ホーム > 研究概要 > 研究員等紹介 > 川崎賢太郎


ここから本文です。

川崎 賢太郎 (かわさき けんたろう)   クローズアップ研究者のページを見る

1.専門分野

農業問題の数量経済分析

(計量経済分析、シミュレーション分析、実験経済学)

2.略歴

1978年  千葉県生まれ

1997年  県立千葉高校卒業

2001年  東京大学農学部卒業

2003年  東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了

2005年  同博士課程中途退学(所属:経済学研究室、指導教官:本間正義教授、齋藤勝宏助教授)

同年      農林水産省入省  農林水産政策研究所配属

2007年  学位取得(農学博士、東京大学)

2010年  農林水産省大臣官房国際経済課併任

2010年~2012年      米国メリーランド大学農業資源経済学部客員研究員

2015年~   OECD派遣中

3.業績

査読付き論文 

  • Kawasaki, Kentaro and Shinsuke Uchida. forthcoming. “Quality Matters More Than Quantity: Asymmetric Temperature Effects on Crop Yield and Quality Grade,” American Journal of Agricultural Economics.
  • Kawasaki, Kentaro and Erik Lichtenberg. 2014 “Econometric Analysis of Grading Standards: The Ordered Fractional Approach,” American Journal of Agricultural Economics, Volume 96, Issue1, Page 345-365.
  • Kawasaki, Kentaro, Takeshi Fujie, Kentaro Koito, Norikazu Inoue, Hiroki Sasaki. 2012 “Conservation Auctions and Compliance: Theory and Evidence from Laboratory Experiments,” Environmental and Resource Economics, Volume 52, Issue 2, Page 157-179.
  • Kawasaki, Kentaro. 2011. “The Impact of Land Fragmentation on Rice Production Cost and Input Use,” Japanese Journal of Rural Economics, Volume 13, pp. 1–14.
  • Kawasaki, Kentaro. 2010. “The costs and benefits of land fragmentation of rice farms in Japan, ”Australian Journal of Agricultural and Resource Economics, Volume 54, Issue 4, pp. 509–526.
  • 井上憲一・藤栄剛・佐々木宏樹・川崎賢太郎・小糸健太郎「農家経済活動の多角化とリスク態度-中山間地域を対象として-」『食農資源経済論集』第61巻第1号、pp. 95–105、2010年8月
  • 川崎賢太郎「水稲直播栽培技術の採択要因とその効果」『農業経済研究』第82巻第1号、pp.11-22、2010年6月
  • 川崎賢太郎「耕地分散が米生産費および要素投入に及ぼす影響」『農業経済研究』第81巻第1号、pp.14-24、2009年6月
  • 川崎賢太郎「品目横断政策が北海道畑作農業に及ぼす影響-Supply Response Modelによる分析-」『2008年度日本農業経済学会論文集』pp.22-26、2008年12月
  • 川崎賢太郎「経済成長における人的資本の役割:農業・非農業別の視点」『2005年度日本農業経済学会論文集』pp.130-137、2006年3月
  • 川崎賢太郎「農地開墾と植林がインド経済に及ぼす影響 -CGEモデルによるアプローチ-」『2003年度日本農業経済学会論文集』pp.474-476、2003年11月

 

著書

  • 川崎賢太郎「農業環境政策に関する研究レビュー:アメリカを対象として」西澤栄一郎編著『農業環境政策の経済分析』第1章、pp.19-44、日本評論社、2014年3月
  • 川崎賢太郎「稲作農家の技術力と新技術採択行動-直播栽培技術を対象に-」清水昂一監修・鈴木充夫編著『食料・貿易・環境の計量分析』第1章、pp.1-14、農林統計出版、2010年3月
  • 川崎賢太郎「農産物貿易と食料安全保障」生源寺眞一編著『改革時代の農業政策-最近の政策研究レビュー-』第3章、pp.19-50、農林統計出版、2009年7月
  • 川崎賢太郎「GTAPモデルおよびCGEモデルの解説」鈴木宣弘編『FTAと食料 ―評価の論理と分析枠組―』第8章、pp.169-193、筑波書房、2005年7月
  • 川崎賢太郎「GTAPモデルによる日タイFTAおよび日韓FTAの分析」鈴木宣弘編『FTAと食料 ―評価の論理と分析枠組―』第9章、pp.195-232、筑波書房、2005年7月

 

その他の執筆物

4. 教育活動

  • 東京大学大学院農学生命科学研究科・2013年度冬学期・農業・資源経済学特別講義IV “Quantitative Analysis in Agricultural and Resource Economics”
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科・2014年度冬学期・農業・資源経済学特別講義IV “Quantitative Analysis in Agricultural and Resource Economics”
  • 東京大学大学院農学生命科学研究科・2015年度SPターム・農業・資源経済学特別講義IV “Quantitative Analysis in Agricultural and Resource Economics”

5.その他

2004.4~2005.3  日本学術振興会特別研究員 (DC2)

2010.3  日本農業経済学会・学会誌賞

2010.7~2012.6 日本学術振興会・海外特別研究員

 

 

[更新日:20160322]

組織案内・調達

関連リンク集