ホーム > 研究概要 > 研究活動一覧 > 過去の研究活動一覧 > 研究活動一覧(平成19年度)


ここから本文です。

研究活動一覧(平成19年度)

研究論文および雑誌記事等

口頭発表および講演

 研究論文および雑誌記事等

研究者名(著者名)

表題

誌名

巻号

発表年月

渡部靖夫 遺伝子組換え作物栽培の国際的な広がりと摩擦 農業と経済 73巻第4号 2007年4月
上林篤幸 デンマークの農業 地理・地図資料 2007年4月号 2007年4月
大橋 めぐみ  地域特産品のプロモート--短角牛の産直から 農業協同組合経営実務 2007年4月号 2007年4月
藤岡典夫 米欧GMO紛争:WTOの裁定下る 農林経済 9857号 2007年4月
河原昌一郎 中国個別産業の動向(食料品) 中国経済・産業の回顧と展望(中国日本商会調査委員会) 2006/2007 2007年4月
小林茂典 主要野菜の加工・業務用需要の動向と産地の対応課題 野菜情報 37号 2007年4月
彭代彦・木下順子・鈴木宣弘 中国の動物性タンパク源消費に関する近年の動向と今後の見通し―肉・魚・酪農品需要の所得階層別所得弾力性の推計(1996-2003年)― 国際食料需給問題研究会報告資料   2007年4月
吉田行郷 我が国における小麦の需給変動要因の分析(前編) 製粉振興 No.485 2007年5月
吉田行郷 我が国における小麦の需給変動要因の分析(前編) 製粉振興 No.485 2007年5月
小林茂典 加工・業務用需要に対応した野菜生産の強化に向けて 農業協同組合経営実務 2007年5月号 2007年5月
藤島廣二・小林茂典 トマト 現代農業 86巻5号 2007年5月
小田切徳美・橋口卓也・澤田守・鈴村源太郎 解説2005年農林業センサス     2007年5月
橋 詰登 農政転換期における日本農業の構造変化 2007年度政治経済学・経済史学会春季総合研究会報告資料   2007年6月
須田文明 食品リスクをめぐる科学的専門知と公共討議:フランスを事例に 『研究論集』 4 2007年6月
上林篤幸 地中海とオリーブ-クロアチアの食料と農業 地理・地図資料 2007年6月号 2007年6月
吉田行郷 我が国における小麦の需給変動要因の分析(後編) 製粉振興 No.486 2007年6月
吉田行郷 我が国における小麦の需給変動要因の分析(後編) 製粉振興 No.486 2007年6月
小泉達治 今 世界では--食料と安全 国際ニュース 米国におけるバイオエタノール政策の展開と農畜産物需給に与える影響 食料と安全 Vol.5(6) 2007年6月
上林篤幸 地中海とオリーブ-クロアチアの食料と農業 地理・地図資料 2007年6月号 2007年6月
小林茂典・藤島廣二 キャベツ 現代農業 86巻6号 2007年6月
橋詰登 人口減少下における農山村構造の変化と将来展望 『人口減少時代における農業・農村の持続性確保と効率的代謝・再編過程に関する研究』(平成16~18年度科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書)   2007年7月
鈴村源太郎 農業・農村の活性化とJA第7回若者に人気を博する農村型ワーキングホリデー 農業協同組合経営実務 2007年7月号 2007年7月
藤島廣二・小林茂典 タマネギ 現代農業 86巻7号 2007年7月
木下順子・彭代彦 中国の食生活は「洋風化」しているか―中国都市部における動物性タンパク源需要の将来展望― 農林経済 9876号 2007年7月
木下順子 食料輸入と窒素収支、硝酸態窒素蓄積の現況と将来 『食べ方で地球が変わる-フードマイレージと食・農・環境-』所収   2007年7月
樋口倫生 「牛の月齢判別に関する検討会」報告書の妥当性に対する検証 農林業問題研究
43巻第1号 2007年8月
OKAE, Takashi Microfinance and rural community in Vietnam Asian Rural Sociological Association (ARSA) 3rd International Conference : Abstract    2007年8月
川崎賢太郎 グローバリゼーション下の食料安全保障 農業と経済 2007年8月臨時増刊号 2007年8月
小泉達治 米国農務省における穀物等中期需給予測の概要 食料と安全 Vol.5(8) 2007年8月
小林茂典・藤島廣二 レタス 現代農業 86巻8号 2007年8月
橋詰登 実態調査編 E. 山梨県小菅村 「市町村合併における森林行政の変貌と対応」に関する調査研究報告書   2007年8月
鈴村源太郎 認定農業者の経営管理能力とマーケティング対応力 農業経営研究 45巻第2号 2007年9月
小泉達治 米国におけるバイオエタノール政策の展開と農畜産物需給に与える影響 農林水産政策研究所レビュー No.25 2007年9月
香月敏孝 産直によって消費者交流を実践する柑橘生産者組織「無茶々園」 農業協同組合経営実務 2007年9月号 2007年9月
吉井邦恒 アメリカの農業保険をめぐる最近の状況(1) 月刊NOSAI 59巻9号 2007年9月
Junko Kinoshita and Nobuhiro Suzuki Feasibility of an East Asian FTA and Common Agricultural Policy 第7回福岡アジア国際会議(2007年9月5月6日日)"Globalizaion and Asia in Transformation"報告資料   2007年9月
樋口倫生 韓国の自由貿易協定(FTA)への取組
-韓米FTAを中心として-

食料と安全
  2007年9月
藤島廣二・小林茂典 ネギ 現代農業 第86巻9号 2007年9月
玉井哲也 オーストラリアの有機農産物事情 農林水産政策研究所レビュー No.号 2007年9月
Nobuhiro Suzuki, Junko Kinoshita and Hideyuki Kano Feasibility of an East Asian FTA and Common Agricultural Policy: Analysis of Agricultural and Environmental Impacts Journal of the Faculty of Agriculture Kyushu University 52(2) 2007年10月
小野智昭 建設企業の農業参入-東北の事例から- 農業協同組合経営実務 2007年10月号 2007年10月
小林茂典・藤島廣二 ホウレンソウ 現代農業 86巻10号 2007年10月
吉井邦恒 アメリカの農業保険をめぐる最近の状況(2) 月刊NOSAI 59巻10号 2007年10月
鈴村源太郎 都市農村交流の新たな取組みと参加者の意識-長野県飯田市の農村型「ワーキングホリデー」を事例として- 農業問題研究 61号 2007年11月
F. SUDA,  A. Ebizuka Book Review: Batifoulier,P.(ed) Theorie des Conventions, Economica, Paris, 2001 Evolutionary and Institutional Economics Review 4(1) 2007年11月
吉井邦恒

地域ベースのIndex Insuranceのわが国農業共済への導入可能性について

日本リスク研究学会第20回研究発表会講演論文集 20巻 2007年11月
上林篤幸 2007-2016年OECD-FAO農業見通しの概要 食料と安全 Vol.5(11) 2007年11月
吉井邦恒 アメリカの農業保険をめぐる最近の状況(3) 月刊NOSAI 59巻11号 2007年11月
藤島廣二・小林茂典 ゴボウ 現代農業 86巻11号 2007年11月
橋詰登 小菅村における林業・山村の現状と課題 森林レクリエーション No.246 2007年11月
木下順子 中国の牛乳需要はすでに飽和に向かっている可能性が-中国における食生活の「洋風化」はどこまで進むか- デーリィマン 57(11) 2007年11月
藤岡典夫 食品安全性をめぐるWTO紛争―ホルモン牛肉事件からGMO事件まで     2007年11月
薬師寺哲郎 食料・農業 統計でみる日本2008   2007年11月
上林篤幸 アメリカ砂糖産業の保護政策の自由化に関する計量モデル分析-関税割当枠の段階的増加がもたらす影響- 開発学研究 18巻2号 2007年12月
上林篤幸・伊藤正人 EUにおけるバイオ燃料事情および政策の動向-フランスおよびバイオエタノールを中心として- 日本農業経済学会論文集  2007年度 2007年12月
福田竜一 韓国におけるコメのミニマムマーケットアクセス拡大による影響試算 日本農業経済学会論文集 2007年度  2007年12月
樋口倫生 腸管出血性大腸菌感染症の社会的費用-疾病費用(COI)法による計測- 日本農業経済学会論文集  2007年度 2007年12月
松久勉 北東アジアにおける高齢化の状況 農林水産政策研究所レビュー No.26 2007年12月
樋口倫生 韓国の対米FTAへの取組 農林水産政策研究所レビュー No.26 2007年12月
佐藤孝一 国産大豆の現状と課題ー大豆流通の視点から 農業協同組合経営実務  2007年12月号 2007年12月
小林茂典・藤島廣二 ニンジン 現代農業 86巻12号 2007年12月
長谷川晃生 変革期における農協の農業金融への動き AFCフォーラム(農林漁業金融公庫) 55巻9号 2007年12月
須田文明、丸山茂、小島宏 翻訳:P.ブルデュー著『結婚戦略:家族と階級の再生産』     2007年12月
小林茂典・香月敏孝 機動的な生産・出荷体制と多様な販路の確保による契約取引への取組 野菜情報 46号 2008年1月
小林茂典・榊田みどり 加速する「食の外部化」、産地はいかに対応するか(解説) 地上 2008年1月号 2008年1月
藤島廣二・小林茂典 サトイモ 現代農業 87巻1号 2008年1月
上林篤幸 書評茅野信行著「アメリカの穀物輸出と穀物メジャーの発展」 フードシステム研究 14巻3号 2008年2月
小泉達治 マレーシアにおけるバイオ燃料政策の展開と課題について 食料と安全 Vol.6(2) 2008年2月
小林茂典 増加する輸入野菜とその利用状況 地理・地図資料 2008年2月号 2008年2月
小林茂典・藤島廣二 ダイコン 現代農業 87巻2号 2008年2月
松久勉 少子高齢化時代の農業雇用労働力の確保に向けて 農業協同組合経営実務 2008年2月号 2008年2月
高橋克也・河野恵伸・大浦裕二 フードチェーンにおける情報ニーズと開示の非対称性 フードシステム研究(日本フードシステム学会) 14巻3号 2008年3月
鈴村源太郎 農業経営者能力に関する実証的考察-認定農業者に焦点をあてて- 農林水産政策研究所レビュー No.27 2008年3月
林岳 バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測 農林水産政策研究所レビュー No.27 2008年3月
河原昌一郎、明石光一郎 中国の食料、農業、農産物貿易等の動向中国の食料消費構造の変化 所内プロジェクト研究〔中国〕研究資料
 
  2008年3月
伊藤順一 戸籍制度撤廃の影響予測 所内プロジェクト研究〔中国〕研究資料
  2008年3月
岡江恭史  カントリーレポート:ベトナム―WTO加盟に伴う農業関連制度の改正と最新の農業・農政動向― 平成19年度カントリーレポート:ASEAN,ベトナム   2008年3月
松久勉 農業専従者の存在形態と雇用労働力 農林水産政策研究所レビュー No.27 2008年3月
大橋めぐみ・永田淳嗣・藤森英樹 日本短角種飼養農家の畜種・技術選択 東北農業研究センター農業経営研究 25 2008年3月
河原昌一郎 日中両国農村の高齢化の現状と課題 PIE/CIS Discussion Paper(一橋大学経済研究所) No.352 2008年3月
小泉達治 インドネシアにおけるバイオディーゼル政策の展開と課題について 食料と安全 6(3) 2008年3月
Nobuhiro Suzuki and Junko Kinoshita Can Asian farmers survive in an era of free trade? 鹿児島大学大学院連合農学研究科主催による国際シンポジウム(2008年3月15日)「自由貿易体制のアジアの農業へのインパクト」報告資料   2008年3月
Nobuhiro Suzuki and Junko Kinoshita Can Asian Countries Ensure Food Security?  (社)国際農林業協働協会「日アセアン地域技術交流事業平成19年度報告書」   2008年3月
小林茂典 レタス、にんじん、ほうれんそうの生産・流通状況 平成19年度野菜等健康食生活協議会外食・中食野菜等利用増大検討小委員会報告書   2008年3月
小林茂典・香月敏孝 卸売市場のコーディネーター機能を活用した契約取引への取組 野菜情報 48号 2008年3月
長谷川晃生 農協における集落営農組織への金融対応の現状 農中総研 調査と情報 農林中金総合研究所 5号 2008年3月
藤島廣二・小林茂典 関東地区昔がえりの会 現代農業 87巻3号 2008年3月
鈴村源太郎 現代農業経営者の経営者能力-わが国の認定農業者を対象として- 農林水産政策研究叢書 8号 2008年3月
長谷川晃生 農協の農業金融への取組と今後の展開方向 『農業・農村金融の新潮流』所収   2008年3月
林岳 農業におけるミクロ環境会計の適用 出村克彦,山本康貴,吉田謙太郎編著『農業環境の経済評価』北海道大学出版会所収   2008年3月
林岳,山本充 マクロ環境会計による農林業の環境評価 出村克彦,山本康貴,吉田謙太郎編著『農業環境の経済評価』北海道大学出版会所収   2008年3月
林岳,山本充,高橋義文 メゾ環境会計による地域経済と農林業の持続可能性の分析 出村克彦,山本康貴,吉田謙太郎編著『農業環境の経済評価』北海道大学出版会所収   2008年3月
河原昌一郎・會田陽久 平成19年度カントリーレポート:中国,韓国 行政対応特別研究[二国間]研究資料 1号 2008年3月
河口正紀・岡江恭史 平成19年度カントリーレポート:ASEAN,ベトナム 行政対応特別研究[二国間]研究資料 1号
2008年3月
櫻井武司・芝原真紀・高橋大輔・Irene K. Ndavi 平成19年度カントリーレポート:インド,サブサハラ・アフリカ 行政対応特別研究[二国間]研究資料 1号 2008年3月
玉井哲也・中村敏郎・須田文明 平成19年度カントリーレポート:オーストラリア,アルゼンチン,EU 油糧種子政策の展開
行政対応特別研究[二国間]研究資料 1号 2008年3月
河原昌一郎・明石光一郎・田島俊雄・銭  小平・藤本直也・山下憲博・森  路未央・章  政
中国の食料、農業、農産物貿易等の動向
所内プロジェクト研究〔中国〕研究資料   2008年3月
Koizumi,T.
and Ohga,K.
 Impacts of the Brazilian bio-diesel program on the world soybeans and soybean products market: An Econometric Simulation Approach The Japanese Journal of Rural Economics Vol.10 2008年
Koizumi,T. and Ohga,K.  Biofuels Policies in Asian Countries: Impacts of the Expanded Biofuels Programs on World Agricultural Markets Journal of Agricultural & Food Industrial Organization, Special Issue: Explorations in Biofules Economics, Policy and History 5(8)  2007年
小泉達治 日本におけるバイオエタノール輸入拡大がブラジルおよび国際砂糖需給に与える影響分析 日本農業経済学会論文集  2007年度 2007年
小泉達治
・大賀圭治
ブラジルのエタノール政策の展開と課題 開発学研究 第18巻第2号 2007年
小泉達治 日本におけるバイオエタノール輸入拡大が国際砂糖需給に与える影響分析 農林水産政策研究所レビュー No.26 2007年
小泉達治 米国におけるバイオエタノール政策の展開-とうもろこし需給へ与える影響- 飼料 81 2007年
小泉達治 バイオエタノールと世界食料需給  (発行:筑波書房)   2007年9月
小泉達治 バイオエネルギーとしての農業 『農が拓く東アジア共同体』所収   2007年
小泉達治 農産物の非食用需要と日本の食料事情 『2007年版農産物流通技術年報』所収   2007年
小泉達治 ブラジル・アメリカを中心とするエタノール生産の拡大と食料需給への影響 『世界の穀物需給とエネルギー利用日本農業年報54』所収   2008年

 

ページトップへ

 口頭発表および講演

講演者

演題

講演会名

発表年月日

Masashi Tachikawa Agri-Food Nanotechnology in Japan
paper presented at the International Nanotechnology Workshop: What is Agri-Food Nanotechnology?, Institute for Food and Agricultural Standards, Michigan State University 2007年4月2日~3日
小泉達治 世界のバイオ燃料をめぐる動向 伊藤忠商事勉強会 2007年4月4日
小泉達治 米国・ブラジルにおける燃料用エタノール政策の動向 東京穀物市況調査会主催セミナー 2007年4月6日
Tatsuji Koizumi Chinese Bio-ethanol Program- Diversification the sources of ethanol production-  2007年度日本国際地域開発学会春期大会 2007年4月21日
會田陽久・櫻井武司 ・岡江恭史・山下憲博  アジアにおける鳥インフルエンザ-各国の対応と農業・経済への影響- 定例研究会(2041回) 2007年5月15日
上林篤幸 世界と中国の食料需給:現状と見通し 第26回日中農業科学技術交流グループ(農林水産省) 2007年6月
上林篤幸・伊藤正人 EUにおけるバイオ燃料の進展と原料農産物の現状 バイオマス研究会(農業・食品産業技術総合研究機構) 2007年6月
立川雅司・河野恵伸(独・農研機構・中央農業総合研究センター) ナノテクノロジーが食品分野に与える影響に関する研究課題-社会的受容性の視点から- 日本フードシステム学会 2007年 6月9日~10日
高橋克也・薬師寺・平形・竹西・福井 フードシステムにおける安全性の心理的評価と行動 日本フードシステム学会個別報告 2007年6月10日
高橋克也・薬師寺哲郎・平形和世・竹西亜古・福井誠 フードシステムにおける安全性の心理的評価と行動 2007年度日本フードシステム学会大会個別報告 2007年6月10日
岡江恭史 市場経済下ベトナム農村における就業構造 定例研究会(2045回 2007年6月12日
立川雅司 遺伝子組換え農作物に関する研究開発をめぐる国際的な動向と展望-PMP,共存,WTOパネル- 農林水産省遺伝子組換え研究開発の進め方に関する検討会(第4回),農林水産省 2007年6月14日
Tastuji Koizumi Biofules Policies in Asia Foro Global Agroalimentario 2007年6月14日
河原昌一郎・明石光一郎 対中国農水産物輸出と中国の食料消費の動向 中部農業経済学会 2007年6月23日
上林篤幸 世界と中国の食料需給:現状と見通し 第26回日中農業科学技術交流グループ会議 2007年6月26日
小林茂典 青果物の川下・川中・川上を巡る最近の事情 2007年度青果物マッチメーカー養成講座(栃木県) 2007年6月28日
橋 詰登 農政転換期における日本農業の構造変化 2007年度政治経済学・経済史学会春季総合研究会 2007年6月30日
岡江恭史 ベトナム紅河デルタにおける人口移動と農家経済 「国家・市場・共同体」研究会(京都大学東南アジア研究所) 2007年7月6日
吉井邦恒 アメリカ・カナダの農業保険 北米の農業保険制度に関する研究会(全国農業共済協会) 2007年7月6日
河原昌一郎・明石光一郎 中国の食料消費構造の変化 第1回中国食料・農業問題研究会(農林水産政策研究所) 2007年7月11日
小泉達治 米国等における燃料用エタノールの普及状況と国際食料需給に与える影響 ジエトロ海外調査部セミナー 2007年7月13日
橋 詰登 2005年農業センサスにみる構造変化の特徴 JA総合研究所定例研究会 2007年7月25日
岡江恭史 Microfinance and rural community in Vietnam 第7回SGSD研究会 2007年7月28日
福田竜一 農業保護主義が自由貿易協定戦略に与える影響-自由貿易協定締結構造分析による接近- 第43回東北農業経済学会岩手大会個別報告 2007年8月
小泉達治 世界のバイオエタノール政策の展開と課題 食・農・環フォーラム第80回学習会 2007年8月7日
吉井邦恒 アメリカ次期農業法をめぐる状況とWTO-農業経営安定対策を中心に-  第43回東北農業経済学会岩手大会 2007年8月24日
吉井邦恒 アメリカ次期農業法をめぐる状況とWTO-農業経営安定対策を中心に-  農政ジャーナリストの会 2007年8月25日
小泉達治 米国におけるバイオエタノール政策の展開と課題 農政ジャーナリストの会特別研究会 2007年8月25日
小林茂典 野菜の用途別需要の動向と課題 2007年度日本流通学会・関東甲信越部会研究会 2007年9月1日
高橋克也・熱田健一 環境保全型農業の取り組み実態と経営展開-コンクール表彰事例の分析とアンケート調査から- 日本農業経営学会個別報告 2007年9月14日
高橋克也・熱田健一 環境保全型農業の取り組み実態と経営展開-コンクール表彰事例の分析とアンケート調査から- 日本農業経営学会個別報告 2007年9月14日
市田知子・高橋克也・櫻井清一 農産物直売と支援の現状-ドイツにおける事例調査結果より- 日本農業経営学会個別報告 2007年9月14日
市田知子・高橋克也・櫻井清一 農産物直売と支援の現状-ドイツにおける事例調査結果より- 日本農業経営学会個別報告 2007年9月14日
小泉達治 世界のバイオエタノール政策の展開と課題~米国・ブラジルを中心に~ 日本大学生物資源科学部セミナー 2007年9月14日
松久勉 Features and Causes ofAge Structure in Japan 第5回日中韓セミナー 2007年10月
河原昌一郎 中国農村信用社の概要と課題 農林中金総研研究会 2007年10月1日
上林篤幸 EUにおけるバイオ燃料事情および関連する農業政策の動向 第2048回定例研究会(農林水産政策研究所) 2007年10月2日
小泉達治 バイオエタノールと国際食料需給の展望~米国を中心に~ 日本農業研究所バイオマス燃料研究会 2007年10月2日
林岳,増田清敬,山本充 バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測 環境経済・政策学会2007年大会 2007年10月7日
林岳,増田清敬,山本充 バイオエタノール生産における環境負荷削減効果と地域経済効果の計測 環境経済・政策学会2007年大会 2007年10月7日
小泉達治 米国におけるバイオ燃料政策の展開と課題 定例研究会(2049回 2007年10月9日
Tatsuji Koizumi  Impacts of the Japanese bio-ethanol Import on the World Sugar Markets; Econometric Simulation Approach  5th FANEA Meeting 2007年10月15日
長谷川晃生 The Current State of Agricultural/Rural Finance in Japan 「北東アジア農政研究フォーラム第5回国際シンポジウム」(農林水産政策研究所) 2007年10月15日
小林茂典 加工・業務用野菜の需要動向 加工・業務用野菜産地指導者育成研修会(日本施設園芸協会) 2007年10月23日
小泉達治 米国を中心とするバイオエタノール政策の展開と課題 環境&エネルギーマネージメント戦略特別セミナー 2007年10月26日
高橋祐一郎 STS研究と政策研究(第2回) 科学技術社会論学会(第6回年次研究大会) 2007年11月
吉井邦恒 わが国の食料需給の状況と食料供給ネットワークモデル分析 日本オペレーションズ・リサーチ学会:食料・環境問題における数理的手法研究部会 2007年11月2日
小泉達治 バイオエネルギーとしての農業 国際アジア共同体学会創設記念農業シンポジウム「農が拓く東アジア共同体」 2007年11月2日
吉井邦恒 地域ベースのIndex Insuranceのわが国農業共済への導入可能性について 日本リスク研究学会第20回研究発表会 2007年11月17日
Atsuyuki UEBAYASHI Improvement of AGLINKChinese Module - Why and How? OECDAGLINK model user group meeting 2007年11月22日
小林茂典 地産地消の経済効果 JAファーマーズマーケット全国大会(JA全中他) 2007年12月3日
伊藤順一 Collective action for local commons management: hypotheses from evolutionary game theory and empirical evidence  滋賀大学環境総合研究センター第27回公開研究会(第2回農業・環境・資源経済学ワークショップ) 2007年12月3日
河原昌一郎 日中両国農村の高齢化の現状と課題 第3回APF&SASS上海日中知的フォーラム 2007年12月4日
小泉達治 バイオ燃料が食料需給等に及ぼす影響 平成19年度日本フードシステム学会関東支部研究会 2007年12月8日
小泉達治 バイオエタノール政策・需給の国際的動向と農産物需給等に与える影響 日本ナレッジセンター 2007年12月13日
橋詰登 2005年センサスにみる日本農業の構造変化 日本農業法学会第3回農地制度研究会 2007年12月15日
小林茂典 野菜の需要変化と国の政策 これからの野菜産地のあり方研修会(栃木県) 2007年12月20日
鈴村源太郎 農家以外の農業事業体の躍進がもたらす農業構造再編-2005年農林業センサス分析より- 定例研究会(2055回) 2008年1月15日
河原昌一郎 日中両国農村の高齢化と地域社会-日本の集落と中国の社区 第3回APF&SASS東京日中知的フォーラム 2008年1月22日
小泉達治 ブラジルにおけるバイオエネルギー 異文化理解講座 2008年1月24日
小泉達治 バイオ燃料が食料需給等に与える影響 駐村研究員OB会 2008年1月25日
高橋祐一郎 水産物の流通構造の変化 -多獲性魚介類のブランド化を目指す取組―  定例研究会(2056回) 2008年1月29日
勝又健太郎, Loren Tauer Stanchion and Parlor Milk-ing Cost Function Southern Agricultural Economics Association 2008年2月4日
Tatsuji Koizumi Biofuel Policies in Asia FAO Expert Meetings 2008年2月18日
林岳 農業による環境問題への 影響の評価 農林水産政策研究所シンポジウム「農業環境政策の展望と課題」 2008年2月21日
吉井邦恒 食料供給ネットワークモデル分析と食料自給率 東北大学大学院農学研究科研究会 2008年2月28日
松久勉出田安利 農業分野の外国人研修生等の制度と実態 2008年度日本農業経済学会 2008年3月
玉井哲也 オーストラリアの水資源問題と農業 定例研究会(2059回 2008年3月4日
Atsuyuki UEBAYASHI Modelling Chinese Food Demand Using Partial Equilibrium Model  FAO inner staff group meeting 2008年3月10日
長谷川晃生 農政転換期における農協の農業金融の現状 定例研究会(2060回) 2008年3月24日
伊藤順一 The removal of institutional impediments to migration and its impact on employment, production and income distribution in China TEA研究会春季大会 2008年3月26日
川崎賢太郎 Is Land Fragmentation Beneficial or Harmful? TEA研究会春季大会 2008年3月26日
Atsuyuki UEBAYASHI Estimating Time-Series Elasticities for Food Demand Across Commodities and Countries - Application to Meat Demand Forecasts in China- 2008年度日本農業経済学会大会(宇都宮) 2008年3月28日
鈴村源太郎 農家以外の農業事業体の借地展開にみる水田農業構造再編-2005年農林業センサス分析より- 2008年度日本農業経済学会大会 2008年3月28日
川崎賢太郎 零細分散錯圃の経済効果 2008年度日本農業経済学会大会 2008年3月28日
川崎賢太郎 品目横断政策が北海道畑作農業に及ぼす影響-Supply Response Modelによる分析- 2008年度日本農業経済学会大会 2008年3月28日

 

ページトップへ

お問い合わせ先

企画広報室広報資料課
ダイヤルイン:03-6737-9012
FAX:03-6737-9098

組織案内・調達

関連リンク集