影響」 我が国における食料供給予測に関するワーキンググループ(総合食料局食料企画課) 2006年10月25日
小泉達治 「米国と中国におけるバイオ燃料政策の拡大が国際とうもろこし需給に与える影響」 地球温暖化と食料需給に関する講演会(農林水産政策研究所) 2006年10月25日
立川雅司 「情報の現状及びその課題-街にある情報から考える-」 お茶の水女子大学「化学・生物総合管理再教育講座」後期 2006年10月27日
伊藤寛幸,林岳,山本充 広域農道によるリダンダンシー機能の効果分析 第56回地域農林経済学会大会 2006年10月29日
金子いづみ 集落営農にどう取り組むか 平成18年度営農生活指導員パワーアップ大会50周年記念大会記念講演会(佐賀県農協営農生活指導員協議会) 2006年10月31日
小泉達治 「バイオ燃料政策の国際的動向と中南米」 中南米勉強会(JICA) 2006年11月2日
金子いづみ 集落営農にどう取り組むか 共済部長研修会(三豊農業共済組合) 2006年11月5日
立川雅司・河野恵伸(農業・食品産業技術総合研究機構) 「ナノテクをめぐる政策と市民:バイテクの経験から学べること」 科学技術社会論学会,北海道大学 2006年11月11日~12日
大橋めぐみ・永田淳嗣(東京大) 短角牛肉流通のシステム論的分析 人文地理学会大会(人文地理学会) 2006年11月12日
金子いづみ 集落営農の組織形態と中山間地域における集落営農の可能性 第44回農政連・農業者連盟幹部研修会(福井県農政連) 2006年11月13日
伊藤順一 Inter-Regional and Inter-Temporal Differences of Agricultural Productivity in China: Distinction between Biochemical and Machinery Technology     2006年秋季TEA研究会(TEA研究会) 2006年11月18日
Takeshi Sakurai, Jun Furuya, and Koichi Futakuchi The Role of Industrial Cluster in Market Development: The Case of Rice Milling in Ghana 2006年秋季TEA研究会(TEA研究会) 2006年11月18日
林岳,高橋義文,山本充 NAMEAによる地域農林業の環境影響評価 日本応用経済学会2006年度秋季大会 2006年11月25日
高橋祐一郎・小林傳司・八木絵香 科学コミュニケーションを促す市民参加型手法の実践例 「コンセンサス会議」 サイエンスアゴラ2006ワークショップ「参加型科学コミュニケーションの多様性」(科学技術振興機構) 2006年11月26日
金子いづみ 「集落営農」戦略下での富山県の集落営農の展開と課題 平成18年度JA営農指導員研修会(富山県農業協同組合中央会) 2006年12月11日
松原明紀 農政改革について 「実務公共政策」(各府省によるオムニバス講義)の一つとして(早稲田大学大学院公共経営研究科) 2006年12月14日
河原昌一郎 中国の農業問題:食糧、労働力、土地問題を中心として 中国研究会(財務総合政策研究所) 2006年12月15日
Takeshi Sakurai and Kimseyinga Savadogo War-Induced Covariate Shocks and Poverty in Burkina Faso 平成18年度貧困削減開発戦略研究会(国際開発高等教育機構) 2006年12月16日~17日
岡江恭史 ベトナムにおける農村金融と社会構造 第37回中国研究会(東京農工大学) 2007年1月11日
佐々木宏樹 「環境支払い政策の制度設計-行動経済学の政策適用-」 滋賀大学環境総合研究センター
第21回公開研究会
2007年1月29日
Tatsuji Koizumi and Keiji Ohga Impacts of the Chinese Fuel-Ethanol Program on the World Corn Market: An Econometric Simulation Approach Farm Foundation and ERS Workshop, USDA 2007年2月28日
Tatsuji Koizumi and Keiji Ohga Impacts of Japanese Bio-Ethanol Program on the Brazilian and World Sugar Market: An Econometric Simulation Approach Farm Foundation and ERS Workshop, USDA 2007年2月28日
橋詰登 農業構造分析の視点と手法 構造統計担当者会議(福島農政事務所) 2007年2月28日
Keiji Ohga and Tatsuji Koizumi Biofuels Policies in Asia: Trade effects on Agricultural and Biofuels Trade USAD Agricultural Outlook Forum 2007年3月2日
立川雅司 「GMOをめぐる国際最新動向」 日本フードシステム学会関東支部報告(東京大学農学部) 2007年3月10日
吉田行郷 統計データ及びヒアリング結果による小麦の需給変動要因に関する分析 小麦粉の需要動向分析研究結果説明会(製粉振興会) 2007年3月12日
吉井邦恒 アメリカ次期農業法をめぐる状況-アメリカ農務省提案を中心に- 経営安定対策に関する研究会(東北大学大学院農学研究科) 2007年3月19日
小泉達治 バイオ燃料政策の展開と今後の課題 世界バイオ燃料政策東京フォーラム 2007年3月20日
岡江恭史 ベトナム農村における銀行融資をめぐる社会関係 東南アジア移行経済におけるマイクロファイナンスと農村社会変動(京都大学東南アジア研究所) 2007年3月20日

 

ページトップへ

お問い合わせ先

企画広報室広報資料課
ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX:03-6737-9098

組織案内・調達

関連リンク集