ホーム > 研究概要 > 研究員等紹介 > 小泉達治


ここから本文です。

小泉 達治 (こいずみ たつじ)   クローズアップ研究者のページを見る

1.専門分野

世界における気候変動、バイオ燃料等の諸要因が世界農産物需給に与える影響について取り組んでいます。

2.略歴

1992年 農林水産省入省。以降,国際部,経済企画庁(現内閣府),中国四国農政局,総合食料局等に勤務。

1999~2000年 米国農務省経済研究所(ERS, USDA)客員研究員(人事院派遣)

2001~2003年 国連食料農業機関(FAO)商品貿易部

2005年 農林水産政策研究所 

2011年11月~2015年3月 農林水産政策研究所派遣職員( 国連食料農業機関(FAO)気候変動・エネルギー・農地保有部)

2015年4月より 農林水産政策研究所食料・環境領域 主任研究官

博士(生物資源科学)

3. 著  書

 単  著 

  • “Biofuels and Food Security: Biofuel Impact on Food Security in Brazil, Asia and Major Producing Countries”, Springer, 2014, pp1-121.
  • 「バイオエネルギー大国ブラジルの挑戦」,日本経済新聞社,2012,pp.1-254.
  • 「バイオ燃料と国際食料需給-エネルギーと食料の「競合」を超えて-」,農林統計出版,2009,pp.1-339.
  • 「バイオエタノールと世界食料需給」,筑波書房,2007,pp.1-231.

 共  著

  • Biofuel Development and Perspectives in Asia, Bioenergy, Energy Science and Technology, Studio Press LLC, USA, 2015, pp32-50.
  • Tatsuji Koizumi, “Biofuels and Food Security in Developing Countries”, Food Security: Challenges, Role of Biotechnologies and Implications for Developing countries (Edited by:A. Harvie) , Nova Science Publishers, 2015, pp.73-92.
  • Tatsuji Koizumi, “Biofuel Programs in East Asia: Developments, Perspectives, and Sustainability”, Environmental Impact of Biofuels(Edited by:I.M.A.S Bernardes),In-Tech, 2011, pp.207-226.
  •  小泉達治・堀口健治,「食料安全保障と国際関係」,『国際関係論のニュー・フロンティア』(山本武彦編著),成文堂,2010, pp.293-315.
  •  「ブラジルにおけるバイオエタノール政策の新たな展開と課題」,『コメのバイオ燃料化と地域振興  エネルギー・食料・環境問題への挑戦』(矢部光保・両角和夫編),筑波書房,2010,pp.202-228.
  •  「ブラジル・アメリカを中心とするエタノール生産の拡大と食料需給への影響」,『世界の穀物需給とエネルギー利用  日本農業年報54』(梶井功編),農林統計協会,2007,pp.87-100. 
  •  「バイオエネルギーとしての農業」,『農が拓く東アジア共同体』(新藤榮一,鈴木宣弘,豊田隆編),日本経済評論社,2007, pp.268-276.
  •  「農産物の非食用需要と日本の食料事情」,『2007年版農産物流通技術年報』(農産物流通技術研究会編),流通システム研究センター,2007, pp.9-14.
  •  「加速化するバイオエタノール生産と国際農産物需給」,『2008年版農産物流通技術年報』(農産物流通技術研究会編),流通システム研究センター,2008, pp.10-14.
  •  ”The Brazilian Ethanol program: Impacts on World Ethanol and Sugar Markets”, Biomass and Agriculture, Sustainability , Markets and Policies, OECD, 2004, pp.113-127. 

4.原著論文 (査読付き論文)

  • Koizumi, T. “Biofuel and Food security”, Renewable and Sustainable Energy Review, 52, 2015,pp 829-841.
  • Koizumi T and Kanamaru H, Contribution of Agricultural investments to stabilizing international rice price volatility under climate change – Simulation for ASEAN 8 countries-, Japan Agricultural Research Quarterly (JARQ), 2016年7月(刊行予定)
  • Koizumi, T. “Biofuel and food security in China and Japan”,  Renewable and Sustainable Energy Review, 2013,pp 102-109.
  • Koizumi, T. “The Japanese biofuel Program-developments and perspectives”,  Journal of Cleaner Production , 2013,pp57-61.
  • Koizumi,T. and Ohga,K. ” Impacts of the Expansion of Brazilian FFV Utilization and U.S.Biofuel Policy Amendment on the World Sugar and Corn Markets: An Econometric Simulation Approach”, The Japanese Journal of Rural Economics,11,2009, pp 9-32.
  • Koizumi,T. ” Impacts of the Chinese bioethanol import on the world sugar markets: An Econometric Simulation Approach”, International Sugar Journal,Vol.111, Issue No.1323,2009, pp 138-149.
  • Koizumi,T. and Ohga,K. ” Impacts of the Brazilian bio-diesel program on the world soybeans and soybean products market: An Econometric Simulation Approach”, The Japanese Journal of Rural Economics,10,2008, pp12-32.
  • Koizumi,T. and Ohga,K. ”Biofuels Policies in Asian Countries: Impacts of the Expanded Biofuels Programs on World Agricultural Markets”, Journal of Agricultural & Food Industrial Organization, Special Issue: Explorations in Biofules Economics, Policy and History, Volume 5, 2007, Article 8.
  • Koizumi,T. and Ohga,K. ”Impacts of the Chinese Fuel-Ethanol Program on the World Corn  Markets: An Econometric Simulation Approach”, The Japanese Journal of Rural Economics, 8, 2006, pp26-40.
  • Koizumi,T and Yanagishima,K,”Impacts of the Brazilian Ethanol Program on the World Ethanol and Sugar Markets: An Econometric Simulation Approach”, The Japanese Journal of Rural Economics, 7, 2005, pp61-77.
  • Koizumi,T.”The Brazilian Ethanol Programme: Impacts of the Brazilian Ethanol Program on the World Ethanol and Sugar Markets”, International Sugar Journal, CVII 1275, 2005, pp167-177.
  • Basconcillo, J., Lucero, A., Solis, A., Sandoval, Jr. R., Bautista, E., Koizumi, T. and Kanamaru, H., “Statistically downscaled projected changes in Seasonal Mean Temperature and Rainfall in Cagayan Valley, Philippines”, Special Issue on Research on Dynamical and Statistical Downscaling Approaches Around the Asia-Oceania Region, Journal of the Meteorological Society of Japan, doi:msj.2015-058.2015.
  • Irini Maltsoglou, Koizumi T and Felix E. The status of bioenergy development in developing countries, Global Food Security 2, 2013, pp104-109.
  • 小泉達治, 「農業投資が食料ロスおよび国際コメ需給に与える影響―部分均衡需給予測モデルによる分析―」, 『フードシステム研究』, 2016年6月(刊行予定)
  • 小泉達治・金丸秀樹,「気候変動と世界の食料安全保障」,『環境科学会誌』,25(6),2012,pp.487-492.
  • 小泉達治「ブラジルのバイオデイーゼル混合率引き上げが世界大豆・大豆製品需給に与える影響」,『農林水産政策研究』,第19号,農林水産政策研究所,2012,pp.1-25.·
  • 小泉達治,「ブラジルのサトウキビ農業生態学的ゾーニング制度:背景、内容、評価」,『農林水産政策研究』,第19号,農林水産政策研究所,2012,pp.27-51.
  • 小泉達治, 「ブラジルのバイオデイーゼル混合率引き上げが世界大豆・大豆製品需給に与える影響」,『農林水産政策研究』,第19号,農林水産政策研究所,2012,pp.1-25.
  • 小泉達治,「ブラジルのサトウキビ農業生態学的ゾーニング制度:背景、内容、評価」,『農林水産政策研究』,第19号,農林水産政策研究所,2012,pp.27-51.
  • 小泉達治・澤内大輔,「ブラジルのサトウキビ増産に伴う土地利用変化への影響」,『フードシステム研究』,第18巻3号(通巻49号),2011,pp.161-166.
  • 小泉達治,「米国におけるバイオエタノール混合率引き上げが国際とうもろこし需給に与える影響」,『フードシステム研究』,第18巻1号(通巻47号),2011, pp.2-17.
  • 小泉達治,「ブラジルにおけるバイオエタノール生産技術の選択と砂糖需給への影響」,『フードシステム研究』,第17巻3号(通巻44号),2011, pp.23-29.
  • 小泉達治,「米国のバイオエタノール変動型税額控除制度が国際とうもろこし需給に与える影響分析」,『2010年度日本農業経済学会論文集』,2010, pp.350-356.
  • 小泉達治,「バイオ燃料政策と農業・農村開発」,『開発学研究』,第20巻1号,2010, pp1-7.
  • 小泉達治・大賀圭治,「ブラジルのバイオエタノール政策の効果-砂糖需給へ与える影響-」,『フードシステム研究』,第16巻3号(通巻41号),2009, pp.1-14.
  • 小泉達治,「EUのバイオエタノール政策が食料需給へ与える影響」,『フードシステム研究』,第16巻3号(通巻41号),2009, pp.118-123.
  • 小泉達治・古橋元,「米国のバイオディーゼル政策が国際大豆・大豆油・大豆ミール需給に与える影響分析」,『2009年度日本農業経済学会論文集』,2009, pp.394-401.
  • 小泉達治,「インドネシア・マレーシアにおけるバイオディーゼル政策と生産構造についての比較・分析」,『農林水産政策研究』,第15号,農林水産政策研究所,2009,pp.19-39
  • 小泉達治,「インドネシア・マレーシアにおけるバイオディーゼル政策と生産構造についての比較・分析」,『農林水産政策研究』,第15号,農林水産政策研究所,2009,pp.19-39
  • 小泉達治,「米国およびEUにおけるバイオ燃料政策の展開と課題」,『環境情報科学』,38巻3号,2009, pp.9-14.
  • 小泉達治・大賀圭治,「バイオエタノール需要が食料価格に与える影響」,『フードシステム研究』,第15巻4号(通巻38号),2009, pp.14-27.
  • 小泉達治・大賀圭治,「中国におけるバイオエタノール輸入拡大が国際砂糖需給に与える影響分析」,『2008年度日本農業経済学会論文集』,2008, pp494-501.
  • 小泉達治・大賀圭治,「ブラジルのエタノール政策の展開と課題」,『開発学研究』,第18巻第2号(通巻74号), 2007, pp52-57.
  • 小泉達治,大賀圭治,「日本におけるバイオエタノール輸入拡大がブラジルおよび国際砂糖需給に与える影響分析」,『2007年度日本農業経済学会論文集』,2007, pp632-639.
  • 小泉達治,「ブラジルにおけるバイオデイーゼル政策」,『2006年度日本農業経済学会論文集』,2006, pp375-382.
  • 小泉達治,「米国における燃料用エタノール政策の動向-とうもろこし需給に与える影響-」,『農林水産政策研究』,Vol.11,農林水産政策研究所 2006,pp53-72.
  • 小泉達治,「中国における燃料用エタノール推進計画の実態と課題-とうもろこし需給へ与える影響-」, 『2005年度日本農業経済学会論文集』,2005, pp521-528.

5.その他主要刊行物 

6.所属学会

日本農業経済学会,日本フードシステム学会 

 

[更新日:20160406]

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

組織案内・調達

関連リンク集