ホーム > 研究概要 > 研究員等紹介 > 佐々木宏樹


ここから本文です。

佐々木宏樹(ささきひろき)

1.専門分野

環境経済学,農業環境政策論,行動経済学

2.略歴

1977年山形県山形市生まれ.2000年新潟大学経済学部卒業.アルバータ大学(カナダ)Visiting Student Certificate Program修了.2003年大阪大学大学院経済学研究科博士前期課程修了後,同年農林水産省入省.農林水産政策研究所,大臣官房環境政策課,経済協力開発機構(OECD,在パリ)等を経て2015年4月より国際連合食糧農業機関(FAO,在ローマ)気候変動・環境部プロジェクトオフィサー.京都大学博士(農学).

3.研究業績

学術論文(査読つき)

植竹哲也・佐々木宏樹(2016)「日本の環境保全型農業直接支払交付金の環境影響評価―環境経済統合モデルによる政策分析―」,『農業経済研究』,87(4)(2016年3月号).

Uetake, T and Sasaki, H. (2014), Agri-environmental Policies to Meet Consumer Preferences in Japan: An Economic-Biophysical Model Approach, International Journal on Food System Dynamics, 5(2), pp. 69-86.

Sasaki, H. (2012), Relationships between Agricultural Policies and Environmental Effects in Japan: An Environmental-Economic Integrated Model Approach, Food Economics, 9(1-2), pp.36-52.

Kawasaki, K., T. Fujie, K. Koito, N. Inoue and H. Sasaki (2012), Conservation Auctions and Compliance: Theory and Evidence from Laboratory Experiments, Environmental and Resource Economics, 52 (2), pp.157-179.

井上憲一・藤栄剛・佐々木宏樹・川崎賢太郎・小糸健太郎(2010)「農家の経済活動多角化とリスク態度 -中山間地域を対象として-」,『食農資源経済論集』,61(1),pp.95-105.

佐々木宏樹(2006)「環境支払い政策の制度設計-行動経済学の政策適用-」,『日本農業経済学会論文集』,pp.203-210.

佐々木宏樹(2005)「滋賀県環境農業直接支払い政策における意識構造分析-WTPを含んだ共分散構造モデルの適用-」,『農村計画学会誌』,23(4),pp.275-284.

佐々木宏樹(2005)「コメ生産権取引実験と制度設計への含意」,『農林水産政策研究』,9,pp.33-52.

著書

Farmer Behaviour, Agricultural Management and Climate Change, OECD publishing, Paris, France. 2012.(単著)

Linkages between Agricultural Policies and Environmental Effects: Using the OECD Stylised Agri-environmental Policy Impact Model, OECD publishing, Paris, France, 2010.(Andrea Cattaneo, Hsin Huang, Jussi Lankoskiと共著)

その他近年の執筆物

佐々木宏樹(2016)書評「堀口健治編著:再生可能資源と役立つ市場取引」,『農業経済研究』,87(3),pp. 310-311.

荘林幹太郎・佐々木宏樹(2015)「日本における農業環境政策(일본의 농업환경정책)」,『主要国の農業環境政策(주요국의 지속가능농업정책)』,韓国農村経済研究院研究プロジェクト研究資料,2015年3月.

佐々木宏樹(2014)「ブックレビュー:その問題、経済学で解決できます。ウリ・ニーズィー,ジョン・A・リスト(著),望月衛(翻訳)」,『農林水産政策研究所レビュー 』61.

佐々木宏樹(2014)「生態系と生物多様性の経済学(The economics of ecosystem and biodiversity: TEEB)とは何か」,『農業と経済』,80(9),pp. 38-46.

Sasaki, H. (2012) Japanese Adaptation Policy and “the Analysis and Mapping of Impacts under Climate Change for Adaptation and Food Security Project”, Building Resilience for Adaptation to Climate Change in the Agriculture Sector: Proceedings of a Joint FAO/OECD Workshop 23–24 April 2012, pp.341-342.

Sasaki, H.*, T. Fujie, K. Kawasaki, N. Inoue and K. Koito (2010), Auctioning Conservation Contracts and Risk Attitude of Farmers: Economic Experiments in Japan, Paper prepared for presentation at the 120th EAAE Seminar “External Cost of Farming Activities: Economic Evaluation, Environmental Repercussions and Regulatory Framework”, Chania, Crete, Greece, September 2 - 4, 2010.

佐々木宏樹(2010)「OECDにおける農業環境をめぐる活動と議論」,『滋賀大学環境総合研究センター研究年報』,7(1),pp. 11-27.

近年の学会等報告

林岳・佐々木宏樹「GDP,真の進歩指標,主観的幸福度による都市農村格差の計測」,北海道農業経済学会,2016年3月,帯広畜産大学.

Sasaki, H and Kanamaru, H. “Multi-Disciplinary Assessments of Climate Change Impacts on Agriculture to Support Adaptation Decision Making”, Rome2015 Science Symposium on Climate, 19-20 November 2015, FAO, Rome, Italy.

林岳・佐々木宏樹「GDP, ISEW, 主観的幸福度による都市農村格差の計測」,日本地域学会,2015年10月,岡山大学。

Hayashi, T and Sasaki, H. “Measuring the rural-Urban Disparity with GDP, ISEW and Subjective Well-being: A Case Study in Japan”, 11th International Conference of the European Society for Ecological Economics (ESEE), 30 June - 3 July 2015, Leeds, UK.

佐々木宏樹・西田貴明 「農村活性化と生物多様性」(招待講演),日本生態学会,2015年3月,鹿児島大学。

植竹哲也・佐々木宏樹「環境保全型農業直接支払交付金の環境影響評価―環境経済統合モデルによる政策分析―」,日本農業経済学会,2015年3月,東京農工大学。

4.所属学会

日本農業経済学会,農村計画学会,イタリア農業・応用経済学会(Associazione Italiana di Economia Agraria e Applicata)

5.その他の活動

  • 環境省「平成26年度経済的手法を用いた生物多様性の価値の主流化等に関する調査事業」検討会委員
  • 滋賀大学環境総合研究センター客員研究員(2006~2009年度)
    • 平成18年度~平成19年度:担当プロジェクト名「農業環境政策の制度設計」
    • 平成20年度~平成21年度:担当プロジェクト名「消費者のリスク態度と環境保全型農産物の消費行動に関する研究」
  • OECD農業環境合同作業部会日本政府代表団(2004年~2014年)

 

[更新日:20160329]

 

組織案内・調達

関連リンク集